青の王者・デニム
見出し画像

青の王者・デニム

前回の投稿では、私Mayuのファッションの好みについて書かせていただきました。

私Mayuの好きなスタイルは「ストリートファッション」です!まだ前回の投稿を読んでいない方、詳しく知りたい方は、ぜひ前回の投稿を読んでみてください!

さて、今回の記事では、デニムについて書いていこうと思っています。

デニムはストリートファッションにおいて、王道ともいえるアイテムです。

細身のデニムできれいめのコーディネートにするのもよし、太めのデニムでメンズライクに決めるのもよし、といった感じでたくさんの場面で活躍してくれます。

今日はそんなストリートファッションの王道アイテム・デニムについて詳しく書いていこうと思います。

デニムとは?

まずは少し、デニムそのもののことについて書いていきたいと思います。ここでいうデニムはズボンとしてのそれではなく、生地そのもののことだと思ってください。

デニム生地とは、やや太めの糸を使用した綾織物の綿生地のことを言います。

タテ糸にはインディゴ染料で藍色に染めた糸、ヨコ糸には染色してない未晒し糸を使います。

だから、みなさんがデニムと言われてイメージするような、あの特有の色味の「デニム」ができるというわけなんです!

画像1

デニム生地が作られるようになった当初は、天然のインディゴを使用して染色が行われていました。しかし、1900年代に安価で扱いやすい合成のインディゴが開発されると、そちらがメインで使われるようになります。

1980年代になると、「カラーデニム」が流行し始めます。タテ糸を染色するだけで生地全体の色を変えることができるんですから、簡単ですもんね!

そんなカラーデニムの流行もあり、最近では、「綾織物の綿生地全般」を指して「デニム」と呼ぶことが多いようです!

--------------------------------------------------------------------------------------

デニムの発祥

ここからはデニムのズボン、すなわち「ジーパン」の歴史について書いていきたいと思います。

ジーパンの誕生​

ジーパンがこの世に誕生したのは、1870年代。

画像2

当時ゴールドラッシュに沸くアメリカの鉱山では、たくさんの鉱夫たちが働いていました。彼らの悩みは、「作業中にすぐにズボンが擦り切れてしまう」ことだったそう。

そんな鉱夫たちの悩みを解決するべく誕生したのが、「ジーパン」なわけです。誕生した当時は、作業着として存在していたということですね!

ちなみに、この時のジーパンに使われた生地は、あの有名なジーパンブランドのリーバイスの生地なんです!ジーパンブランド・リーバイスとしての歴史は、ジーパンの歴史とともにあるということですね!

ジーパンが作業着としてこの世に誕生したことは、かなり有名な話なので、知っていた方も多いのではないでしょうか?

でもそんな作業着として誕生したジーパンが今やファッションの定番アイテムになっているというのは不思議ですね!

--------------------------------------------------------------------------------------

デニムが青い理由

ではここで、少し別のお話をしたいと思います。デニムというと、みなさんが1番にイメージするのは、あの特有の青色だと思います。

その青色は、実はデニムの誕生と大きくかかわりがあるのです。

ここからは、その秘密について書いていきましょう。

画像3

デニムの材料として、インディゴで染めた糸が使われていることはお話しましたよね?

そのインディゴというのは、日本語で言うと藍のことです。藍色なんて言う色聞いたことありませんか?

デニムの青色はもちろん、このインディゴの色なんですけれども、このインディゴがデニムの染料に使われた理由が興味深いんです!

それは、インディゴには虫よけ効果があったから!ということです。

デニムの実用化が進んだゴールドラッシュの時代、採掘場の労働環境では、虫が多いという問題点が発生していました。そのことからインスピレーションを受けたのです!

虫よけ成分のあるインディゴで染めれば、ズボンにも虫よけ効果がつくかも!と思ったようです。

残念ながら、虫よけ効果はほとんどなかったようですが…(´;ω;`)

でも、インディゴ自体に虫よけ効果があると知られているなら、それを腰に巻いてみたりだとか、何か袋に入れて持ち歩くようにしたりだとかすればいいんじゃないかって私Mayuは思ったんですよ!

そこで少しインディゴについて調べてみたんですが、そんな風にそのまま持ち歩くことができないのにもちゃんと理由がありました!

それはめちゃくちゃ簡単な理由です。ズバリ、めちゃくちゃ臭い!🤮

確かに、虫も避けていくほどですから、匂いは相当きつかったのだと思います。

買ってきてすぐの新品のジーンズからは独特のにおいがすることはありませんか?あれがインディゴの匂いに近い匂いです。

染料として使ってるだけなのに、あれだけ匂いが残るってことは、実物はどのぐらい臭かったのか、想像もしたくないぐらいですね😅

--------------------------------------------------------------------------------------

まとめ

この投稿では、デニムの歴史について触れさせていただきました。ファッションっぽいことは何一つ書けてない…💦

身近なアイテムなのにこの投稿を書き上げるために調べていると知らないことがたくさん出てきて、めちゃくちゃ面白かったんですよ!

まだまだお伝えしたいことはいっぱいあるんですが、長くなりそうなので、続きは次回の投稿に取っておきたいと思います😊

次はファッションに関係したことも書いていけたらいいなぁって思っていますので、そちらも楽しみに待っていていただけると嬉しいです!

画像4


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとう!良ければシェアとフォローもよろしくお願いします😊
『Aida(アイーダ)』は「かっこいい×かわいい」を実現できるストリート系女子のためのセレクトショップです。パーカーやTシャツなどラフに着られるアイテムを中心に取り扱っています。 ショップはこちらから→https://yokawai.base.shop