新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【全国住み放題ADDress】新たに長野・栃木・大分3物件オープン!都会から離れて別荘気分を味わおう

定額制の全国住み放題コリビングサービス「ADDress」に、”別荘”物件が加わりました。長野県(川上村)栃木県(矢板市)大分県(佐伯市)の3物件です。何と渋いエリアでしょうか!そして、東京都心・大阪・福岡など大都市からひとっ飛びで行けるような好アクセスではないものの、だからこそ観光地化しておらず、人が密集する大都市から離れたエリアは、リフレッシュするには実はとっても穴場な物件。今回はディープな新規3軒の「ADDressの家」を紹介します。

ADDress川上村:大自然のウッドロッジで豊かな暮らし

画像1

シェアリングエコノミーに関心の高い人、もしくは野菜好きな人は「聞いたことある」かもしれません。「川上村」。長野県に位置する「奇跡の村」と呼ばれる穴場スポットです。見てください。この林の中にそびえ立つウッドロッジの豪邸(画像上)。

Xフレームの木戸を開けると、そこは無垢シダーウッドの香りも仄かに心地良い素敵な空間が広がります。この物件は一般募集で寄せられた空き家情報から、ADDressの家になりました。

画像3

ゆったりくつろげる個室、無垢ウッドロッジと相性の良いウッディドミトリ部屋の3室で構成され、快適な滞在が楽しめます。窓フレームのサッシまでウッドなのも空間の優しさを醸し出してくれています。

夏は避暑地として快適に過ごすことができ、寒い冬も「SUNPOT」のストーブでぽかぽかと快適に過ごせます (画像下)。1階の家の外郭を囲うようなウッドテラスでは、屋内の椅子を持ち出してひとりで読書に集中できます。また、近くにスキー場もあり、ウインタースポーツも楽しめます。

画像3

さて、この川上村が「奇跡の村」と呼ばれる理由は、標高110メートルに位置する自然環境の中で、おじいちゃんおばあちゃんが元気にレタス農業で活躍できる村だから。レタス生産量は日本一を誇ります。

そして最近では、シェアリングシティとしても知られており、家事や育児のシェアサービスのほか、インターネットを活用したクラウドソーシングで稼ぐ村民もいます。地方での暮らしをより豊かに実現されている村なのです。

画像4

ADDress矢板:ユニークなコワーキングスペース付別荘

画像5

矢板と聞いて「栃木県」と当てられる方はなかなかいないでしょう。
この記事を書いているADDressスタッフの私も親戚が栃木県にたくさん住んでいて、小さい頃から栃木県は行き来していたのですが、ADDressに空き家物件情報が寄せられるまで知りませんでした(すみません)。

矢板の家の外観も特徴的。ホワイト木調外壁が可愛い別荘住宅です(画像上)。

普通の家の構造とは一味違うユニークな内観です。2階の素敵なステンドグラス調小窓があるエントランスから屋内に入って、3階と1階を回遊できる楽しい造り。

画像6

ゆったりとした石材組みの浴槽に入りながら、浴室窓から見渡せる緑の眺望は仕事で疲れた身体を癒してくれることでしょう(画像上)。

この物件のユニークな部屋は、コワーキングスペースです(画像下)。

画像7

多角形で放射状の勾配天井の部屋。十分な広さを感じられます。また、中央に配置されたオーナー所有の青い卓球台をテーブルに、カラフルな卓球ラケットをイメージしたチェアが並びます。

2階和室は10畳あり、ファミリー(4人家族)で寛ぐにも十分な広さです。木立景色を楽しめる眺望と、クリーンなフローリングで構成されたお部屋で静かな時間を過ごせます。

「矢板の家」で静かに過ごしても良し、近隣でスポーツを楽しむも良し。
ゴルフやテニスといったスポーツ・アクティビティを楽しめる環境が矢板には揃っています。知る人ぞ知る「津島勝善神社」にも車で立ち寄れますし、日光や那須に足を伸ばしてみても良さそうですね。

画像8

ADDress佐伯:スナック街にある地元民が集まる場

画像11

人口約7万人で、大分県では大分市、別府市に次ぐ都市「佐伯市」。しかしながら、県外の方にとっては、まだまだ馴染みの少ない地名ではないでしょうか。太平洋に面しており、全国的にも漁獲量と魚種の豊富さで有名です。

ADDress佐伯の家は、大分県佐伯市の中心部に位置し、近隣には地魚をふんだんに扱う寿司屋、居酒屋、イタリアンなど佐伯の食を存分に楽しめます。

この物件は2019年にオープンしたばかりのゲストハウスで、ADDressはその中の一部を提供してもらっています(画像下)。

画像10

オーナー兼家守は、佐伯市で地域おこし協力隊を務めていた中村香純さん。福岡生まれ、横浜育ちで2017年に佐伯市へ移住されました。

築70年の民家をリノベーションし、古き良きものを残しつつ新しく清潔感のある空間に仕上げました。同じフロアにはカフェが併設しており、地元の方が集まる憩いのスペースとなっています(画像下)。

画像11

隣接したスペースにはコワーキングスペースもあり、仕事も暮らしも旅行もじっくり楽しめます。

このゲストハウス自体は、オーナー兼家守である中村さんの旅の経験から、『恩送り』をメインコンセプトに、宿泊料は「基本料金+投げ銭(気持ちやお財布事情により宿泊者が決められる)」で運営されています。

お部屋はドミトリタイプですが、通常のスペースよりも広く、間仕切りでプライベート空間がしっかり確保されています。

画像12

この家の最大の魅力は、佐伯市の中心街に立地しており、にぎわいある店舗が建ち並ぶド真ん中に住めるところ。特に夜はにぎやか。スナック街が居並ぶ商店街の中にあるユニークな立地が魅力。中村さんの趣味がスナック巡りということもあり、気分やシチュエーションに合わせてオススメのスナックを紹介してくれます(ただし、新型コロナウイルス感染予防のため、収束するまでは紹介を控えさせてもらいます)。

昼も夜も地元の人と触れ合いながら、新しいコミュニティに属してみませんか?

画像13

告知:会員の実体験が聴けるADDressイベントのご案内

画像14

ADDressでは会員や家守(やもり=家の管理人で地域のコミュニティ・マネジャー)を招いて、多拠点生活のリアルな声をお伝えする「オンラインイベント」を実施しています。ちょっと興味のある人も、すぐに実践したい人も、さまざまなユーザーが毎度参加してくれています。

新型コロナウイルスの影響で、自宅待機の方も多いかと思います。オンラインイベントなので、自宅からモニター越しの参加が可能。この機会にぜひ、ご参加してみませんか?イベント情報は以下のURLをアクセスの上、お申し込みください。

▼ADDress ミートアップ&イベント
https://sites.google.com/address.love/event
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きになってくれてありがとう❤️
21
月額4万円からの定額制で全国どこでも住み放題の多拠点コリビング(co-living)サービス。拠点情報やかかわる人の熱い想いを発信します。 https://address.love/ #全国創生 #ADDressLife #多拠点生活 #いつもの場所がいくつもあるという生き方

こちらでもピックアップされています

ADDressの家
ADDressの家
  • 37本

全国に展開している魅力的なADDressの家を紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。