見出し画像

無個性の僕が、うどん屋でデザイナーに怒られた件

AGARU MEDIA PRESS

僕は、これまでデザインやらクリエイティブとは無縁の生活をしていた。
人並みに好きな音楽もあるし、趣味もあるけれど、
自分をこれまで「個性的だ」と思ったことなんて一度もない。
それなのに何の因果か、「(株)人生は上々だ」という
オシャレなクリエイティブカンパニーで営業の仕事をしている。
どこからどうみてもフツーのサラリーマンなのに。
想像してみてほしい、クリエイティブカンパニーという会社を。
そこには魑魅魍魎の個性派人間たちがウヨウヨしている。
フツー人間の僕からしたら、彼ら彼女らは妖怪のようなものだ。

画像3

その妖怪たちのボスと言えるのが、代表の村上モリロー氏。
このボスは、いわばNIKE妖怪。
ここ数年、NIKEの服しか着ていない。
しかも求愛行動なのか、威嚇なのか、
派手な色の服ばかりチョイスしている。
盗んだバイクで走り出す若者と一緒だ。
年中お祭りだと勘違いしているのではないだろうか。

それでも営業として僕は、それなりに仕事をしてきた。
自分でもよくやっていると思う。
しかし、理不尽な事件が起きた。
それは、うどん屋でのランチミーティングのときだった。

画像8

弊社では毎週水曜、メンバー全員でランチミーティングを行う。
妖怪の巣窟会社なのに、たまにまともな会社のようなことをする。
その日は、高松市にある「おうどん 瀬戸晴れ」さんにお邪魔した。
ちなみに、「おうどん 瀬戸晴れ」さんは、めちゃくちゃうまい。
僕にクリエイティブなセンスがないから、うまく表現できないが、
とにかく、うまい。うまいもんはうまい。それでいいじゃないか。
昨年OPENしたばかりの人気店なので、ぜひ足を運んでもらいたい。

瀬戸晴れさんでは、いつも「かけうどん・そのまま」を注文する。

まず「そのまま」という馴染みのないワードを説明すると、
一般的なかけうどんは、麺をお湯にくぐらせてから、かけ汁をかける。
「そのまま」は、常温の麺のまま、かけ汁をかける。
つまり、「ぬるい」うどんだ。
そうすることで、猫舌でも一気に食べられるし、
麺がゆるくならずにコシも楽しめるのだ。

画像4

その日も僕は「かけ・そのまま」と笑顔で注文した。
各自それぞれの注文が終わり、店員さんがテーブルから離れたとき、
モリロー氏が静かに口を開いた。
「Yさん、そういうところやで」
ん? そういうところって何が?
「いっつも、そのままやん」
何が悪いんや。好きなもんを注文しているだけやん。
僕は言いたいことをグッと胸にしまいこんで、モリロー氏の言葉を待った。

「絶対、Yさん冒険せんよな? お店のメニューで」
は? 好きなんやから、いいやろ。

それでも僕は黙った。サラリーマンだからだ。


「あのな、クリエイティブな仕事をしているんやったら冒険せな」
「新しいことを知らんと、アイデアも生まれんやろ」
「自分の想像通りのものを頼んで、それを食べて、何の発見もないやん」


おっと、うどん屋でここまで言われるとは。
クリエイターという人種は、ここまでめんどくさいんか。

しかし、モリロー氏の言葉は続いた。
「あのなぁ、選択するために考えることから逃げたら、いかんので」
うん? 何やら、深い話になってきているぞ。

「たとえば一年のうちに半年、うどん屋に行くとしようや。そうしたら年間約182回はメニューをオーダーするチャンスがある。ここで毎回、悩んで考えて答えを出していれば、考える力も、答えを出す力も身につくやろ」

まず、年間182回うどん屋に行くなんて、うどん県人ならではの発想だが・・・まぁ、良しとしよう。
「これを30年やり続ける人と、まったくやらん人で、どれだけ差がつくか。182回の30年やぞ。そらすごい差やぞ」
それはそうだけど、クリエイターという妖怪は、想像以上にストイックだ。
毎日そんな考えをしながら生活するのって、しんどくないのだろうか。
「せめて、うどん注文するときぐらいは考えて選ばんと」
ついに僕は口を開いた。
「そうすねぇ、でも猫舌なので・・・」
「だったら、ざるうどんでええやん」
かぶせるようにモリロー氏が言ってきた。
こいつは、もうこうなったら聞く耳を持たない。
いつものように、はいはいと流しながら、
早くうどんよ来てくれ、と願っていた。

画像8

そして美味しいうどんが到着し、
僕たちは、無言で食べた。
ランチミーティングなのに。
それでも黙々と食べ続けた。サイレントミーティングだ。
ただ僕の中では、サイレントの時間と共に
モリロー氏の意見がじんわりと腹に落ちてきた。
確かに、同じメニューばかり食べ続けるのは、
未来の可能性を狭めていることと同じだ。
冒険しない人生は、想像通りの人生しか訪れない。
それに僕の中に、「そのまま」とコールするときに、
うどん通になったかのような優越感はなかっただろうか。
他の人はこんな頼み方せんやろ、というドヤ感はなかっただろうか。
もしかしたら僕は、「そのまま」と言っている自分が
かっこいいと思っていたのかもしれない。

画像5

そんな自意識は、営業の仕事では無用だ。
そこまでモリロー氏が見抜いていたのだとしたら
やつは正しい。さすがクリエイターだ。完敗である。
食べ終わり、店主に挨拶をして店を出た。

画像8


するとモリロー氏がまた言ってきた。

「そういうことやで、Yさん」

僕はさっきよりもおだやかな気持ちで、
そうですね、と答えた。
そして駐車場までの道のり、
目の前を歩いているモリロー氏の姿を見て、ふと気づいた。

お前、いつもNIKEしか着てないやんけ!冒険しろや!

画像8

それでも僕は何も言わなかった。
フツーのサラリーマンだからだ。

つづく・・・かも

シルエットY氏

<プロフィール>
Y氏
営業職/フツーのサラリーマン

香川県に産まれて、高校までは町内で過ごし、大学は高知で過ごし、そのままTSUTAYAでCD販売、ビデオレンタルの仕事をして、香川に戻り派遣会社の営業を経て、デザイン、ブランディングの営業、物販などをやっております。バスケットボールが好きです。

株式会社人生は上々だでは一緒に働く仲間を募集しています!



この記事が参加している募集

私は私のここがすき