第2章 コード ー 分数コード

通常、コードというのは一文字目に書いてある音名が、一番低音になります。
その低音のことをルート音と言います。
例:「C#m」→ルート音は「C#」、「G♭aug」 →ルート音「G♭」

この続きをみるには

この続き: 401文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
音楽理論は底なし... でもポップスに絞ればそんなに難しくない! 音階って?楽譜の読み方って?コードって? そんな音楽理論をポップス学習者向けに厳選して書いた楽典のnoteです。

ポップスで使う音楽理論に絞って解説する、新しい切り口の楽典の教科書です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!