見出し画像

人間と遊ぶことを楽しんでいる人魚たち

【人間と遊ぶことを楽しんでいる人魚たち】

「やっと水面に近づいてきたね」

僕は君に言った。

「そうだな、あと少しで人間を引きずり込むことできる」

君は人間に会えるのを期待していた。


「まったく悪い顔してる。人間さんを驚かしてはだめだよ」

にやりとする君に注意した。

「別にいいじゃないか」

君は注意を受け流し泳ぐ。

「良くない。君のせいで溺れちゃう人間さんもいるんだから」

僕はもう一度注意をした。

「バ、バランスを崩すのが悪い」

笑いながら君は言った。

「もう、沈んだら危ないんだから。いつも助ける身にもなってよ」

毎度、助けていることを僕は言った。


「優しいお前がいるから、驚かすんだ」

君は自分勝手なこと言っっていた。

「理不尽なことを…」

僕は頬を膨らませた。

ここから先は

629字
この記事のみ ¥ 100
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?