第2章 コード ー コード進行

前項ではコード単体(縦の響き)を紹介してきましたが、ここでは実際に曲のようにするためにコード進行(横の響き)を紹介します。

コード進行で最もシンプルなのが、前に紹介した
1→5→1 のようなものになります。
小学生がピアノを合図に挨拶をするときに使いそうな、あの響きです。
あれも立派なコード進行です。

1・4・5を使ったシンプルなものは前に紹介しましたので、それ以外の数字も使ったものを幾つか紹介します。


この続きをみるには

この続き: 1,055文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
音楽理論は底なし... でもポップスに絞ればそんなに難しくない! 音階って?楽譜の読み方って?コードって? そんな音楽理論をポップス学習者向けに厳選して書いた楽典のnoteです。

ポップスで使う音楽理論に絞って解説する、新しい切り口の楽典の教科書です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!