和合亮一

詩人 「未来の祀り」/М×М×TOKYO 発起人  毎日新聞・共同通信・産経新聞・河北新報・福島民報新聞や雑誌などに連載中  ラジオパーソナリティー(RFC、KBS、HBC) 新作随時掲載中 → http://wago2828.com

雨がやさしさを降らせているままに

雨がやさしさを降らせているままに空は目を閉じて わたしはずっと話しつづけたいのに 風がこの部屋を出ていってから ずっと独りぼっちで 世界をつつみこむような 孤独…

野原でそっと揺れている木は孤独だ

野原でそっと揺れている木は孤独だ、風は手のひらと葉裏とを連れてくる、いろんな寂しさが吹かれている、静寂の音楽が高鳴ると、見えない四本足が、しなやかに駆け抜けてい…

お知らせです

和合亮一オフィシャルホームページ ほぼ2年ぶりに 更新いたしました 書き下ろしエッセイ「本棚の前で話しませんか」を新作24本(!)と ショートエッセイセレクショ…

歌でも歌いたいところなんだけど

歌でも 歌いたい ところなんだけど  窓にもたれて  夜が更けていくのに  まかせて  口笛を吹いてみる  心の中で  ずっと  風が吹いているから  口をすぼめて  息…

ナイフ

さびしさは 果物の内側にある  それを探し当てたくて  わたしはナイフを入れる  甘い果肉も  したたる汁も  いらない  たった一個の  泣きたくなるような …

風が吹くのを待つのではない こちらから吹かせるのだ 
告知 ふくしまからこえをあげる 「未来の祀り」 
8月27日(土)午後1時から 福島市 本法寺にて
詳細 http://www.mirainomatsuri-fukushima.jp/