アライドタイムズ by Allied Architects

進化しつづけるアライドアーキテクツ・グループの「今」をお伝えします!

アライドタイムズ by Allied Architects

進化しつづけるアライドアーキテクツ・グループの「今」をお伝えします!

    最近の記事

    • 固定された記事

    アライドアーキテクツ15周年に寄せるCEO中村 壮秀の想い

    こんにちは、アライドアーキテクツCEO室の藤田です。 創業15周年にあたり、アライドアーキテクツの「これまで」と「これから」について、代表取締役CEOの中村さんにインタビューしました! …が、他ではあまりお伝えしていないアライドアーキテクツをご紹介しようと始めたnoteですので、普段はあまり語ることのない、中村さんの個人的な想いを中心に訊いてみました。 ー 8月30日に創業15周年を迎えましたが、中村さんは今、15周年に対してどんな想いを感じていますか? 15年間やっ

      • 【あけましておめでとうございます】 新年を迎えるにあたり、代表取締役社長 CEOの中村による年頭のご挨拶を公式サイトにて公開しました。 https://bit.ly/3HNSf9V 2022年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

        • 【事例解説付き!】成長するSNSマーケティング市場とPromotion本部が取り組むデジタル販促<前編>

          こんにちは!アライドアーキテクツのSaaS事業で、販促プロモーションSaaS「echoes」を主軸プロダクトとして担うPromotion本部・企画営業の正田です。 本日は私たちPromotion本部がどのような事業を展開しているか、具体的な事例を踏まえてご紹介できればと思います。 「何のために働くのか」「どんなことをするのか」という、皆さんにとっても重要なテーマにもつながるかと思いますので、是非ご覧ください! ・・・ Promotion本部はSNSを活用した「販促・プロ

          • 【大解剖!】YoY30%成長を続ける販促プロモーションSaaS「echoes」を担うPromotion本部!

            みなさん、こんにちは! アライドアーキテクツのSaaS事業を担うプロダクトカンパニーで、販促プロモーションSaaS「echoes」を主軸プロダクトとして担うPromotion本部・企画営業の正田です。 今回は私たちPromotion本部のメンバーの特徴や雰囲気を少しでも伝えられるように、Promotion本部のメンバーにアンケートを実施しましたのでその結果をお伝えいたします。 題して「データで見るPromotion本部」! 全12問について本部メンバー全員(計17名)が回

            「チャレンジしたい」想いを体現し続けられる環境がある。アライドアーキテクツ社員が大事にしている信念とは?

            「『自分の責任』と『組織との約束』をちゃんと果たす。これは仕事に限らず自分が一番大事にしていることです。」 そう語るのは、2019年1月に入社し、わずか2年半で、前年比150%成長を誇るプロダクト「ehoes(エコーズ)」の新規営業部門で副部長を務める斉藤 奈々(さいとう なな)さん。 実は、業界・業種未経験からのスタートだったという斉藤さんに、入社の決め手や現在に至るまでの活動、及び心境を振り返りつつ、斉藤さんが感じるアライドアーキテクツ(以下アライド)の魅力とマッチす

            「広告・マーケティング業界において必須の専門性が身に付く」…中途社員が語るアライドアーキテクツの魅力とは?

            アライドアーキテクツ中途入社5年目の正田 裕平(しょうだ ゆうへい)さん。 オフライン中心の広告代理店からデジタル領域未経験で新業界に飛び込んだ当時の心境を振り返りながら、「正田さんにとってアライドアーキテクツとは?」「今後アライドアーキテクツでどんな挑戦をされたいのか」について、お話を伺いました。(以下、アライドはアライドアーキテクツの略) ※この記事は2021/09/30に公開されたWantedly記事の転載です。 【顧客の事業成長に貢献する】を大事に。 お客様とし

            「調子こいてると思われてもいいからやってみようと思った」入社2ヵ月の社員はアライドをどう見るか

            マーケティングSaaSプロダクトを提供するSaaS本部には、多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集まっています。 フランス料理のレストランで調理スタッフを務めた後、映像制作会社の立ち上げを経験、2021年7月にアライドアーキテクツに入社した上瀬さんもそのひとりです。 これまでのキャリアとは異なる業界に転職を決めた背景や、チームの雰囲気について入社間もない上瀬さんの視点で語ってもらいました。 ※この記事は2021/09/28に公開されたWantedly記事の転載です。

            入社後のギャップは1ミリも無い、心配や不安なことは全部クリアにして入社しました/中途入社社員インタビュー

            「入社前と後でのギャップは1ミリもないです。」 そう言い切れるのは珍しいと思う。 本当にギャップは無いんですか?ともう一度質問したが「本当に無い」と答えた彼の言葉に濁りが無かったのが印象的だった。 今回インタビューしたのは、2021年4月にアライドアーキテクツに入社した草浦 祥太郎(くさうら しょうたろう)さん。 中途社員として入社して3ヵ月、アライドを転職先に決めた理由や入社後の仕事についてインタビューしてみた。 ※この記事は2021/06/25に公開されたWan

            コロナ禍で迎えた16周年。社員へ贈ったアニバーサリーギフトに込めた想い

            こんにちは、アライドアーキテクツ経営企画室の藤田です。 アライドアーキテクツは8月30日に16周年を迎えました。 昨年は15周年という節目の年でしたが、コロナ禍の影響でリアルな祝賀イベントを催すことが出来ず……今年は離れていても創業記念日を一緒にお祝いできるようにと、社長からのメッセージを添えたアニバーサリーギフトをメンバーの自宅へ送りました。 経営企画室で企画が始動してから約半年…ロックダウンが続いていたベトナムの子会社も含め、すべてのメンバーの手元に無事にギフトが届

            「プロダクト“ビジネス”を成功させる。」… アライド入社8年目のエンジニアの挑戦

            「エンジニアリングの世界に閉じることなく、ビジネスの視点を持って開発が出来るエンジニアと一緒に働きたいです」 入社8年目。Letro開発チームのリーダーを務める石川裕弥さん。SI業界からマーケティング支援サービスを自社開発するアライドアーキテクツに入社し、8年間の在籍の中で今、このように感じる理由とは。 石川さんのこれまでの歩みと、今後のエンジニア組織の展望についてお話を伺いました。 ※この記事は2020/06/03に公開されたWantedly記事の転載です。 ――ま

            Web開発未経験だった!? 新卒4年目のエンジニアが語る、アライドで見つかった「やりたいこと」

            2016年に新卒でアライドアーキテクツに入社し、今年で4年目のフロントエンドエンジニア 吉原さん。 大学や大学院ではロボット工学やAIの勉強をしてきた吉原さんが、なぜ領域の異なるwebサービスの開発を行うアライドへ入社を決めたのか。そして現在に至るまでにどのような業務に携わり、「やりたい」という想いを実現するに至ったのかお話を伺いました。 ※この記事は2019/12/20に公開されたWantedly記事の転載です。 Webサービスの開発未経験でも大丈夫!大事なのは「成長

            「チームの中で自分が果たすべき役割」。ーー入社10年目の今感じる、アライドだからこそ築けたエンジニアとしてのキャリア

            アライドアーキテクツ10年目。ベトナム子会社2社のCTO 兼 バックエンドエンジニアの岩間亮さん。 プログラミングの専門学校に通うも、エンジニアを職業とすること諦めファーストキャリアを営業職からスタートさせた岩間さんが、なぜまたエンジニアへとしてのキャリアを歩み始め、アライドアーキテクツと出会い、現在のCTOに行き着いたのか。 そしてアライドアーキテクツでこれから何を成し遂げていきたいのか。 岩間さんのこれまでの歩みと、これからの想いについてお話を伺いました。 ※この記

            プロモーション・マーケティングを正しい形にするために… CPOとして考えるアライド流のプロダクト開発とは?

            アライドアーキテクツ株式会社の取締役 CPO、及び、SaaS事業を担うプロダクトカンパニーのカンパニープレジデント、村岡 弥真人(むらおか やまと)さん。 CPO(チーフ・プロダクト・オフィサー)として、プロダクトビジネスの経営責任者を務める村岡さんに、アライドアーキテクツ流のプロダクト開発について話を聞きました。 ※この記事は2021/04/02に公開されたWantedly記事の転載です。 CPOとしてするプロダクト開発の意思決定は、経営視点で捉えた未来への投資ーー「

            「文脈を共にして戦える組織は強い」---パーパスに共感しバリューを体現する仲間とチャレンジを続ける組織であるために。

            アライドアーキテクツ株式会社の取締役 CPO、及び、SaaS事業を担うプロダクトカンパニー プレジデント 村岡 弥真人(むらおか やまと)さん。 アライドアーキテクツが提供するプロダクトの開発から販売までを一貫して担っている「プロダクトカンパニー」では、今年、新たにカンパニーとしてのパーパスとバリューを明文化しました。2018年のカンパニー制導入から3年、新たなフェーズに入った組織について、村岡さんに話を聞きました。 ※この記事は2021/03/31に公開されたWante

            20代のリーダーが思う”アライドアーキテクツという会社で働く”ということ

            こんにちは、SaaS本部コンサルティング部の小林です。 今日は、新卒でアライドアーキテクツに入社し6年目を迎え、高い目標を掲げるチームをリーダーとして率いる二人に、働くことへの価値観について聞いてみました。 ※この記事は2021/03/16に公開されたWantedly記事の転載です。 ーー自己紹介をお願いします。 堀田:堀田です。香川県出身で29歳になったばかりです。学生時代は京都の大学に通っていました。今は某YouTuberの影響でヒューマンビートボックスにはまって

            セールスとエンジニアの関係や雰囲気は?SaaSプロダクトに関わるメンバーに話を聞いてみた

            こんにちは!アライドアーキテクツ SaaS本部 コンサルティング部の堀田哲郎です! SaaS本部では、自社開発のSaaSプロダクトを事業として展開しています。SaaSの事業運営で重要となるのが、開発(エンジニア)組織とビジネス(セールス・コンサルティング)組織の連携です。 今回は、弊社が新規事業として展開している動画制作ツールの”LetroStudio”の開発・ビジネスメンバーに、良いプロダクトを作るためにどのように連携しながら業務をしているかをインタビューしました!