ドラマ日記『私の夫は冷蔵庫に眠っている』&『最高のオバハン 中島ハルコ』(初回)
見出し画像

ドラマ日記『私の夫は冷蔵庫に眠っている』&『最高のオバハン 中島ハルコ』(初回)

あく

夏奈(本仮屋ユイカさん)が殺したはずのDV彼氏・亮(白洲迅さん)が、普通に帰って来る衝撃のラブサスペンス『私の夫は冷蔵庫に眠っている(冷ダン)』初回。亮を殺害した高揚感からの、夏奈のダンスシーンが、エロティックで面白い演出でした。

ひっそりと暮らしていた夏奈は、偶然知り合い婚約した亮と一緒に暮らすことに。だが、亮が豹変し、暴力を振るうようになってしまう。情事のあと、ほろ酔い状態の亮を絞殺する。その死体を物置の古い冷凍庫に隠し、自由な生活が始まるはずだったのだが…。

物理的にはあり得ないはずの2人の亮(一人は死体)。実は双子だったと、安易に納得したいところですが、生きている亮の首筋には絞めた跡が…原作を読んでいないので謎が謎を呼ぶ展開。映像も美しく、その世界観にさっそく引き込まれました。

陽キャライメージの本仮屋さんを、陰キャラに持ってきたのは正解で、かなり新鮮。斉藤由貴さんはさっそく怪しげな雰囲気を醸し出し、作品の幻想性を高めています。24分と短いせいもありますが、もう少し幸福な時代と豹変してからのDV、そして濡れ場を丁寧に描いた方が説得力があったかな。

美容クリニックの敏腕経営者ハルコ(大地真央さん)に、編集者のいづみ(松本まりかさん)が翻弄されいく、痛快毒舌エンターテイメント『最高のオバハン 中島ハルコ』初回。

38歳独身で不倫に悩む弱小出版社のライター・いづみが出会ったのは、忖度無用の毒舌で、人の心をグサグサ刺すアラ還名古屋マダム・ハルコ。超人気美容クリニックを都内で経営する超セレブ。いづみはひょんなことからハルコとお近づきになり…。

同枠前作『その女、ジルバ』から一転、コミカルに振ってきた本作。一言で言えば、女性版『水戸黄門』、男性二人を従えてますし。朝ドラ『とと姉ちゃん』でもそうでしたが、大地さんにとって、啖呵を切るのはお手の物。成敗ではないですが、後味スッキリなドラマに仕上がっています。

一方、狂気を感じさせるような怪演が多かった松本さんは、今回は内気な女性を、受け芝居で演じていて、こういう役もあり。とはいえ、また不倫男をやらされている、袴田吉彦さんはちょっと可哀そう(笑)。映画『二十才の微熱』(1993年)の頃が懐かしい。


この記事が参加している募集

コンテンツ会議

テレビドラマ感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとうございます
あく
毎クールほぼ全ての地上波ドラマをチェックせずにはいられないドラマ好き。サブカルからハイカルチャーまで幅広い興味と、初級者程度の趣味が多数。ドラマ情報一覧も http://blog.livedoor.jp/aku1215/archives/44017244.html