マガジンのカバー画像

ajikeデザイナーチーム

32
【公式】UXデザインカンパニー、ajikeのデザイナーチームのマガジンです。 デザインの基礎スキルからUI/UXデザインに関する知見など、デザイン関する情報を発信していきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

Jesse James Garrett氏の『デザインの5層』にわけておすすめの本17冊を紹介

こんにちは。今日はアジケのマネージャーでUI/UXデザイナーのハラが、社内でおすすめしていた本をJesse James Garrett氏の「デザインの5層」に分けて紹介したいと思います。 ちなみに最近ハラが書いた、Gatherでクライアントの方とひらいたワークショップのnoteが多くの方に読まれていてとても嬉しいです… 表層なるほどデザイン 新人デザイナーやメンター、非デザイナーの方におすすめです。 わかりやすく表層のデザインを言語化されています。 あたらしい、あしら

スキ
26

効果的な情報設計を行うためのなりきり手法3つ

こんにちは、ajikeでUI/UXデザイナーをしているすえです。 UIの世界に入った新人のディレクター・デザイナーの方がつまづきやすい「情報設計」。今回はその情報設計について、UIデザイナーとしての経験に基づくおすすめの手法についてまとめました! ”情報設計”とは?”情報設計”とは、デザインをする際に行う「情報を整える作業」のことです。 具体的に言うと、UIや紙のデザインをする際に、そこに載せる情報やナビゲーションを「どのような優先順位・配置で構成するとわかりやすいのか?

スキ
30

Gatherを使ったオンラインワークショップが最高だった話

こんにちは。 ajikeでUI/UXデザインを担当しているハラです。 今回は最近話題になっているGatherを使ったワークショップについて書いていきたいと思います。 Gatherとはバーチャルオフィスサービスのことで、ゲームのような画面でキャラクターを操作し、まるで本当のオフィスにいるかのように仮想空間でコミュニケーションを取ることができるサービスです。  アジケでは年始からこのGatherを導入し、仮想オフィスとして活用しています。まだ数ヶ月ほどですが、社内MTGや雑

スキ
132

PCサイトのメニューにおけるホバー&選択中の挙動について

こんにちは、ajikeでUI/UXデザイナーをしているすえです。 今回はPC版のWebサイトにおける“メニュー” の、リンクをホバー&選択した時の挙動についてまとめてみました。 メニューにおけるホバー&選択時の挙動パターンホバー&選択時の挙動には大きく分けて、次の4パターンがあります。 1つずつ見ていきましょう。 1.  ホバー&選択時に同じ変化をするパターン ホバー時にデザインの変化が起こり、クリックした後の選択時もその変化が継続するというパターンです。 みなさ

スキ
31

抽象度が高い上流工程におけるビジュアル化の手法と効果

こんにちは、ajikeでUI/UXデザイナーをしているすえです。 今回は私が最近経験した、抽象度が高い“プロジェクトの初期段階”にてメンバー間でイメージを共有するための“ビジュアル化”という手法とその効果についてまとめました。 ビジュアル化って?今回の記事でいうビジュアル化というのは「抽象的なアイデアをメンバー間で共有・議論するために、具体的な画(イラスト等)を作成すること」です。 新規に立ち上げるプロジェクトでは「どういうビジネスにするのか?」「どういうものをお客さん

スキ
35

コンビニのセルフレジで学ぶ!オブジェクト指向とタスク指向

こんにちは、ajikeでUI/UXデザイナーをしているすえです。 今回は「身近なUIについて分析したら面白いかも?」と思い立って実践したところ、面白い結果が見えてきた “コンビニのセルフレジ” のUI/UX分析と、その分析結果に伴う “オブジェクト指向・タスク指向” について記事にまとめました。 セルフレジには大きく2種類ある初めにセルフレジについて、ちょっとした知識をご紹介。 皆さんは、セルフレジには2つの種類があることをご存知でしょうか? その2つとは 商品の読み取

スキ
45

持続性のある仕組みを作る サービスデザイン3STEP

こんにちは。 ajikeでUI/UXデザインを担当しているハラです。 今回は直近のプロジェクトで実施した仕組みのデザインついてご紹介したいと思います。 持続性のある仕組みを作る3STEP今回ご紹介するのは、サプライチェーン系の工場現場で使用されるBtoB向けの新規サービスのデザインプロセスについてです。 ツールとしてはシンプルなものですが、導入に際して企業の組織体制や管理体制など複数のハードルがあり、単にツールを使用するユーザーの体験だけではない、構造部分も考慮したデザイ

スキ
30

リモートで新人デザイナーを育てるために行っている3つのこと

こんにちは。 ajikeでUI/UXデザインを担当しているハラです。 現在もアジケではリモートでの勤務がメインとなっているのですが、最近3名のデザイナーが入社しました! 今回はリモートでのデザイナー教育のために行っていることについて書いていきたいと思います。 現在デザイナーの教育を担当されている方やリモートでのマネジメントにお悩みの方の参考になれば幸いです。 リモートでのデザイナー教育の課題ちょうど1年程前にアジケでも完全リモートの勤務が開始されました。 その中でデザイナ

スキ
28

ズボラなUIデザイナーがバナー模写を3ヶ月続けたらデザインの可能性が広がった!

こんにちは、ajikeでUI/UXデザイナーをしているすえです。 今回はタイトルにある通り、勤務後に自習として行っていたバナー模写のやり方や、それを3ヶ月やってみた結果についてまとめていきたいと思います。 なぜバナー模写をはじめたのか? 昨年11月、私は業務の中でバナーを作ることになりました。(アジケのUIデザイナーはUIの他にもバナーやアイコンなどを作る機会があります。) 久しぶりのバナー、いいものを作るぞ!と意気込んで作成してみたら… なんとも収まりの悪い・見栄えの悪

スキ
477

サービスブループリントの作り方

こんにちは。 ajikeでUI/UXデザインを担当しているハラです。 さて、今回はサービスブループリントの作り方について書いていきたいと思います。 普段プロジェクトで作成する際のステップになりますので、もしこれから作ろうとされている方の参考になればと思います。 サービスブループリントとは 利用者側と提供側の行動を可視化し、体験の全体像を俯瞰するための設計図のことです。 カスタマージャーニーのようにユーザーの行動を可視化し、ユーザーが触れるサービス「フロントステージ(対

スキ
30

新しい表現は制約を設けることで生まれる

私は普段UI/UXデザイナーとして働きつつ、 仕事が終わったあとは毎日絵を描いているのですが、 その活動の中で一つ気づきがあったので今回書き留めてみます。 気づきというのは、タイトルにもある通り、 新しい表現というのは、どんなに小さなことでもいいから何か制約を設けて動くことで生まれるってことです。 私の場合、ずっと絵を描いていても、タッチに納得がいかない状況が続きました。 そういう状況って、無意識に創作に対して考えることが増えるし、 普段の日常生活への観察眼も敏感になって

スキ
24

シニア向けデザインの考え方と3つのポイント

こんにちは、UI/UXデザイナーのハラです。 今回は、シニア向けデザインについて書いていきたいと思います。 シニア向けのデザインって普通のデザインとどう違うの?と聞かれることが多いので、今回はその考え方のベースとなる「ユニバーサルデザイン」と3つのポイントについてご紹介します。 ユニバーサルデザインとはユニバーサルデザインとは、1980年代にアメリカのロナルド・メイスによって提唱された、『障害のある人を特別視せずに、誰もが安全に快適に暮らせるデザイン』のことです。 シニア

スキ
245

今日から実践できる3つのデザイン手法

こんにちは。 ajikeでUI/UXデザインを担当しているハラです。 最近は朝と夜に筋トレ&ストレッチをすることが習慣になっています。 以前は3日と続かなかったのですが、通勤に使っていた体力を使って継続できている気がします。 リモートワークになったことで感じるメリットですね。 さて、今回はデザイナーが普段実践している3つのデザインの手法についてご紹介したいと思います。 非デザイナーの方もぜひ参考にしてみてください。 1. デザインの基本原則デザインをする際の基本となる4大

スキ
23

デザインツールの種類と選び方(特にUIデザインツール)

こんにちは、ajikeデザインチームです。 弊社はデザイン会社なので様々なデザインツールを使用してきました。 これまでデザインツールといえばAdobeの一強でしたが、最近では様々な企業から展開されており、一体何を使えばよいかわからないという状況に陥っている方も多いのではないでしょうか。 今回は初めてデザインツールを触る方に向けてツールの種類と選び方をご紹介します。 デザインツールの分類デザインツールは用途に応じて様々な種類がありますが、大きく分類すると、次のようになるかと

スキ
21