見出し画像

2月と3月の甘い習慣。

ご無沙汰してます、リエカレーです。
桜の開花予想も間近になり、いよいよ春本番となってきました。

今年はどうかなるかわかりませんが、過去、花見の季節には公園でカレーを振る舞うこともありました。春うららなカレーにするため、枝豆や紫キャベツで彩りを加えるのが春カレーの定番です。そろそろ紫キャベツのピクルスでも漬けようかな・・。

さて、桜の開花が近づく季節。2、3月には甘いイベントがありますよね。そう、バレンタインデーとホワイトデーです。

AID-DCCでは長年、バレンタインデーは女性社員から男性社員に、ホワイトデーは男性社員から女性社員にチョコやスイーツを渡す習慣があるのです。

そんな甘〜い習慣をnoteでご紹介しちゃおうと思います。

バレンタインデー編

今年度のバレンタインは私も実行委員としてお手伝いさせていただきました。

画像2

実行委員4人でいろんなチョコの候補を出して、最終的に投票で決めるという徹底ぶりです。結果、社員や役員のみなさんにお渡ししたのはこんなチョコでした!

画像1

どれも美味しそうですよね。自分でも注文しようかなと思いました(自分用)。

ホワイトデー編

ホワイトデーは、実行委員をしていた西山くんに様子を聞いてみました!

スプレッドシート

同じく実行委員4人で、各々一押しのアイデアを募った後、候補を4つに絞り、全男性社員の投票で決定するとのことでした。流れはバレンタイン編と似ていますが少しずつ違う点があるのも面白いですね。

画像3

そして今年選ばれたのがこちら!めちゃくちゃ高級そうで見ているだけでテンション上がります。ありがとう男性社員・・!

さいごに

昨今、バレンタインデー(ないしホワイトデー)を禁止する会社も多くなってきています。チョコを渡す人・渡さない人がいたり、なんとなくチョコを渡すことが義務のように感じる方も多いことが原因のようです。業務に直接関係のないイベントですし、無くしてしまえばプレゼントを準備する手間はなくなります。しかし、普段からお世話になっている気持ちを、プレゼントという形で送り合うことは素敵なことではないでしょうか。それにいざプレゼントをいただくととっても嬉しいものです。

バレンタインデー・ホワイトデーは過ぎてしまいましたが、大事なのはきっと時期じゃなくて気持ちです。今からプレゼントを送り合ってみるというのもいいかもしれません♡

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
AID-DCC Inc.は多岐にわたる領域・表現・技術で様々な課題を解決するためのソリューションを提供し続けているクリエイティブカンパニーです。