無題

竜切り華五郎の余生と今後

 通り一遍の出会いと別れがあり、二月ばかりの月日が過ぎた。特に変わったことはない。午前7時に起き、午後11時に眠る。竜を切ろうが都を守ろうが生活様式にずれはない。細やかな変化をあげるなら、職を辞したことだろうか。大したことではない。仕事の時間に別のものが代入されただけだ。重要なのは枠組みであり内実に大きな意味はない。たとえば今日の来客対応も、植木の世話と置換されたものでしかない。

「華五郎殿にとってつらい知らせになりますが」

 役人を名乗る男は、恐る恐る切り出した。

「遠当ての小三次殿が亡くなりました」

 沈黙。ショックを受けたからではない。誰だか思い出せなかったからだ。

「この国にとってもダメージです。貴公を筆頭に、竜切りの五剣士はまさに宝。民たちの心の拠り所でもあり……」

 ああ、あいつか。「竜の呪いか」

「恐らくは。ただ奇妙な点もあるのです。呪殺とは通常、生前の力をもって行われるもの。竜であれば雷か爪か牙。しかし、小三次殿の遺骸は袈裟懸けに切り伏せ」

 剪定用の大鋏で役人の首を一文字に裂いた。なるほど、あいつは仲間だったか。先日、都に遠征した際に話しかけてきた不審な男。不審だったので切り伏せた。申し訳ないことをした。すっかり忘れていたのだ。

 役人の遺体を踏み越え玄関から外を覗くと、籠持ちが二人あくびをしていた。大鋏を一人に投げつけ、残る一人に組み付いた。体術、剣術、簡単なものだ。状況に対してスピーディに判断を下し、肉体をその通りに動かす。その過程の淀みを限りなくさらう。それだけのことが何故か皆できない。竜を殺すも人を殺すも同じだろうに。

 籠持ちの首をへし折りながら次の手立てを考える。小三次の件、役人はともかく、仲間はすぐに気づくだろう。それまでに殺さねばならない。問題は、残る三人の顔と名前も忘れてしまったことだ。それを思い出すのは、おそらく奴らを殺すことよりもはるかに難しいだろう。

【続く】

26
ダイハードテイルズ作品購読用及び忍殺感想用アカウントとして作成しましたが現時点では色々です。

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2019
逆噴射小説大賞2019
  • 30本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。