atsuko

工芸、きもの、伝統文化をフィールドに書き手、伝え手として活動していますが、noteでは、プライベートな楽しみとして、ゆっくり長く書き続けていきたいと思っています。
    • 父の小父さん
      父の小父さん
      • 30本

父の小父さん 作家・尾崎一雄と父のこと 30

二〇二〇年、令和二年という年は、新型肺炎COVID-19に明け暮れました。文明が高度に進んだかに見えた私たち人類の非力を見せつけられ、身を護り、心折れず、生き抜く術を試…

父の小父さん 作家・尾崎一雄と父のこと 29

この二月、私は父の住む家の隣へと引っ越ししました。もともとは父が営んでいたハンドバッグ製造会社の建物で、木造モルタルの築五十年超の家をリフォームして住んでいます…

父の小父さん 作家・尾崎一雄と父のこと 28

尾崎さんの『大吉の籤』という作品に、父が独立して仕事を始めた頃のことが書かれています。大体の作品では山下昌久君、と本名で登場する父でしたが、この作品は例外的に仮…

父の小父さん 作家・尾崎一雄と父のこと 27

 私の誕生日と両親の結婚記念日は、同じ五月二十一日です。結婚してちょうど一年後に生まれたのが私でした。だから母とは、「お誕生日おめでとう」「結婚記念日おめでとう…

父の小父さん 作家・尾崎一雄と父のこと 26

 現代に生きる私たちにとって、お金はなくてはならないものです。このお金は、時に人を助け、時に人を破滅もさせます。作家の尾崎一雄さんは、若い頃に父親の遺産を使い果…

父の小父さん 作家・尾崎一雄と父のこと 25

神奈川県の小田原にある「小田原文学館」には、尾崎一雄さんの書斎が移築されています。他にも、大量の蔵書や関連資料が松枝夫人からの寄贈により保管されています。父の書…