見出し画像

Diet Go-Go!

最近、またダイエットを始めた。
と書くと、いつも失敗しているように聞こえるが、さにあらず。
毎回、ちゃんと目標体重に達するのである。
しかし、そこから長ーい時間をかけて少しずつ少しずつ戻っていく。
気がつくと、まずいことになっている。
自覚するには3ステップほどの過程がある。

①新しい服が欲しくなる。
普段着ている服がなんとなく太って見えるのだろう、どこかに自分をもっと輝かせる服があるに違いないという気になる。でもこれは意識下の話。意識の上では季節が変わるからとかスカートに合わせるトップスがないからとかいう理由で探す。素敵に見せたいのなら体型を整えるのが最も近道なのはわかっているのに。

②背中とか首の後ろにうっすら肉の気配を感じる。
今まで気にしたこともなかったような場所に肉の存在を感じ始める。「やばいなあ……」とは、思う。ちなみにこの辺りから不思議とInstagramにスポーツジムやエステの広告が増え始める。しかもご丁寧に「○○歳でも遅くない!」とか「XX年(干支)生まれこそ今が始めどき」などピンポイントでわたしの年齢を入れてくる。個人情報なんぞ筒抜けである。

③腰を痛める
あくまでわたしの場合だが、腰痛はデブのサインである。湿布なんて気休め。痩せれば痛みも雲散霧消。至ってシンプル。

しかし、しかしである。
人間とはなんと自分に甘い生き物なのだろうか、これらの前兆を感じていてもまだダイエットを始めないのである。
これだけの不快感がありながらまだうっすらワンチャン「気のせい」を狙う浅ましさ……。
では、わたしが決意するときはいつか。
ズバリ、写真である。
自分の写真を見てショックを受ける。
ここまで来ていたか、と。
もう逃げられない……。

さて。
ダイエットを決意したところで何をするかといえば単純で、食べる量を減らすのみ。
それも食べたものを記録するだけのレコーディング・ダイエットである。
強い味方はアプリ「あすけん」。
なぜこのアプリがいいかというと、まあ、無料ということに尽きる。
あとは体重がグラフ化されてやる気が出るとか、ほかの人の食事記録が見られるとか。
人の食事記録に関しては、自分と近い年齢や体型の人を仮想ライバルにするなどすればいいのかもしれないが、それより謎メニューの人とか、毎日食べまくってる人とか見て和む。
♪みんなみんな生きているんだ、友達なんだ〜という気持ちになる。
ともあれ、今月下旬に高校の同窓会があるので、まずはそれを目標に頑張ります。


【本日のスコーピオンズ】
42曲目「Born to Touch Your Feelings
5th アルバム『〜暴虐の蠍団〜Taken by Force』(1977)より。

哀愁漂うギターのイントロ。
大丈夫か、悪いパターンじゃないよな、と思ったらハスキーなヴォーカルがいい感じ。
これもクラウスさんかな(どうも声を覚えられない)。
わたしが聴いているのは2015リマスター版のようで音がとても良いので、なんてことのないメロディーでも良く聴こえる。
……と思ったら、いきなり日本人女性のポエムの朗読が入ってきた!!
しかもフランス語の朗読と被らせてる……
うーーーーーーーむ。
スコーピオンズはきっとこの中二っぽさを味わうバンドなんでしょうね。


感想は以上です。


この記事が参加している募集

#美容ルーティーン

1,748件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?