見出し画像

出版不況は既に終わった? ベストセラー編集者の驚異的な仕事内容

みなさまいつもありがとうございます。

高美濃四間です。


みなさんは、『多動力』という書籍を知っていますか? 『メモの魔力』という書籍を知っていますか?

聞くまでもないですかね?

では著者は誰か知っていますか?


……これも多くの方がご存知かと思います。

では、編集者は?


………………今回はビジネス書で数々のベストセラーを生み出してきた幻冬舎の編集者について、ご紹介します。


その編集者の方が言うには、出版不況は既に終わっていて、本を売るという事業を出版社が担うことが厳しくなっているだけだそうです。そして、本を売ること自体はイージーであるとも。


この記事を読めば、出版不況に対する不安は杞憂だと気付くはずですので、お見逃しなく!


出版の不況はもう終わった? ベストセラー編集者の驚異的な仕事内容

・ホリエモンの『多動力』32万部

・佐藤航陽の『お金2.0』 21万部

・落合陽一の『日本再興戦略』14万部


数々のベストセラーが生まれたその影にいた編集者とは……『箕輪厚介』氏です。


彼は、幻冬舎のいち編集者でありながら数々のベストセラーを生み出し、今ではNews picks booksの編集長、CAMPFIREと幻冬舎の共同出資会社の『エクソダス』の取締役など様々な肩書を持つ凄腕の編集者なのです。


経歴

・早稲田大学卒業後、双葉社に入社

・双葉社では広告営業として四年間、商品開発やイベントの企画運営などにたずさわる。

・その後、編集者となり双葉社にいながら幻冬舎の社長『見城徹』の書籍『たった一人の熱狂』を出版

・双葉社から幻冬舎へ移る

・その後も、『多動力』『お金2.0』『日本再興戦略』などの編集担当として、数々の大ヒットを生み出す。

・「NewsPicksアカデミア」を立ち上げ「NewsPicksBook」を創刊

・今では幻冬舎の編集者でありながらコンサルティングや株式会社エクソダスの取締役、オンラインサロン『箕輪編集室』の主宰など幅広く活躍している。


また、数々のベストセラーの編集担当をしてきた箕輪氏ですが、自身の著書『死ぬこと以外かすり傷』でも10万部を軽く突破し、その凄まじい実力を証明しています。


ざっと見てとんでもない編集者ですね(汗

しかも年商1.3億らしいので、サラリーマンに希望を与えてくれます(笑


出版不況は既に終わった

出版不況と呼ばれているこの時代に数々の大ヒットを生み出す箕輪氏。

しかし彼は、とある番組で言っていました。

続きはブログでお楽しみください!


今回は以上です。

それではまた!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
ウェブ小説でSFランキング1位、短編のコンテスト入賞などを経験した、作家としてのマーケティング・ライティング手法を書いています↓ https://syosetsusyo.blog/2020/05/17/shosetsukotsu/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。