見出し画像

社会課題見学会 ローランズ編

Accountability for Change

皆さんこんにちは。
今回は、2022年9月10日に開催した社会課題見学会(@ローランズ)の様子をお届けします。



1. そもそも社会課題見学会とは


 AFCは「会計士の専門性を活かした社会貢献活動を通じて、ソーシャルセクターの健全な発展に寄与する」ことをミッションの一つに掲げています。しかし、「社会課題ってそもそもどんなもの?」「社会課題っていわれてもピンとこない…」といったメンバーもいます。
 そこで、メンバー自ら社会課題に挑むソーシャルセクターの取り組みに触れ、社会課題に対する理解を深めることを目的に、社会課題見学会を企画することになりました。
 今回は2021年11月23日第一回ごきげんファーム編に続いての第2弾となります。


2. 一般社団法人ローランズプラスのご紹介


 一般社団法人ローランズプラスは、「誰もが自分色に花咲く社会を作る」を理念にマイノリティ当事者の雇用格差解消を目指し「社会課題×植物」を軸に事業展開を行う団体様です。

AFCメンバーの村越さんが監事をされていることもあって、今回の見学会が実現いたしました。以下の記事にて詳しく紹介しております。


 今回はローランズ原宿店様へお邪魔してきました。
お店のご紹介と代表の福寿様にローランズのご紹介をしていただきました。


3.お店の様子


 お店の中も外も植物がたくさんあり、自然を感じられるリラックス空間となっていました。
こちらのカフェでは、店内で飲食する他に植物やお菓子を購入することができるそうです。

画像1
画像2


メニュー開発にはプロの方が参加されることもあり、かなり本格的でした。
かなり迷いましたが、今回はドライカレーをいただきました。
ピリ辛でとてもおいしかったです!

画像3



お店では、ショップ販売のお花の製作をされていました。
実際にAFCメンバーに結婚式用のお花を注文された方もいます。


画像4


お店では16時ごろから子ども食堂を開催することがあるそうです。

これは子供の孤食といった観点だけではなく、何かをしてあげることの大変さ・感謝の気持ちを知ることで働き方へつなげる、といった思いがあり、子ども食堂をされているそうです。

実際に子ども食堂で過酷な環境の子供たちを見て、自分がいかに恵まれているかに気付かされ、甘えているだけではなく「頑張ろう!」と思えるきっかけとなるとのことでした。


4.ウェディングフラワー作成の様子

 ウェディングフラワー作成の様子を見学させていただきました。

画像5


こちらの方もご自身の課題と向き合っている方ですが、大好きな「お花」のお仕事をできているため、とても楽しそうにお仕事をされていました。

いわゆる障碍者雇用では、単調作業が多く好きなことで働けないことが多いですが、ローランズ様では、「自分らしい働き方の実現」に取り組まれており、他の職員の方も生き生きと働いていました。


5.ウェルフェアトレードについて


 お店の8割の方は様々な課題と向き合っている当事者の方とのことでしたが、お客様はそういった事情を知らない方が多いそうです。

 ローランズ様では「ウェルフェアトレード」の考え方に基づき、社会意義と品質を両立したサービスを提供することで「優しさの循環」を作ることを大事にしておられました。

 ウェルフェアトレードとは、Welfare(社会福祉)とFair Trade(公正取引)をかけ合わせた言葉です。
「かわいそうだから購入してもらう」では、安く購入されることとなり、生産者の賃金も低くなってしまいます。
そこで、良いサービスを提供し適正な価格での提供を可能とすることで、生産者が働く喜び・生きがいを感じつつ賃金も適正な水準とし、取引を継続させていけるといった考え方です。
このような考えを重視するからこそ、素晴らしい商品・サービスが出来上がり、上記の結果へ繋がっていると感じました。


画像6



6.会計士へ期待すること


代表の福寿様へ会計士に期待することをお伺いしました。

NPO等の社会課題の解決に取り組まれている現場では人手が足りなすぎる状況です。
会計や経営の知識を持っている人が少ないため、組織を守り継続させるといった観点から、会計士の方がNPO等へどんどん参画していくことによって、より良い社会の実現へと繋がっていくと考えています。


7.見学会を終えて


 今回の見学会を通して、多くのことを学ぶことができました。
素敵な考え方である「ウェルフェアトレード」のことは、今回の見学会に参加しなければ知ることが無かったかもしれません。

 子ども食堂を通して「何かをしてあげることの大変さ・感謝の気持ちを知ることで働き方へつなげる」これを聞いた時に、自分自身は何かをしてもらうことを当たり前だと考えていなかっただろうか、感謝の気持ちを持っていただろうか、と振り返るきっかけとなりました。

上記のような素敵な考えを持つだけではなく、それを実行し、「優しさの循環」を実現されているローランズ様には脱帽いたしました。

我々AFCも社会課題の解決に向けてより一層取り組んでいきたいと思います!

今回見学会にご対応いただきました、福寿様をはじめ、ローランズの皆様、本当にありがとうございました。


8.AFCに興味をお持ちの会計士の皆様へ



 まず、AFCまでお気軽にご連絡ください!ソーシャルセクターへの関わり方について、一緒に模索していければと思います。
 また、AFCでは定期的に交流会や個別相談会を開催しています。ホームページで直近の開催予定を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!