見出し画像

氷河と夕陽、森の国。フィンランドWWOOF体験から得た、人間と森との共存について。

欧州WWOOF旅行記 Finland 編第2記!

フィンランド2軒目の滞在先は、Tornio(トルニオ)という町。


画像1


ほとんど北極圏。

そしてほとんどスウェーデン笑
ポルボーから、北へ、北へ。列車はどんどん進みます。


画像2

トルニオに到着!

意外に寒くはなかったけれど、日没の遅さには驚きました。

画像3


これは、5/17 夜22:09の外の様子。。寝る時間なのに、まだ明るいなんて変なの!


ホストは、約200匹の羊を飼育する農家、ライネさんと、奥さんのヤーナさん。

画像4

画像5


ここの農場での私たちの主な仕事は、羊の餌やりでした。

朝晩と、麦の藁とシリアル、水、仔羊用にミルクをあげます。


羊はとっても好奇心旺盛な動物でした!
私が撫でても話しかけても、あまり怖がらない。
遊びたい盛りの仔羊ちゃんは、作の中をウロウロピョンピョン、けんかごっこをしてみたり、お母さんの背中に乗ってみたり。

画像6

画像7


かわいい!


柵の隙間が広いので、仔羊ちゃんはしょっちゅう外に抜け出して他の柵へと遊びに行ってしまいます。

そんな仔羊ちゃんを元の部屋に戻すのが、羊追い犬、クライドの仕事の一つ。


画像8

画像9

画像10


ほんとに賢い!



農場から2キロ先には、スウェーデンとの国境である川、クッコラコスキがどうどうと流れています。

画像11


ゴツゴツした岩を縫って流れる急流は滝のよう。


この土地では、遡上してくる魚を網で採る漁が古くから盛んで、その伝統は今でも引き継がれています。


画像12

画像15

 




(じゃなくって、魚の名前を。。。)

結局何の魚だったか、最後まで分からずじまい(笑)


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


私が森に興味があると伝えると、ライネさんは喜んで自分の所有する森を案内してくれました。
農場から車で15分と少し離れた場所にあるその森は、主にモミとマツから成る人工林で、ところどころには自然に生えた広葉樹がありました。

画像14

「本当はもっと頻繁に見に来たいんだけどね…最近忙しっくって。。」


画像15

画像17


「僕はどちらかというと全伐(広範囲を全て同時に伐採すること)には反対なんだけど…
でもよく見て。ここでも、ところどころに木が残っているだろう?
これが、生き物の住処となったり、生物多様性を保持するためには重要なことなんだ。」

画像18


ライネさんの持つ森は、木材生産を目的とした人工林だけれど、そこに住む動物のこともよく考えて管理している。
そんな印象を受けました。


1軒目のホスト、エミリアさんの農場の周りにも人工林が多かったけど、そもそもフィンランドでは、どのくらいの割合が人工林なんだろう?


そのことについてライネさんに聞いてみました。
すると…

「うーん、そうだなあ。人工的に自然林に戻したりするから、どれを人工林と呼ぶかによって変わるけど、厳密に人の手が加わっていないものを自然林と呼ぶなら、

フィンランドでは90%が人工林

かな。」


とライネさん。


えっ!フィンランドって、人工林がそんなに多いんだ!

ここで、日本の人工林について少し。



人工林はいわば木の畑。
日本の人工林のほとんどは、建築用途に適したヒノキ、カラマツ、アカマツ、クロマツ、エゾマツ、トドマツなどの針葉樹林からなります。


日本では戦後、木材の値段が高かった時代に、一斉に自然林から人工林への転換が行われました。
人工林の多くは、植栽後30年から50年を経過し、収穫期を迎えています。


しかし今では、木材の需要の低下と、外国から安価な木材が入ってくるようになった事で、日本の林業は衰退…
現在、日本の森林は充分な手入れがなされず、荒廃が目立つようになりました。
https://www.shinrin-ringyou.com/ringyou/より一部抜粋

つまりこういうこと!↓

画像19


この、日本の森の現状をライネさんに伝えました。

すると、彼からはこんな答えが帰ってきました。

「それは全く、フィンランドでも同じだよ。」


えっ。そうなの!?


「生活様式の変化で、林業家が減った。それは世界のいろんな国で起きていること。
けれどもフィンランドでは、森をそのままで放って置かず、林業を健全に保ちながら生物多様性を高めるために、

どのように森林を管理すべきか

の議論が盛んに行われているんだ。
フィンランドでは、林業が重要な産業の一つであることに未だ変わりはないし、

森は僕らにとっても、動物にとっても大切なもの

だからね。」


画像20


「冬の間は特に食べるものがないから、こういうものを食べて生き延びているんだね。」

そっか。。
森は、木材を生産する場所である以前に、生き物たちの住む場所なんだなあ。


画像21


フィンランド人は森の中でアクティビティをすることが大好き

なんだ。

スキーやハイキング、ベリー摘みやきのこ狩り。
その森が誰の所有かに関わらず、フィンランド人はどの森でも入って楽しむことが許されているんだ。

この森も、僕が所有して管理しているけれど、この森を傷つけない限り誰でもここに来て森を楽しむことができるんだ。」


画像22


(ねえ、でもなんでいつもちょっと抜けてるの、フィンランド人。。)


人と動物、双方のことを考えた森の管理のあり方を学べたWWOOF滞在でした。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


フィンランドでの2軒のWWOOFが終わりました。

泥だらけになって体力的にもキツイ日があったけど、牛や羊が可愛かったからオッケー!
きれいな森にもたくさん出会えた。


ここフィンランドで私が学んだのは、
自然の多様性の大切さ、
そしてそれと共存する方法。


「フィンランドは森の国」と聞いて、きらきら、さわやか、ただそこにあるだけで豊かな森…


そんな呑気なものを今までは想像していたけれど、実際、フィンランドでも人の手が入っている森がほとんどで、だからこそ、フィンランド人は森や動物と共存していける環境づくりを懸命に試行錯誤していた。


そして、自覚しづらい事だけれど、

実は日本もフィンランドと同じくらいに「森の国」


そう気付かされるWWOOF生活だった。


国土の7割を占める森が今どういう状態なのか、ということを今一度知っておきませんか?
森は、ただ緑が繁っていれば健全というわけではありません。


そこにどんな種類の木が生えているのか、動物が住めるほどに多様性のある森なのか。
人工林も、若い木なのか古い木なのか、健全な手入れが施されているのか、手入れが行き届かずに荒れてしまっているのか。


よくよく見ると、森ごとに性格や状態が全く違います。
そして森は、人の手によっていい状態にも、悪い状態にも転換できます。

日本の森の4割は人工林が占めていますが、

日本の林業が今、衰退しつつあるのは事実。


木材需要の低下と、外国から安い木材が入ってくるようになってから、国産材の売れ行きが悪くなり、木材の自給率も下がり続けています。
そのため、事実、日本の森でいま起こっている問題は、手入れが行き届いていない人工林が増えているということ。


2017年7月に西日本で起こった、豪雨による大規模土砂崩れを覚えていますか?
当時大学生だった私は、卒論調査のため栃木県内のある林業家さんにインタビューを行こなっていたのですが、彼は言っていました。

「あれは半分人災だ。」

と。


画像23


画像:https://mori100s.exblog.jp/238647303/より

彼曰く、
「テレビの映像で見る限り、流れてくるのは樹齢50〜60年のスギ・ヒノキだよね。山の木が流れた。私が思うにあれは半分人災だ。人工林として植えたところはどうしても根張りが悪くなるし、特に古い木が立っていると余計に脆くなって、一カ所崩れると全部崩れちゃう。


結局人工林は、伐って、植林して、って繰り返し手入れしていれば、ああいう被害は出ない。
でも今は木材の価格が安いから、先祖様が植えた木も、現代の人が伐らない。すると、ああいう雨でも被害が大きくなる。」

画像24


森の民、日本人。

いま一度、日本の森について考えてみませんか?


ただの景色である以前に、森は、酸素やきれいな水など、私たちに様々な恩恵を与えてくれるものであり、それ以前に森は、たくさんの動物たちの生きる場所。


同時に、土砂災害を防いだり、二酸化炭素を吸収し地球温暖化を改善するためにも、とても重要な存在です。


そんな「森」に、私はこれからも関心を向けて行きたいと思う。
そして日本の森を豊かにするために私たちにできることはたくさんあって、例えば家を建てる時に国産材を使うことは、資金を山に還元するということになり、日本の林業を活性化させ、人工林を健全に保つ手助けをするという点で、とても意味のあること。
そして、植林活動や、森の手入れを無償で行うボランティア団体も、実はたくさんあります。


特に有名なものでは、長野県信濃町に「アファンの森」という場所があり、これはウェールズ(現イギリス)出身の作家、C・W・ニコルさんという人方が日本の荒れた森を危惧し、自ら森を買い上げ、手入れを続けている場所です。


日本の森、ひいてはC・W・ニコルさんに興味のある方は、このHPを少し読んでみて下さい。↓
http://www.afan.or.jp/af-aboutus/message.html:embed


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

3ヶ月のヨーロッパ旅行も、残り1ヶ月を切りました。
6月は、ヨーロッパ周遊旅という当初の計画を変更して、ベルギーでWWOOFを2軒することに決めました!

ではまた次回、ベルギーより滞在記を書いていきます!


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

世界が、喜びの涙で洗われればいい。
そしたらみんなで、雨やどりをしよう。


ブログの更新はInstagramでもお知らせしています↓
https://www.instagram.com/fuki_bee_stripes/?hl=ja

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

私の夢は、だれもがリラックスして命を謳歌できる世界を実現すること。そのために、持続可能なライフスタイルを自ら実践して、提案していきたいです^_^ 地球が喜びの涙で洗われたなら、みんな一緒に雨やどりをしよう。そんな想いのカケラを、ひとつずつ拾います。よかったらサポートお願いします!

心に響くものがあったら、ぜひシェアお願いします💕🦋
4
はじめまして!フキ・25歳女。当noteはブログ『雨やどりをしよう。』▶︎http://amayadoriwo.com/の転載です!最新版はブログへどうぞ^ ^こちらのnoteアカウント→https://note.mu/fukinatsuではマンガ描いてます。
コメント (2)
初めまして。すてきな体験をされましたね!
やさしい言葉で書いていらっしゃるので、とても分かりやすかったです。文字の吹き出しがすごく好みです。上手だなぁと思ったら漫画も書いてらっしゃるのですね😊
森とねこさん
読んでくれてありがとうございます!今思っても、あの旅はすてきな特別な体験でした😌そうなんです、漫画の方のアカウントでも同じ経験をちょっと表現を変えて書いているんです!よかったら見ていってくださいね😉💕
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。