ファイザーの内部告発者が「データ改ざん」を暴露|中共ウイルス用ワクチンの臨床試験で「データを改ざん」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ファイザーの内部告発者が「データ改ざん」を暴露|中共ウイルス用ワクチンの臨床試験で「データを改ざん」

本文:

内部告発者は、ワクチンメーカーのファイザーがどのように「データを改ざん」し、臨床試験を操作したかについて衝撃的な事実を明らかにした。懸念を表明した後に解雇された元臨床試験監査人のブルック・ジャクソン氏は、ポール・サッカー氏が行ったBMJ(ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル)の新しい調査で、ファイザーの業務に関する内部情報と文書化された証拠を明らかにしました。この不穏な報告は、FDA(米国食品医薬品局)とファイザーが、ワクチンの義務化を正当化するために、アメリカ(世界中の)国民に対して大規模な詐欺行為に手を染めているという危険信号を送っています。


ファイザーとバイオエヌテックのワクチンは、8月にFDAによって大々的に「完全に認可」されましたが、責任の所在やその他の条件により、このような認可は非常に誤解を招くものでした。バイデン政権はこの発表を受けて、連邦政府にワクチンを義務付ける大統領令を出した。その後、多くの医学専門家の反対にもかかわらず、FDAは10月下旬に5歳から11歳までの子供たちへのワクチンを承認しました。

しかし、ファイザー社がFDAに提出した臨床試験の書類は、今回、BMJの調査により、臨床試験の不正行為やデータ報告の誤りに満ちているとして公開されています。

「2020年秋、ファイザー社の会長兼最高経営責任者であるアルバート・ブーラは、パンデミックを終わらせるために安全で効果的な中共ウイルス(COVID‑19)用ワクチンに希望を託していた世界中の何十億もの人々に向けて公開書簡を発表した」と報告書は述べています。

「私が前に言ったように、私たちは科学のスピードで動いています」と、FDAがファイザーのワクチンを承認する前に、ブーラは書いています。

「しかし、その秋にテキサス州のいくつかの施設でファイザー社のワクチンをテストしていた研究者にとって、スピードはデータの完全性と患者の安全性を犠牲にしていたかもしれません」とBMJは報告しています。「研究機関であるベンタビア・リサーチ・グループに勤務していた地域ディレクターは、同社がデータを改ざんし、盲検化されていない患者を雇用し、不十分な訓練を受けたワクチン接種者を雇用し、ファイザーの主要な第III相試験で報告された有害事象のフォローアップが遅かったとBMJに語っています。

「品質管理チェックを行ったスタッフは、発見された問題の量に圧倒されていた」と報告書は付け加えています。「これらの問題を繰り返しベンタビアに通知した後、地域ディレクターのブルック・ジャクソン氏は、FDAに苦情のメールを送りました。ベンタビアは同日中に彼女を解雇しました。ジャクソン氏はBMJに数十枚の会社の内部文書、写真、音声記録、電子メールを提供しました。

ファイザーを内部告発したベンタビアのリサーチディレクターであるブルック・ジャクソン氏は、解雇が決定されたとき、臨床監査会社で輝かしい経歴を持っていました。

「ベンタビア社のウェブサイトでは、テキサス州最大の民間臨床研究会社を自称し、契約業務で獲得した多くの賞を掲載しています」とBMJは指摘しています。「しかし、ジャクソン氏はBMJに、2020年9月にベンタビアに雇用されていた2週間の間に、実験室の管理不備、患者の安全性の懸念、データの整合性の問題について上司に繰り返し伝えていたと語っています。ジャクソン氏は、訓練を受けた臨床試験監査人で、以前は最高執行責任者の役職に就いており、臨床研究の調整と管理において15年以上の経験を持ってベンタビアにやってきました。」

「ベンタビアが問題に対処しないことに憤慨したジャクソン氏は、ある夜遅くにいくつかの問題を記録し、携帯電話で写真を撮りました」と報告書は述べています。「BMJに提供された1枚の写真には、注射針がシャープスコンテナボックスではなく、プラスチック製のバイオハザードバッグに入れて廃棄されている様子が写っていました。また、被験者の識別番号が書かれたワクチンの包装材が放置されていた写真もあり、被験者の盲検化につながる可能性がありました。ベンタビア社の幹部は後に、写真を撮影したジャクソン氏を問い詰めた。」


BMJの調査では、臨床試験中に重大なミスが発見されていたことが指摘されています。

2020年9月下旬にジャクソン氏と2人の取締役との間で行われた会議の録音では、「ベンタビアの幹部が、品質管理のために治験の書類を調べたときに見つかったエラーの種類と数を定量化できなかったと説明しているのが聞こえる」と報告書は指摘しています。

ベンタビア社の幹部は、「私の頭の中では、毎日何か新しいことが起こっています」と語っています。「我々はそれが重要であることを知っています。」

「ベンタビア社はデータ入力の問い合わせに追いついていなかったと、ファイザー社がこの試験で提携した研究委託先であるICON社が送ったメールに書かれています」と報告書は付け加えています。

ICON社は、2020年9月のメールで、「この試験では、すべての問い合わせを24時間以内に対応することが期待されています」とベンタビア社に注意を促しました。

「その後、ICONは3日以上経過した未解決の照会100件以上を黄色で強調表示した」 と報告書には書かれています。「例として、被験者が重度の症状/反応を報告した2人の個人が含まれていました...治験実施計画書によれば、グレード3の局所反応を発現した被験者に連絡す必要があります。計画外の問い合わせがあったかどうかを確認し、必要に応じて対応するフォームを更新してください。」

BMJの報告書は、FDAの臨床試験監査の質と量の低下にも言及しており、FDAが製薬会社やワクチンメーカーに目をつぶっていることを示唆しています。

「ベンタビアの元従業員はBMJに、同社は神経質であり、ファイザーワクチン試験の連邦監査を期待していると語った」と報告書は述べている。

「臨床研究に従事している人々は、FDAの監査を恐れています。なぜ彼らをそんなに恐れているのかわかりません」と、ジル・フィッシャー氏はBMJに語った。フィッシャー氏は重大な副作用についての苦情に、「具体的で信頼できる苦情があれば、それを調査する必要があると思うだろう」と付け加えた。

「2007年に、保健社会福祉省の検査総局は、2000年から2005年の間に行われた臨床試験に対するFDAの監督に関する報告書を発表しました」とBMJは背景として付け加えた。報告書によると、FDAが検査した臨床試験実施施設はわずか1%だった。FDAのワクチンおよび生物製剤部門による検査は近年減少傾向にあり、2020年度に実施されたのはわずか50件であった。


「適切」ではないとの理由で解雇されたブルック・ジャクソン氏は、ファイザーの第III相臨床試験の問題点を以下のように列挙した。

・注射後に廊下に配置され、臨床スタッフによって監視されていない参加者
・有害事象を経験した患者のタイムリーなフォローアップの欠如
・報告されていない治験実施計画書からの逸脱
・適切な温度で保管されていないワクチン
・誤ってラベル表示された実験室用標本
・このような種類の問題を報告するためのベンタビアのスタッフの対象

「2020年12月10日にFDA諮問委員会に提出されたファイザーの中共ウイルス用ワクチンの緊急使用認可申請に関するファイザーの説明資料では、同社はベンタビア・サイトの問題には言及していない。」と報告書は述べています。「翌日、FDAはワクチンの認可を発行しました。」

原文:


関連記事:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
積極護国情報🇯🇵🐯トランプ情報🇺🇸新型コロナウイルス・ワクチン関連情報・海外ニュース配信

ありがとうございます! 日本の政治と周辺国や世界情勢に危機感を感じてTwitterを始め、長文投稿用にnoteを始めました。 リアクションメッセージは、トランプ大統領の名言です。 長文以外はTwitterで呟いています。 https://twitter.com/ActiveCPI

🐯どうせ考えなるなら大きく考えろ。どうせ生きるなら大きく生きろ。
積極護国情報🇯🇵🐯トランプ情報🇺🇸新型コロナウイルス・ワクチン関連情報・海外ニュース配信
#護国・保守議員支持 #ワクチンパスポート反対 日本の護国に必要な情報を積極+㌁的に呟きます。呟く頻度は0〜∞-㌁。家系は数十代に渡る武家の末裔。大分類的には日本という木を林or森から視た元祖帰国子女系。 Twitter:https://twitter.com/ActiveCPI