見出し画像

インスタ映え

最近よく耳にするインスタ映え

スマホの普及により、誰もがカメラマンになりSNSの普及により、誰もが発信者になる時代になりました。

そして、「いいね」という共感を求めて何が本当なのか、他の人と自分とを比べて何が自分の正直な気持ちなのかわからなくなる時も。

そんな自分も、SNSやってるんですけどね(笑)

以前、テレビ局からの取材オファーがありました。テーマは、「インスタ映え」

担当の方も、あじ福のインスタを見ていただいて、オファーしていただいたみたいで。

いざ取材当日。

もろもろお菓子の撮影も終わり、あとは僕のコメントインタビューのみ。

スタッフの方「最近では、インスタ映えという言葉も流行ってますね。インスタ映えを狙ったお菓子はありますか?またインスタ映えについてどう思われますか?」

僕「インスタ映えを狙ったお菓子は、無いですし、作ってません(笑)。もともとの和菓子のデザイン、職人さんが作る木型などの道具、無駄を削ぎ落としたシンプルな形。食べたいと思っていただける自然な淡い色使い(ぼかしなどの和菓子独特の)。足し算ではなく、引き算を意識した余白の美。など、もともと和菓子の持ってるポテンシャルが高いと思ってるので、インスタに和菓子を寄せるのではなく。和菓子のもともとの良さを、インスタを通してより多くの人に発信するという考えです。」


とコメントしました。

結果、そこの部分全カット!(笑)

残念だけど、やっぱそれが本心なんだなぁ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーい!今日はどら焼きでほっこりしてね!
9
鹿児島県の姶良にある和菓子屋あじ福のnoteです。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。