見出し画像

【レシピ】ナポリ風・3種の前菜盛り合わせ

前菜盛り合わせについて

前菜(Antipasto)盛り合わせ(ミックス:misto)
( ante-「前」、pasto「食事」)
コース料理や、メイン料理の前に出される、最初の料理のことを指します。

冷菜、温菜、ハム、サラミ、チーズ等を盛り合わせます。
「ローマ風」「ナポリ風」「トスカーナ風」等、名がつくと、
その地域ならではの食材が、テーブルの上に並びます。


前菜の盛り合わせは、地域色がみられ、シェフのお薦め一品などが盛られていることも多く、とても魅力的な一皿です。
各地を旅していた時にも、その土地ならではの「盛り合わせ」と、出会えました。

******************

ボローニャ郊外の宿では、地元・エミリア・ロマーニャ州産の
パルマの生ハム、モルタデッラハム、パルミジャーノチーズ(塊)の
豪華な盛り合わせ
に、目を見張り…。

画像63

州内、特産のハム・チーズの盛り合わせ(ボローニャ郊外)


ウンブリア州サラミ&ハムの里・ノルチャ(Norcia)でも、地元ならではの一皿を堪能しました。

画像63

ノルチャ風アンティパスト
(Antipasto di Norcia)

サルデーニャ島のオリエナ(Oliena )では、ビュッフェ式の前菜
大好きな海の幸、山の幸を、盛り合わせました。

画像64

ビュッフェ式の前菜(サルデーニャ島にて)
(Buffe`di antipasti)


シチリアでは、「アッサージーニ(Assaggini)」と呼ばれる前菜盛り合わせの提供法があります。
「試食(アッサッジョ:assagio)」が語源で、少しずつ、小皿に盛られて、色々な前菜が出てきます。
これが、とっても楽しいんです。

画像61

画像62

前菜盛り合わせ・アッサッジーニ(シチリア島・カターニャにて)
(Assaggini)


ナポリ湾に浮かぶプロチーダ島(Procida)で食べた盛り合わせは、
ボリューム満点!
この一皿で、お腹いっぱいになりました。

画像59

プロチーダ島にて


前菜盛り合わせは、美味しさの宝箱。
自然と、笑顔になり、幸せな気分にさせてくれる、本当に、魅力的な一皿です。

******************

今回は、南イタリアで、良く食べられているミニ揚げパン・ゼッポレ(Zeppole)を、ドライイーストを使い、とっても簡単な工程で、ご紹介。
前菜の定番、野菜のグリルに、カプレーゼを、盛り合わせます。

画像65

ゼッポレ(Zeppole)

ナポリ郷土料理のひとつで、発酵させた生地に、海藻を加え、揚げたもの。
ストリートフードとして食べられますが、前菜としても出てきます。
シチリア、南イタリアでも作られ、おつまみの定番でもあります。
今回は、あおさのり(乾)を使います。


応用編では、より、手に入りやすい干し海老を使って、ご紹介。
海老の風味が何とも美味しく、個人的には、こっちの方が好き。
ビールのおつまみにも、ピッタリですよ。

画像60

画像61

干し海老


先日、お話したグリルパンも、早速、登場です。
美味しく、野菜を焼いていきましょう!


大皿に、全部一緒に盛りつけたら、とても華やかな一皿になります。
今回は、3品ですが、もちろん、5品、7品と増やしてもらってもOKです。

実は、ホームパーティの時にも、とっても、役立つ「前菜の盛り合わせ」

色々な料理を用意してお迎えしたいと準備していても、
意外と、前日、当日は、お掃除や、そのほかの準備等で、時間がないもの。
そして、当日も、調理に追われて、テーブルに着くことが出来ず、
会話もままならずに、終わってしまって、ドッと疲れた…と、言う事、
ありませんか?

そんな時に、お薦めなのが、この「盛り合わせ」なのです。
どの料理を選び、盛り合わせていくか等のポイントも、最後に説明します。

今回も、料理脳を鍛えて、是非、笑顔になる一皿を作っていきましょう!

最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用編」「盛り合わせのポイント&お薦め料理リスト」「料理用語のイタリア語」を、添付しています。

******************

ナポリ風・3種の前菜盛り合わせ
(Tre antipasti misti alla napoletana)

【 難易度 】★☆☆☆☆
【 調理時間 】  ゼッポレ   約 20分 (発酵時間:約1時間は除く) 
        野菜のグリル   約 20分
        カプレーゼ    約 10分

この続きをみるには

この続き: 5,412文字 / 画像54枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
料理教室15年目。(料理の仕事30年) 毎月、有料レシピ4記事と、+α(無料記事不定回)を掲載。 教室の過去レシピを中心に、ブラッシュアップしてご紹介。 購読後は、2020年1月からのマガジン内「+α(不定回)無料記事」は、全てご覧頂けます。

料理脳を鍛えよう!食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用できるレシピ、バリエーションを…

または、記事単体で購入する

【レシピ】ナポリ風・3種の前菜盛り合わせ

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
17
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちらから → http://albero-cooking.com/

こちらでもピックアップされています

オフィスアルベロ レシピ集
オフィスアルベロ レシピ集
  • ¥880 / 月

料理脳を鍛えよう!食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用できるレシピ、バリエーションを広げるコツや、調理器具について。 郷土料理の背景にある文化や、イタリア各地のお話等々…。 トスカーナ州で、コックとして2年間修業後、全20州を巡り、現地で学んだ郷土料理を、ご家庭で作れるワンランク上のお料理に仕上げます。 材料の数値明瞭化、バリエーションが広がると、大好評! 料理を作る立場からの目線で、豆知識、日本郷土料理についても書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。