見出し画像

【お会計問題】初デートから彼の本命スイッチを押す極上の気遣い


「初デートで割り勘だったのでお礼メールをスルーしました」
「割り勘で1円単位まで支払わされるのでありえないです」
「毎回安い居酒屋ばかりで本当に一流か疑っています」
「レジ前でお財布を出すのが男性には好印象じゃないんですか?」
「お店に出た瞬間にじゃあ2000円でいいよと言われてモヤモヤが消えません」


一流や金の卵は「食事代もデート代もおごるのが基本」です。しかし「自分にお金を使ってもらう、使った額で愛や価値を量られたくないのも基本」。


一流や金の卵は女性にお財布を出させないですが、だからこそ、彼に対する女性の感謝のあらわし方でお金の扱い方も未来の僕への接し方も映し出す才能の持ち主。


恋愛の王道「さしすせそ」を言っても本命にランクアップしませんし、お礼メールしても外見を磨いてもランクアップしません。ではどのようなテクニックなら叶うのでしょうか。


この記事では、一流だけに通用する【お会計問題への本命の正しい所作】をお届けします。このテクニックなら「今、付き合っている彼を一流に育てたい」場合も叶えられますし、自称一流や三流以下も見極められる!では、さっそくテクニックを紐解いていきましょう!

ここから先は

7,540字 / 17画像

¥ 500

こちらでのあなたのご厚意は毎年一年をかけて全額寄付しています(運営管理費除く)。2023年は、「京都大学iPS細胞活動」「ケニアの子供5名の医療支援」に寄付しました(毎年12月末にメルマガで報告)。