見出し画像

ポリニャーノ・ア・マーレ白亜の街並

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.13>

ポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)の街を散策しましょう!

街の起源は、紀元前4世紀とも言われ、ローマ(Roma)からの伸びるアッピア街道(Via Appia)の終着地ブリンディシ(Brindisi)間を結ぶ街道上にあるポリニャーノは、古代ローマ時代から重要な商いの取引拠点だったそうです。

画像1

アルコ・マルキサーレ城門(L'Arco Marchesale)まで戻り、旧市街地へ。
門をくぐって、すぐ左手に目に入るのが、こちら!

画像2

プルガトリオ教会(Chiesa del Purgatorio)

12世紀に造られたプーリアンロマネスク様式(Apulian Romanesque)の教会です。
訪れた時には、残念ながら、閉まっていて、後で調べたら、
日中は閉館、朝・夕方にミサがある時には、内部見学ができるそうです。

教会上にある鐘楼が可愛らしく、青空に映えて、とても美しいです。

画像3

画像4

旧市街の小さな広場(Piazza nel centro storico)

画像5

サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂
(Chiesa Matrice Santa Maria Assunta in Cielo)

この広場の一角にあるサンタ・マリア・アッスンタ大聖堂は、
歌手・宇多田ヒカルさんが結婚式を挙げた教会としても、有名です。

実は、宇多田ヒカルさんの「Automatic」「First Love」
そして、サザンオールスターズの「TSUNAMI」
これらは、私の料理修行時代(1999年~2001年)に、イタリアでよく聴いていた想い出の楽曲なんです。

まだ、スマホも、タブレットも無く、日本の携帯電話も使えなかった時代。
イタリアで、プリペード式携帯を購入し、ローマ字でメールを打っていました。
「Genki? Kondo itsu Yasumi?(元気?今度、いつ休み?)」とか。

郷に入れば郷に従え。
折角のイタリア生活です。
出来るだけ、イタリアに触れるぞ!と、イタリア音楽も色々聴いていましたが、やっぱり、時々、日本語が恋しくなる事もあって。

CDが擦り切れるほど、聴いていました。
今、聴いても、その時のトスカーナの空気感が戻ってきて、ふわっと包まれて…。
その時の香りや、見ていた色まで、思い起こされる感覚があります。
「想い出の曲」って凄いですよね。

懐かしいな…と思いながら、この教会を眺めていました。
こちらも、ミサ以外の時は、閉館していることが多いようです。

画像6

画像7

画像8

海をテーマにしたお店色々。

さすが、リゾート地!と思わせるお店が立ち並び、特に、海をテーマにした可愛らしい雑貨店もいっぱい!
歩いているだけでも、ウキウキ、ワクワクしちゃいますよ。

そして、最後に、もう一度、海を見に行きます。

画像9

画像10

美しいエメラルドグリーンの海、本当に、見る度に、ため息が出ます。
アドリア海を満喫して、大満足の日帰りの旅。

さあ、列車に乗って、レッチェ(Lecce)に帰りましょう!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
9
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちら→ http://albero-cooking.com/

こちらでもピックアップされています

イタリア旅行記(南部)
イタリア旅行記(南部)
  • 119本

カンパーニャ州、アブルッツォ州、モリーゼ州、プーリア州、バジリカータ州、カラブリア州。 現地を歩いて、見て、食べて。 一緒に、旅するように読んで頂けると嬉しいです!

コメント (1)
橘ハコさま✨
メッセージ、ありがとうございます!
こちらこそ、いつも見て頂き嬉しいです。😊
イタリアは、本当に瑞々しい色彩が溢れているので、私もスーッと深呼吸。🍀
気持ちが洗われます。
今後とも、よろしくお願い致します。✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。