見出し画像

沈むあなたに一目惚れする人魚

【沈むあなたに一目惚れする人魚】

「ねぇ、ねぇ。…聞こえないのかしら…」

「ねぇ起きて、あなた人間なの?」

寝ている人間をツンツンして息しているか確認した。


「ん…ゲホッ、ゲホッ。ここは?」

息を吹き返した人間は咳をしながら、苦しそうに場所を聞いてきた。

「聞いてるのはこっちよ、あなた人間なの?」

私は背中をポンポンと押してあげながら、もう一度聞いた。

「そう、だけど。君は?」

人間はコクンと頷き答えた。

「初めて見る人間だわ。私は人魚よ、この姿見たらわかるでしょ」

私は感動しつつ、人間の周囲を尾ひれをひらひらさせて見せた。

「私も初めて見るよ人魚は。って、何で息ができているの?」

私を見ながら、人間は水の中にいることを実感していた。


「息が出るのは当然よ。私の一部をあなたにあげたんですもの」

腰に手を当てて、えっへんと自慢げに話した。

「どういうこと。私は、人魚になってしまうの?」

よく分からないけど、人間は不安になっていた。

「すごく少量の人魚の息を与えただけで、あなたは人間のままよ。」

納得させるよう、私がしたこと人間でいれるよう話した。

「よかった。人間のままなら安心ね」

胸に手を当てて安心していた。

ここから先は

898字
この記事のみ ¥ 100
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?