数値結果から具体的なアクションを起こす方法とは? その③購買率をアップさせる
見出し画像

数値結果から具体的なアクションを起こす方法とは? その③購買率をアップさせる

前回の記事で、『入店客数をアップさせる』ための具体的なアクションについて書きました。


売り上げは図のように分解することができます

客数(購買客数)は入店客数✖購買率に分解できますね。

今日はその、購買率をアップさせる方法について書きたいと思います。

・・・って、なんだか固い言い回しですが、中身は優しい(カンタン)ので続けて読んでみてね!

購買率を改善させるには?


購買率(買い上げ率、とも呼ばれています)をアップさせることができると、入店客数が増えなくても客数(購買客数)は増えます。

お店に入っていらっしゃる人数は変わらないのに、売り上げはアップする、ということですね。

店前の通行客数がなかなか増えない今、購買率は大事な着目点なのです。


この続きをみるには

この続き: 1,093文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
売上を客数、客単価というふうに分解して見えてきた数値結果。そこから具体的にVMDの打ち手に移すためのノウハウが書かれています。売上を改善する具体的なアクションを学びたい方におすすめします!店頭スタッフ、VMD担当者、スーパーバイザーの方におすすめです。

売上は購買客数✕客単価に分解できます。購買客数は入店客数✕購買率に分解できます。客単価は一点単価✕セット率に分解できます。こんなふうに分解…

または、記事単体で購入する

数値結果から具体的なアクションを起こす方法とは? その③購買率をアップさせる

藤井雅範/VMDコンサルタント

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
藤井雅範/VMDコンサルタント

頂いたサポートは行動範囲を広げることに使わせていただきます。それによって読む人に役立つ記事を書いていきますね。 いつもありがとうございます!

気に入ってくださり、ありがとうございます!
リアル店舗の売上をアップさせるコンサルタントですVMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)の専門職として株式会社ワールドで約29年、独立して5年リアル店舗のコンサルティング、セミナーを行っていますカレーとうどんが好きhttps://vmd-lighthouse.com/