見出し画像

新ドラマ『祈りのカルテ』&『チェイサーゲーム』&『差出人は、誰ですか?』

あく

医療ドラマの中で、研修医という存在は、医師になることの過酷さを象徴すると共に、医療現場の矛盾や不正といったものを露呈させるキャラだったりします。

有名なのは、妻夫木聡さん主演の『ブラックジャックによろしく』(2003年)。近年ですと、『いつまでも白い羽根』(2018年)で清原翔さん、『TOKYO MER~走らない緊急救命室~』(2021年)で中条あやみさんが研修医役を演じました。

そんな研修医を玉森裕太さんが演じるドラマ『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』が、日テレ土曜ドラマ枠で10月からスタート。知念実希人さんの小説が原作で、脚本は『監察医朝顔』『正直不動産』の根本ノンジさん。

研修医1年目の諏訪野良太(玉森さん)は、知識や技術は未熟ながら、人の顔色を読むのが抜群に上手い人物。研修先の科のクセのある指導医の元、医師として成長しながら、ワケあり患者たちの心の謎を解き明かす、ハートウォーミング・ミステリー。

上白石萌音さんのブレイク作『恋はつづくよどこまでも』は2020年1月期の作品。今思えば、例の感染症が広がる直前だったからこその濃厚ラブシーン連発だったんでしょうね。

あの作品の男性看護師役で、一躍知名度を上げた渡邊圭祐さん。その後も『MIU404』でユーチューバー役、『推しの王子様』で逆ヒロイン役など連ドラレギュラーが続きましたが、少し間をおいて前クールで『やんごとなき一族』にも出ていました。

そんな渡邊さんが初主演するドラマ『チェイサーゲーム』が、9月8日から放送開始。松山洋さん&松島幸太朗さんの漫画原作で、脚本は『カフカの東京絶望日記』のアサダアツシさんと、『何かおかしい』の太田勇さん。

ゲーム開発会社で働く新堂龍也(渡邊さん)は、入社9年目にして中間管理職のプレイングマネージャーへ昇進。しかし、やる気に満ち溢れる龍也を待ち受けていたのは、ひと癖もふた癖もあるメンバーばかり。理想と現実のギャップに徐々に悩む龍也。夢・苦労・葛藤が渦巻くお仕事奮闘ドラマ。

昨年から「田辺エージェンシー」と秋元康さんが関わり始まった『TBSスター育成プロジェクト 私が女優になる日_』。第1弾で1位になった飯沼愛さんは、『この初恋はフィクションです』でドラマ初出演にして初主演。現在も『パパとムスメの7日間』に主演中です。

第2弾でグランプリを受賞したのは、神奈川県出身の高校2年生、16歳の幸澤沙良さん。審査員の是枝裕和監督からは「セリフのない時の表情やしぐさができていた」との評価を受けたそうです。

そんな幸澤さんが主演するドラマ『差出人は、誰ですか?』が10月から始まります。共演に櫻井海音さんと藤原大祐さん。企画・原案は秋元さんで、脚本は『先生のおとりよせの』藤平久子さん、『夢中さ、きみに。』の濱田真和さん、灯あつきさん。

美月(幸澤さん)のクラスの担任・立花が、突然「手紙ゲーム」の始まりを告げる。ルールは、クラスメイト宛に「手紙」を書き、ポストに投函すること。「クラスメイト」の知られざる悩みや想いを知り絆が深まっていく中、美月はこのゲームのある秘密を知ることになる学園ヒューマンミステリー。


この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!