立場

ドサ健「うめえ話があるんだが、俺と組まねえか?」
 
哲也「俺にワイシャツを着てネクタイをしめる仕事は似合わねえ。中学中退だからな」

ドサ健「...へー...おめえ学歴高いな。俺ァ尋常小学校中退だ」

(哲也 雀聖と呼ばれた男 17巻より)


個人的に記憶に残る好きなやりとりですね。

ドサ健の行動力というか、実行力そしてアクの強さはやっぱり参考になります。

私も他と比べればドサ健みたいなもんなので、それはそれなりに戦略組むしかないんですよね。(笑)

こういう話をした場合、極端になる。じゃあドサ健に勝つには幼稚園中退が偉いのか?みたいな。

でもそういう底辺を彷徨う争いに意味があるんじゃなくて、要は生命力なんですよね。ドサ健のそこが素晴らしい。

勿論、人格破綻者なので、ドサ健は全てに褒められたモンではないですが。


何というか、それはそれなりに何かやれるよね。

トランプで大富豪やってる時、3ばっかだとかえって潔く革命とか出来る訳ですけど、5とか6とかのカードが多いとなんだか中途半端な気持ちになる。

でも、そう思ってしまうのも、心の持ちようかも。

半端な感じが嫌に思うかもだけど、何と比較して半端なのか?

比較するから半端に思う訳で。

5に拘れば5が最も強くなり、6に拘れば6が最も強くなる。

そんなもんだと思う。





この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
音楽家、ギタリスト、シンガーソングライター、作曲家、作詞家、作家、聖書研究生、単車乗り、包丁使いのブログ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。