見出し画像

オーディオブック完聴記 「破天荒フェニックス」

anzai.yoshinori

今回は

 

僕が治験でボロボロになった身体を

特に鞭打つことなく前に進ませてくれる

「原動力」となっている本のお話です❗️

      
    
今年の多くの時間は、
治験後のリバウンド⁈で体調を崩し、
夢も目標も遠ざかってしまっていましたが、

そんな中でもオーディオブックで
(僕からしたらですが)「無数の読書」
が出来たことは望外のしあわせで、

間違いなく今の自分の糧となっています💪

最近聴いた中で極めて強い印象に残ったのが

「破天荒フェニックス」

著者の田中修治さんの自伝的小説という感です。

メガネ会社
「OWNDAYS(オンデーズ)」再生までの道のり。
     
      
著者のプロフィールはこちらがよくわかります⤵︎

とかく本のタイトルって、

「人は○○が9割」のように、

人目を引くために強調(誇張?)されたものが多いですよね⁈

      
     
しかしこの本のタイトル

「破天荒フェニックス」つまりは、

「前代未聞の不死鳥」は、

まさに田中さんそのもの!
見事なまでの形容です♪

     
     
彼の人生はまさに

「薄氷を履(ふ)む」の連続!

誰にも真似できるものではありませんし、
僕ならばとっくにあの世行きです。

リアルに「死ぬ」ということはなくとも、
精神はズタズタになっちゃうでしょう...
     
      
「事実は小説よりも奇なり」そのものであるので、
多くの読後レビューを拝見しても、

「大変な刺激を得られた」

「明日への活力になった」等々、

好意的コメントに溢れていますが、

実際のところとても真似できるレベルではなく、
だから具体的な実践スキルが学べるわけでは
(多分)ありません。
     
      
あえていうならば、

「出過ぎた杭だから打たれようがない!

そこまで突き抜けろ!」

という強烈なメッセージを僕は受け取りました。
      
     
人は独りでは生きられません。

著者の田中さんは「突き抜けた人徳」で

多くの方に支えられ、支えられ続け、

破滅状態に近い会社を立て直したのです。
      
     
この著書を聴き終えた後、
僕は可能な限り躊躇なく自分の
「弱音」を吐き出せています。
     
     

ほんの少し前の僕のように
「1人悩み苦しむ」方には
是非手に取ってもらいたい名著です!

      
     
最後に、

僕は次回メガネ作る時は間違いなく

「オンデーズ」に足が向かいます。
    
    
この著書にはおそらく
「宣伝効果」の意図もあるでしょうが、

決して逆らわず素直に従います♪

では

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!