ミュージカル再開:キャストが集まらないことには
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

ミュージカル再開:キャストが集まらないことには

安達亮

何も始まらないんですよね(笑)。

ミュージカル公演を再開するには以下のような大まかなステップを踏んでいかなくてはいけません。それぞれのステップは簡単そうに見えますが、ものすごく難易度が高いんです。コロナ禍前はこれを年間5〜6本実施していたかと思うとびっくりしますね(笑)。

公演会場を予約する

公共ホールはたいてい1年前予約です。今年の7月に公演する北とぴあ(東京都)は昨年の7月1日に、10月に公演する吹田メイシアター(大阪府)は昨年の10月1日に抽選に申し込み、高倍率を勝ち抜いて、確保できています!
→【完了】!!

【再開記念公演シリーズ】
関東公演:2022年7月15日(金)・16日(土)@北とぴあ さくらホール
関西公演:2022年10月1日(土)・2日(日)@吹田メイシアター

実は北とぴあの抽選で1番引きました!りじちょーパワー(笑)!!

練習会場を予約する

今回は関東と関西で練習を実施するのですが、その会場を確保することも公演会場予約と並んで難易度が高いことです。新型コロナ感染予防対策のため、2週間置きに実施日を設定していたり、ソーシャルディスタンス確保のために一定の広さを確保しなくてはいけなかったりするので、いつもより難しい状況に向き合ってきました。ただ、各地域でしらみつぶしに施設に連絡をしまくって、関東は全て、関西は順調に確保できています!施設が取れてくれることによって、練習スケジュールも決まってきています!

→これ【ほぼ完了】!!

キャストをあつめる

今、ここですね。想像以上に難しい。2年間止まっていたものを動かすってこういうことか…と痛感しています。今回は感染症予防対策の一環で、練習回数を少なくして作品をつくっていくため、今までにコモンビートのミュージカル舞台に立ったことがある経験者を対象としています(一部例外あり)。ですが、最後に舞台に立ったキャストは2年前の2020年の2月ですし、2年も経つと、それぞれライフステージに変化があったり住んでいる場所を変えていたりと、なかなか「今、ミュージカルをやるぞ!」という環境になりづらかったりします(もちろんオミクロン株の流行は大きですが…)。ですが、キャストがあつまらないことには何も始まりません。なので、必死の声かけを続けているところです。だんだん、オミクロン株も落ち着いてきていることと新年度になって予定がわかりやすくなること、そして春の訪れなどなどで、「ミュージカルをやるのは今だ!」ってなってくれることを期待しています!!
→経験者のみなさん、一緒に舞台に立ちましょう!!!

練習して作品をつくる

→キャストがあつまらないことには。。。

観客をあつめる

→キャストがあつまらないことには。。。

公演の幕をあげる

→キャストがあつまらないことには。。。

↓↓↓ミュージカル再開公演に関する最新情報はこちらから↓↓↓



コロナ禍になって3年目。本当はコロナが終息してから再開したかった。ですが、待っていてもいつになるかわからない。withコロナの状況でもできるやり方をみつけて、創意工夫しながらこのミュージカルを再開させたい。

コロナによって心も体も窮屈になっている人が多いと思います。人との繋がりも薄くなり、マスクで表情すら見えない。これでは心が乏しくなってしまいます。全てをミュージカルが解決するわけではないし、ミュージカルの再開にもリスクが伴う。でも、感染予防対策を徹底しながら、みんなで工夫して乗り切っていきたい。ウクライナ・ロシアの情勢もずっと気になり続けている。こんなときこそ、歌いたい。踊りたい。心躍らせたい。みんなで平和へのメッセージを伝えていきたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
安達亮

よろしければサポートお願いします!いただいたサポートは豊かな人生をおくるための「勉強代」として使わせていただきますー!

「スキ」って恥ずかしいですが(笑)、ありがとうございます!
安達亮
非営利組織役員/事務局・組織プランナー/表現教育/企業研修・講演/ファシリテーター/コミュニティ設計/ブログ・情報発信/映画・海外ドラマ/スターウォーズ/ヤクルトスワローズ/キャリア相談/NPOのドラえもん/電子マネー推奨/テレワーク/違いを楽しむ/ワークライフミックス