見出し画像

【レシピ】フォカッチャ(生イーストを使って)

フォカッチャ(Focaccia)

イタリア全国で食べられているパンで、
発祥は、北イタリアのリグーリア州とも、南イタリアのプーリア州とも
言われています。
平たいものは、「潰した(schiacciare)」という意味の
「スキアッチャータ(Schiacciata)」と呼ぶこともあります。

※ 第一弾「天然酵母を使って」と、
重複する部分もありますが、ご了承願います

******************

私のレシピは、  ① 捏ねなくて、OK
         ② 二次発酵は、なし

とっても、作りやすいです。
もちろん、ピッツァ生地としても、使えますよ。

このレシピで、取得してほしいのは、
パンの焼き上がりを左右する「発酵の具合」

「捏ねる」という要素を取り除いたので、「発酵」と「生地の水分量調整」さえ、上手にできれば、美味しく焼き上がります。
是非、このフォカッチャレシピで、「発酵」の感覚をマスターして頂きたいです。

そして、パン作りは、場数を踏む事が大事。
同じように作っても、気候の違いで、また、オーブンが変わっても、仕上がりが変わってきます。

一度、上手に焼けなくても、何度でも、チャレンジしましょう!
徐々に、美味しく焼けるための「微調整」に、対応できるようになりますよ。

今回は、第ニ弾・生イーストを使います。

画像3


第一弾・天然酵母を使ったレシピは、こちらをご覧ください。


10/3(土)に、第三弾・ドライイーストを使ったフォカッチャをご紹介予定です。
それでは、作っていきましょう。

最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」を、添付しています。

*******************

フォカッチャ②(生イーストを使って)
( Focaccia ② ~ lievito crudo ~)

【 難易度 】★☆☆☆☆
【要する時間】  約2時間程  
        __________________

【 作業時間 】 約 30 分
【発酵・合計時間】 約 1 時間 
【オーブン燃焼時間】 230℃ : 約 15~20 分

この続きをみるには

この続き: 3,638文字 / 画像36枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
料理教室15年目。(料理の仕事30年) 毎月、有料レシピ4記事と、+α(無料記事不定回)を掲載。 教室の過去レシピを中心に、ブラッシュアップしてご紹介。 購読後は、2020年1月からのマガジン内「+α(不定回)無料記事」は、全てご覧頂けます。

料理脳を鍛えよう! レシピは、料理の謎解き本。食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
10
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちら→ http://albero-cooking.com/

こちらでもピックアップされています

オフィスアルベロ レシピ集
オフィスアルベロ レシピ集
  • ¥880 / 月

料理脳を鍛えよう! レシピは、料理の謎解き本。食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用できるレシピ、バリエーションを広げるコツや、調理器具について。 郷土料理の背景にある文化や、イタリア各地のお話等々…。 トスカーナ州で、コックとして2年間修業後、全20州を巡り、現地で学んだ郷土料理を、ご家庭で作れるワンランク上のお料理に仕上げます。 材料の数値明瞭化、バリエーションが広がると、大好評! 料理を作る立場からの目線で、豆知識、日本郷土料理についても書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。