見出し画像

入社エントリ【vol.10】Salesデニー_諦めようとして、諦めきれなくて、Another worksへ

Another works

はじめまして!Another worksのインサイドセールスを担当しております山田(デニー)です!入社して一ヶ月ということで、自分がAnother worksとご縁が出来るまでがメインになりますが思いの丈を書きたいと思います!

自己紹介

新卒で設立10年目の銀行に入行しBtoCの営業に従事。その後2社目では求人広告の新規事業部立ち上げ時に参画し、3社目でSaaS事業のIS立ち上げに従事してきました。

改めてキャリアを振り返ると、ベンチャー企業や立ち上げのフェーズが好きなんだなと改めて実感します笑

ざっくり自身のキャリアや志向性についてまとめるとこんな遍歴になります!

・実家が貿易会社をしており昔から営業に親しむ
・銀行の店舗開発含めた営業支援
・新規事業部の立ち上げで2社経験
・マーケ、IS、FS、CSと一気通貫で働く

ベンチャー企業や立ち上げのフェーズといった環境に身を置きたいと思ったのは、自分への自信の無さ、周囲と比べて劣っているという思いが正直なところです。今となっては何でそこまでと思わないでもないですが、とにかく駄目な自分を変えたいという思いが一番の原動力になってました。

そんな中、ずっと営業として配属されたのも一つの幸運だったなと今では思います!人と相対する時間が鏡になり自分の心を見ている気分だったので。

相手から厳しいことを言われると自分は怒ったり凹むよりも事実と感情をまず分けるんだ、褒められると何故自分は褒められるんだと納得できる理由を探すタイプか〜みたいな感じです笑

自己分析してみると、

・器用貧乏なタイプ
・一つに集中するよりも俯瞰している
・目的やゴールの意図を明確化したい

そもそもこの仕事のゴール設定は?それがなんで今必要なんだっけ?てことは他にリソース振った方が良くない?という思考を良くしてます。

そこで自分はスペシャリストの道じゃなくてジェネラリストとして土台や環境を作ることをどんどん伸ばしていこうと決めました。

そんな中で更に幸運だったのがマーケ施策とマネジメントにも携われたことですね。

数字から情報を読み取ることと、相手のポテンシャル・モチベーションを測り上げることこの二つを俯瞰して捉えることが視座を高める要因に直結してると思います。

例えば会議の時間を減らして営業活動にリソースを割いていくことが良いのか。

実際そういった施策をやってみると稼働数が明確に落ちるなんてこともありました。

メンバーにとって息抜きじゃないですけど、会議を設定しそこで何かを決めることじゃなくてモチベーションを安定させるための時間を設定することが最適だったりと効率は感情と結びつけながら考えるようになりました。

そんな風に心から楽しんで仕事していると思っていたものの、気付けば毎月200時間前後の時間外労働が続き、徐々に精神的にも肉体的にもきつい状況が続き転職を決断しました。


そこからSaaS企業の新規事業部ISとして立ち上げから参加することに。

理由としてはThe model型の組織を創っていくフェーズであること、しかも0ベースではなく元々あった事業部での知見や資金力があり労働環境の向上にもなるかもと思い入社しました。

そこでは良くも悪くも本当に多くの感情を覚えました。語弊を恐れず言うなら”楽”だったなと思います。

出来ることを繰り返し、事業の一部分を淡々とこなしていくという表現が一番近いですね。

自己成長が緩やかに落ちていくことに対しての恐怖心が大きくなり、少しずつ転職の準備をスタートし始めました!

・無理なく働ける(結構重視してました...笑)
・組織全体の向いている方向性
・事業戦略への共感
・mission,valueの浸透
・自己成長の環境

上記が主な軸です。

複業クラウド

そんな中でanotherworksの挑戦するすべての人の機会を最大化するというvisionに心から共感し一緒に叶えたいという思いで選考に臨みました。

この時点では複業の社会実装にはそこまで大きな思い入れは大きくなかったです。

ですが人事の吉川さんと話した時にとても共感してしまいました笑

まさに自分のことだったなと結びつけられたんです。

仕事=お金を稼ぐことではなく、なりたい自分になれること。

人生をかけて理想の自分に近づくことを目標とする中で一つの組織だけで考える必要なんて全くないなと。本当はもっと色んな選択肢があって、色んな環境で挑戦できる社会は創れるんだな。それがこの複業の社会実装に繋がるんだと。

入社するしない関係なく、カジュアル面談で人事の吉川さんとお会い出来たことは貴重な経験でした。

最終的に色々な企業様からお声は頂き、惹かれるvisionがあり、優秀な方も多くいらっしゃいました。その中でもAnother worksのvision、mission、valueの浸透性、本気度は本当に隔絶されたものがあるなと実感し特段迷いなく入社の決断はできました。

正直両親には反対とまではいかずともいい顔はされなかったですね笑

実は家庭の事情で1社目を退職しており、それ以来辛そうに仕事をしている顔ばかり見せていたので、それなら実家の会社を継いだ方がいいんじゃないか?という思いがあったそうです。

そこで両親に大林さん、COO新井さん、人事吉川さんから頂いた入社前のメッセージレターを見てもらいました。私を数字としてではなく、一人の人として真っ直ぐ向き合ってくれてる会社だと。

そんな会社なら仕事を全力で幸せに働けるんじゃないかと信じてくれたのが本当に嬉しかったです。

その時にはanotherworksに入りたいという思いは固まっていたものの、家族からも応援してもらえたのは社会人というよりも、一人の人間として最良の選択に繋がっていくような気持ちです。

入社してみて

そんな思いで飛び込んでAnother worksはまさにという会社です。

入社から一ヶ月、”仕事を処理する”時間が一秒もなかったです笑

本当に皆さん凄い経験をお持ちで、ロジカルで回転が早い方ばかりで毎日追い付くのに必死です。

一人一人が本気で複業の社会実装を成すためにvalue#3 Top of View 組織の代表として取り組んでいるので、ある意味必然だなと。

そう思える程浸透している組織だと改めて実感します。

これからの仲間へ

今複業に興味があるかないかはそこまで重要ではないかなと思っています。

・挑戦する機会の最大化
・組織の一部ではなく、組織を代表する働き方
・売るではなく、一緒に創っていきたい概念を広めたい
・自分のしている仕事を誇らしく

こんな思いを持った方であれば話してみて損は全くない会社です!

自分の世界を広げることと会社の成長がこんなに連動している環境は絶対他には無いと思ってます。

横を見た時に全く同じ方向を見ている仲間がいるのも他には無いと思っています。

こんな所に共感してくださる方とぜひ一緒に成長していきたいです!

▼カジュアル面談の予約はこちら

▼採用ページはこちら

▼26名による2021年アドベントカレンダーはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!