着払いになんてされてたまるか!(笑)
見出し画像

着払いになんてされてたまるか!(笑)

中村安希

鹿肉を配ろうとすると、それなりにコストがかかります。解体や精肉に必要な道具類、例えばナイフや厚手のゴム手袋、まな板などの小物から、専用の冷凍庫、業務用スライサー、ミンサー、真空パック機などの機器類、それに毎回たくさんの消耗品が必要になります。切り分けた肉を持ち帰るビニール袋、使い捨てゴム手袋、真空パック用の袋などなど。他にもサランラップやジップロックの減りも速く、明らかに家庭使いではない大量の備品(または業務用機器)を購入するので、よく「お仕事ですか?」って言われますが、精肉業を営んでいるわけじゃないので、一応は「仕事じゃなくて道楽です。お金のかかる趣味みたいなものでして・・」と冗談半分で答えています。

* 冷凍便というコストの重み

このお肉配りという道楽で最後にかかってくるのが、送料というコストです。平均5キロの肉を冷凍便で送ると、割引価格で1200円くらいかかります。だからお肉配りは、頑張ればがんばっただけ金がかかる。クロネコさんのメンバーズ割、もちろんフル活用でございます。集荷代100円をケチるために、700メートル離れた集荷センターまで毎回段ボール箱を抱えて歩きます。1日に二往復した日もありました。10キロ(100サイズ)を運んだ日もありました。真夏はさらにキツイです。冷凍のお肉が解けてくるので、流れる汗もそのままに1秒でも早く集荷センターを目指します。お肉配りを始めた頃は、「肉配れ!」としか言わない栗田さんを恨んだこともありました。(笑)もちろんその発想がオモロくて、しかもお肉を送りたい人(それまでのお返しをしたい人)がたくさんいたので、楽しいことでもありましたけど。でも何十箱も送っていくとね「なんでこんなことしてるんかな」って正直イラッときたこともあったんですね。今はもう慣れましたけど、コストに対して全くの無頓着でいること、喜ばれるといいなぁ〜程度の純粋な気持ちだけで送り続けることは、やっぱりなかなか難しかったですよ。量が量だけに。私ケチだし。(笑)育ちも悪くてガツガツしてる方なので……。

* 「せめて着払いで」という親切な提案

そんな中、4人に1人くらいの割合で「せめて着払いで送ってください」という親切な提案がありました。やりとりはだいたい以下のような感じ。

「お肉要りませんか?」
「お代はどうしたらいいですか?」
「いや、販売はしてないので、もらってください」
「いいんですか?」
「はい。ご迷惑でなければお送りします」
「じゃあ、せめて着払いで送ってください」

ここから「いえいえ、送料は気にしないでください」などと言うと、「そんなそんな、悪いです」と相手が遠慮してしまったりして、押し問答になると面倒なので、「着払いで送ってください」と言われたら、「はい、そうします」と返しておいて発払いで送ってきました。ではなぜ「着払い」という受け手の配慮を蹴ってまで発払いにこだわってきたのかというと、受け手に金銭的負担が発生した時点で贈り物(返礼も含めて)ではなくなってしまう気がするからです。っと、こんな風に書くと「着払いの拒否」は、相手の負担を減らすための善意に基づく行為のように見えるかもしれませんが、私のケースに限って言えば必ずしもそうではありませんでした。相手に負担をさせないことで、実は縛りをかけている。そう考えるきっかけとなったある出来事がありました。

* 「あなたはこの肉を買っていない」という縛り

ある出来事は複数回起きました。お肉を送った知り合い数人から、こんなメッセージが届くようになったんです。

「鹿肉ありがとう。親戚にも是非食べて欲しいので送ってもらうことはできますか?送料は着払いでお願いします」

「鹿肉の話をしていたら、友だちもぜひ食べてみたいとのことです。送料は着払いでいいので送ってもらえますか?」

など、家族や友だちにもぜひ送って欲しいが、その分の送料はこちらで持ちますよ、というオファーが数件ありました。嬉しいことです。お肉を気に入ってもらえたからこその反応ですし、こちらの負担まで気にかけてもらって。ただ一方で、「着払いでいいのなら、喜んで送らせてもらいます!」という気持ちにはならなかった。

結局その数軒のうち、送り先の方(送って欲しいと言われた相手先)と少しでも面識がある場合は発払いで送りました。まったく面識もなく知らない場合は、「送らない」という選択をしました。その時私の中にあった違和感は大きく2つありますが、その1つを言葉にするなら「送料を負担したからといって、手に入って当然の肉だとは思われたくない」ということになります。送料の負担=お肉を手に入れる権利の拡大、ということになると、これはもう受け取り手からしたら、贈与ではなく購入です。でも贈り手の私からすると、送料は宅配業者への代金であって、あくまで「お肉は贈り物として無償で送ったのだ」と言いたくなるわけです。だから、たかだが1200円の送料をケチって(ご負担いただいて)、そこまでにかかった遥かに手間と金のかかるプロセスと磨き込んだお肉の価値をチャラにされたのではたまったもんじゃない!と。(笑)これは私のエゴですが、送料で肉の価値を相殺(とまでいかなくても軽減)されるのは、やっぱりおもしろくないわけです。

* 贈り物をめぐる裁量権

などなど、着払いについて書いてきましたが、かく言う私も「せめて着払いで〜」というセリフ、何度も使ったことがあります。早川さんからお野菜を送ってもらう時にも使いました。実際には2回ほど着払いで送ってもらったこともありますが、早川さんも違和感があったらしく、結局は発払いに戻りました。だから私には、「せめて着払いで〜」と提案してくれる友人たちの気持ちがよ〜く分かるし(ある種のマナーでもあるし)、実際に着払いで受け取った時に何を考えたかも覚えていますし、早川さんに生じた違和感も今となってはよくわかります。

着払いを提案した人は誰一人として「送料を払ったからお肉の価値はチャラだ」なんて思ってないです。そこは純粋に「送料まで負担してもらうのは悪いな・・」という気持ちから始まっている。ただし、配達業者が家にやってきて玄関で送料を払うときに、代引きで商品を購入しているかのような錯覚に陥ることもまた否めないと思うんです。だから以前、着払いでお野菜を受け取ったときには、自分自身に言い聞かせたんですよ。さっき払ったのは送料であって、箱の中身は「早川さんが何の見返りも求めずに詰めてくれた野菜や梅干しなんだ」と。

ただ、もしもこの着払い式がずっと続いていたとしたら、同じ気持ちや贈与関係を維持するのは難しかったとも思います。「やりとりにかかる費用を負担した」という事実が、次第に私を受贈者的マインドから消費者的マインドへと変えていったのではないかと。贈り物であるはずの野菜を値踏みしたり(例えば980円の送料と野菜の価値を天秤にかけるなど)、いつ欲しい、何が欲しい、どれくらい欲しいなど、受け取る側の都合を主張するようになっていったのではないかと思うんですね。受け手の裁量を拡大できるというのが、お金の最大の強みですから。たとえそれが送料であっても、金銭を介するとはそういう意味を持つのだと思います。

* 着払いになんてされてたまるかっ!

こうした流れで見ると、「着払いでいいので知り合いにもお肉を送って欲しい」という発想には、受け手の裁量(消費者的マインド)が反映されていると言えます。つまり、金銭的負担と引き換えに、受け手の裁量で「肉をもらうこと」「誰がもらうか」を決めますという話です。逆に贈り手は、贈り手の裁量で「いつ、誰に、どれくらいあげるか」を決めたいと思っているので、双方の思惑はズレてしまう。

物を手に入れたい人は、肉でも野菜でも購入すればいいわけです。欲しいかどうか分からないうちに、「どうですか?」って差し出されてくるのが贈られるということです。だから受贈って、つくづく受動的だし、受け手はある意味で縛られてなきゃダメなんですよ。裁量権があってはダメだし、不自由でなきゃダメなんです。怖いでしょ?(笑)

だからもう意地ですよね。「それ、贈り物だからね。裁量権はこちにあるんだからね〜」って、相手をギュッと縛り上げるためにだな、私は発払いにしてるんです。ほんと、着払いになんてされてたまるかっ!ですよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!