榊 裕葵(社会保険労務士)

オンライン専業の資格試験予備校Seepで講師をしています。http://seep-jp.com/seep/

副業の制度構築の進め方

かつて、我が国のほとんどの企業において、副業の全面禁止は当たり前のことでした。 しかし、現在はコンプライアンスや、企業の人材確保戦略において、従業員の副業を行う...

モデル就業規則の解釈と実務上の活用方法

厚生労働省は企業が就業規則作成時の参考にできるよう、WEBサイト上で「モデル就業規則」を公開しています。モデル就業規則は法的強制力を持っているものではありませんが...

Seepの社労士【重要過去問解説】平成25年 雇保法 第2問(ア)

00:00 | 00:30

受給資格者は、失業の認定を受けようとするときは、失業の認定日に、管轄公共職業安定所に出頭し、正当な理由がある場合を除き離職票に所定の書類を添えて提出した上、職業...

Seepの社労士【重要過去問解説】平成25年 雇保法 第1問(A)

00:00 | 00:30

常時5人未満の労働者を雇用する農林の事業は、法人である事業主の事業を除き、当分の間、任意適用事業とされている。

Seepの社労士【重要過去問解説】平成25年 労災法 第7問 (D)

00:00 | 00:30

自殺の場合も、通勤の途中において行われたのであれば、通勤災害と認められる。

Seepの社労士【重要過去問解説】平成25年 労災法 第6問 (E)

00:00 | 00:30

年金たる保険給付の受給権者が、労災保険法施行規則第21条の2の規定により、遅滞なく文書で所轄労働基準監督署長に届け出なければならないこととされている場合として、次...