冬の森の朝
見出し画像

冬の森の朝

naomi

一年の中で雪の降り積もる季節が一番好きだ。
私の住む地域は北海道の中でも雪が少ないが、ようやく積雪が増してきた。

画像1

今朝、玄関から歩き出すと、「ぎゅっ、ぎゅっ」と乾いた雪の音が足元から聞こえてきた。
さっそく森へ出かける。

画像2

植物屋の人からすれば、植物が枯れてしまう秋や冬よりも、春や夏の方が断然良いと言うだろう。

画像3

私も植物をメインに自然観察をするから、それはよく分かるし、いろんな植物が観察できる春夏は確かに楽しい。でも、そうした利益や目的を差し置いて、純粋な「好き」という気持ちが冬は先行する。

画像4

そんな私は真の植物屋じゃない、あるいは半端者なのかもしれない。
それでも、好きなものは好きなのだ。理屈じゃない。

画像5

冬の森なんて寒いし何もない?そんなことはない。
雪はあらゆるものを覆い隠し、

画像6

何てことないものを芸術的に見せてしまう。

画像7

スノーシュー(雪上歩行するための道具、西洋版かんじき)を履いて森へ入ると、どこまでも歩いて行きたくなる。

画像8

雪や氷が作り出す美しさに見とれ足をとめることもあれば、

画像9

そこに住まう生き物の生活に想像を働かせることもある。

画像10

時折姿を現す鳥たちに、検分されるのもまた楽しい。

画像11

こんなにもたくさん夢中になれるものがある。
さあ、雪降る森へ出かけよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくれてありがとうございます!
naomi
北海道の色んなエリアで自然観察オタクをしています。 自然の中に身を置いた時に感じる内面的な部分を文章で表現してみました。 気の向くまま、飾らぬままに書き綴るので、個性丸出しになりますが、よろしければお立ち寄りください。 webサイト→www.ng-cocowa.com