見出し画像

問題点を発掘し改善していくことが面白さとやりがいに

ADWAYS CREATIVE

UI/UXデザイナーとして活躍する中野に、自社サービスJANet *のデザインを手掛ける面白さや、グラフィック/WebデザイナーからUI/UXデザイナーに挑戦したきっかけについて聞いてみました!
(* JANetは弊社のアフィリエイトサービスです)

中野 恵美(なかの えみ)
2015年 アドウェイズ新卒入社。グラフィック/Webデザイナーとして広告デザインを経験。現在、UI/UXデザイナーとしてJANetに従事。


── グラフィック/Webデザイナーとして入社されたと聞きましたが、
         入社当初はどのようなお仕事をされていたのですか?

入社1年目はグラフィック/Webデザイナーとして、ゲーム、コスメ、ファッションなど、幅広いジャンルのWeb広告バナー制作を行っていました。

また、その年の新卒採用サイトの制作にも携わらせていただきました。

2年目からは動画チームにシフトし、動画広告のデザインからモーションの作成まで一貫して行っていましたね。


サービスを理解しコツコツと堅実に構築する
デザインが自分に合っていると気付いた

── どうしてUI/UXデザインに挑戦しようと思ったのですか?

もともとデザイン全般に興味があり、バナーやサイト制作、動画と一通りのデザインをやらせていただき、「じゃあ次は?」と考えたときに、UI/UXデザイナーという選択肢が浮かびました。

グラフィックや動画を極めるという道も考えられたのですが、業務を通して、ビジュアルで勝負する・表現力を鍛えるというよりも、サービスコンセプトやユーザーニーズなどを理解して、コツコツと堅実に構築する設計的なデザインが自分に合っていると気付いたからです。

また、サービスのように機能を持つデザインに対して、一貫して長期的に携わりたいという気持ちもありました。

UI/UXデザイナーへの異動希望は自分から出しましたが、やりたいことに挑戦させてもらえる環境は、ADWAYSの魅力の一つだと思います。

画像1


問題点を発掘し改善していくことに
面白さとやりがいを感じる

── JANetのUI/UXデザイナーだと、主にBtoB向けのデザインだと思うので
        すが、思い描いていたUI/UXデザイナーとのギャップはありましたか?


特にギャップは感じませんでした。

元々私はUI/UXデザイナーに対して、華やかでユーザーが好ましいと思うようなデザインを作る人というよりも、「あ、これ使いやすい」と無意識で感じてもらえるようなデザインを設計できる人というイメージを持っていたからだと思います。

今は自社サービスのJANetの管理画面のデザインを担当させていただいているのですが、問題点を発掘し改善していくことが、面白くやりがいがあります。

JANetは広告主とパートナーの双方が利用するサービスなので、
「サービスとしての一貫性」と、「広告主とパートナーの双方に向けた最適なデザイン」の2つのバランスを保ちつつ、デザイン制作に取り組むことを日頃から意識をしています。


インタビューを通して実戦的に吸収していった

── そうなのですね!
         UI/UXに関しては、どのように勉強されていましたか?

 とにかくインタビューをたくさんして、サービスを理解を深めるところから始めました。

社員へのインタビューでは、普段の作業の様子を観察させていただき、改善点の洗い出しを繰り返すことで、広告主とパートナーの2つのユーザーに対してどのようなアプローチが有効なのかが徐々に分かってきたという感じですね。

ユーザーが価値を置く点を知らずに、サービスの強みだけを聞いてもデザインに結びつかないので、その点をしっかりと理解することもUI/UXデザイナーとして必要なことだと気付きました。

他には、世に出ているサービスデザインの考察をするなどして勉強をしていましたね。


自分が行ったことに対するフィードバックが速さが
やり易さと面白さに繋がっている

── JANetのUI/UXデザイナーの面白さはどんなところですか?

 JANetはアフィリエイト広告のサービスですが、アフィリエイトだけでなく、Web全般の幅広い広告知識がないと、広告主やパートナーの本当のニーズに気付けないことが多いです。

そのため、広告の知識を体系的に深められることが面白いです。

UI/UXデザイナーを通して、グラフィック/Webデザイナーのときに制作していたバナーが、広告主に活用されていく流れを知れたことも発見でした。

また、JANetはスクラムチームを組んで開発を行っているのですが、細かく作り、細かく成功・失敗を繰り返すプロセスだからこそ、自分が行ったことに対するフィードバックが速さが、やり易さと面白さに繋がっています

画像2


デザイナーが
開発側・営業側が協力し合う未来を取り持ち開発・営業活動が一丸となる環境を作りたい

── では、最後に。
      これからのJANetをどうしていきたいか教えてください。

今描いているJANetのロードマップを堅実に実現していくことが、今の目標です。

またその中で、開発側も営業側も協力し合う未来をデザイナーが取り持ち、スムーズに開発・営業活動が出来る環境作りをしたいと考えています。

もちろん、その環境が出来て終わりではなく、サービスの先のユーザーに対して、いかに新しい価値を提供できるか、その価値をどのようにして最適な状態で届けるかを考え目指していくつもりです。

そのようにしてサービスの価値を高め、結果的に売り上げにも貢献していきたいです。

今JANetのスクラムチームは、デザイナーの力をかなり欲しているので、
みなさんがADWAYSのUI/UXデザイナーに少しでも興味を持っていただけると嬉しいです!

・・・

『デザインの力で課題解決に取り組む』ADWAYSクリエイティブチームでは、同じ志を持つ仲間を探しています。
( 採用に関するお問い合わせはこちらにお願いします )

今後も、noteやTwitterでメンバーや環境、取り組んでいることなどをお届けする予定です。ぜひチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!