録音家・西沢拓朗|UltraLight Recording

“機械” を減らし “機会” を増やすを信条に「UltraLight Recording」を提唱、バックパックやキャリーケースで、コンサートホールから山岳地帯まで録音に赴きます。お仕事のご相談は→ https://486recordings.com/contact/

録音家・西沢拓朗|UltraLight Recording

“機械” を減らし “機会” を増やすを信条に「UltraLight Recording」を提唱、バックパックやキャリーケースで、コンサートホールから山岳地帯まで録音に赴きます。お仕事のご相談は→ https://486recordings.com/contact/

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    わたしの “お品書き”

    ホームページには通り一遍のことが載ってますが、note にはもう少し掘り下げて「何ができるの?」「どんなことが好きなの?」を自己紹介がてら記しておきますね。 1.主軸は「オーケストラや室内楽の録音」キャリアをスタートしたのはスタジオだったのですが、とあるCDの録音に衝撃を受けて、そのレコーディング・エンジニア(バランス・エンジニア)に弟子入りしたんです。サイトウ・キネン・フェスティバル(現:セイジ・オザワ松本フェスティバル)の現場では、アナログ・ミキサーを2、3台並べて、多

    スキ
    27
      • 信越トレイル・110km スルーハイク 現地で入手した情報等まとめ(2022年・夏)

        出発前は動画にまとめる気持ちもあったのですが、「歩く前に多くを知ってしまうのはもったいない」と思い直し、役立ちそうな最低限の情報を、旅程をたどりながらお伝えします! 併せて、過去記事をかんたんに振り返ってみました。 Day-0(7月12日) 苗場山頂(ヒュッテ)にアプローチ 越後湯沢駅下車。改札内コンビニの営業時間は10時〜20時ですが、改札外のコンビニは10時より前から営業しているのでご安心を。ただ、湯沢の名産品が集まる「がんきどおり・中央いちば」も10時からの営業なので

        スキ
        3
        • 信越トレイル、持ってきて良かったもの Best 5(テントサイトで暇だから更新)

          夕方着予定が昼過ぎに着いてしまった桂池テントサイト。ボーッとするのにも飽きてきたので、テント内で記事をひとつ。 Best-1ファイントラックのピコシェルター 初日の苗場山では豪雨時にビバークできたし、雨が降ればザック丸ごと覆えるポンチョになるし、路面がぬかるんでいてもこれを敷けば、気兼ねなくザックをおろして休憩できた。とくに、ポンチョは前を開けておけば通気性抜群で、蒸し暑い時期にピッタリ。 Best-2サンデーアフタヌーンのアドベンチャーハット 暑さはもちろんのこと小

          スキ
          2
          • 【信越トレイル・準備その4】 パッキング動画と、持ち物リスト

            この動画の補足として、あれこれ書き足しておきます。 パッキング動画こちら 50分もありますが、役に立ちそうなことなど喋っていませんし、2倍速くらいで観ていただくのが良いかと(笑) 装備・道具Gossamer Gear / Kumo36 OMM / Chest Pod(Kumo36 に外付け) paagoworks / PATHFINDER(サコッシュ的に) oxtos / スタッフバッグ 小(アルコールストーブ一式) oxtos / スタッフバッグ 大(食糧をまとめる)

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • 「記録録音」を、「より伝わる音」にする。

              記録録音とはYouTube で演奏会やコンサートの動画をみていると、「この音、マスタリングしたらもっと伝わるのにな……」と感じることが度々あります。 特に公共のホールでは「マイクの影が出るから」「見た目に邪魔だから」などといった理由から、理想からかけ離れた(高い)位置にマイクロフォンが設置される傾向にあり、バランスの崩れた録音になってしまいます。 また、口笛のリサイタルから和太鼓の演奏会まで、どんな催し物が来ても “歪まない” よう、録音レベルをかなり控えめにしていたりも

              スキ
              1
              • 「32bit float で歪まない」ってのは助かるなぁと思うけど、正直「まあこんなもんでいいか」という精神状態にもなるわな。「真剣勝負の凄み」みたいな境地からわずかでも遠ざかる気がするんですわ。

                スキ
                1
                • 【信越トレイル・準備その3】 旅程を組む

                  信越トレイルを歩く7月も目前、旅程について確認がてら記しておきます。 まず、110km を何日かけて歩くのかは、信越トレイルのガイドブックにある目安「8泊9日」としました。いつもの登山ペースを考えると5泊くらいでスルーハイクできそうな気がするのですが、フィールド・レコーディングもしたいし、何よりノンビリ歩きたいな、と。 旅程を組むにあたり食糧計画も欠かせないので、簡単な表を作りました。メモの体裁で恐縮ですが載せておきますね。 宿とテントサイト・Day-0 苗場山頂ヒュッ

                  スキ
                  6
                  • Listening Journey 旅と人がつなぐ、音風景や音楽。

                    以下、チャンネルの概要欄より 産声をあげたばかりのYouTubeチャンネルです。将来的には、「旅をしながら、各地で出会った音風景や音楽をお届け」できたらいいなあと思っています。 例えば、長野県に滞在していたら「隣県の新潟に面白い音楽家がいるよ」と教えてもらったり、出演者さんが “次の方” を紹介してくれたり……そんな風に旅を続けながら、「限られた人しか体験できない音楽や音風景を多くの方にお伝えできるチャンネルにしたい」と妄想しています。今は旅を続けられないので、まずは東

                    スキ
                    2
                    • 再生

                      約200g【iPhone + DPA MMA-A】ULレコーディングに最適! MMA-A 専用アプリの使い方もざっくりご紹介します。

                      「フィールド・レコーディング機材を軽量化したい」という思いから始まった様々な試み…… 「頭にマイクロフォンをつけてみたけど、夏はツラそう」 https://youtu.be/TcHrX0AspG4 https://youtu.be/nGdZd_pdA-8 「ZOOM F6 は案外重い。なら、 F3 に買いかえる? 軽くはなるけど、機能が似たものを買うのも芸がないかぁ」 「そうか、サコッシュに収まったら楽だろうなぁ……」 というわけで、最新機材ではありませんが、DPA「MMA-A」を組み込んだシステムをご紹介します。 これで、信越トレイルを歩くつもりです! ★製品紹介 ▶オーディオIF:DPA「MMA-A」 https://www.dpamicrophones.com/accessories/mma-a-digital-audio-interface ▶サコッシュ:パーゴワークス「パスファインダー」 https://www.paagoworks.com/product/pathfinder-3/ ▶録音アプリ:南野潤一さん開発の「オーディオ・レコーダー」 https://www.dtmstation.com/archives/25154.html ※動画中で「96kHzまで対応しているアプリ」と喋っていますが、「オーディオ・レコーダー」自体は 192kHz まで対応しています。MMA-A の上限が、96kHz です。

                      スキ
                      3
                      • 三条の湯でテント泊

                        今年初めてのテント泊は、三条の湯。いろいろとやりたいことがあったのです。 三条の湯につかる zpacks テントを試す 信越トレイル用食事メニューの過不足を見いだす 等々、盛りだくさん。 コースタイム林道のピストンでしたので、書くまでもないのですが一応。行き3時間、帰り2時間半。 初日 0845 奥多摩駅より鴨沢西行きバス 0923 鴨沢西着、ここから歩き 1220 三条の湯着 入浴タイムテーブルの写真載せておきます。交代制でしたが、混雑時は風呂が2箇所にわかれ

                        • 再生

                          信越トレイルを想定したパッキングで、予行演習「三条の湯テント泊」。そして、Kumo 36 拡張のあれこれ! のんびり詰め込みます、倍速でどうぞ〜♪

                          夏の信越トレイルに向けて、食事のシミュレーションがてら「三条の湯」でテント泊。信越トレイルを想定したパッキングで、過不足を検証してきます。この動画は、パッキングのみとなります。 ▶併せてどうぞ note記事【信越トレイル・準備その2】 必要な食糧の量は? https://note.com/486/n/n5c932b7e6ea5

                          スキ
                          1
                          • 【信越トレイル・準備その2】 必要な食糧の量は?

                            初めてのロングトレイルゆえ、いったいどれくらいの食糧を持って行けばいいのか見当がつきません。2泊程度ならテキトーに準備しても何とかなりますが、一週間以上となると過不足なく用意したいところです。 そこで、三条の湯でテント泊がてら、信越トレイルの食事シミュレーションをすることにしました。 朝100g、昼250g、夜150g何の本で読んだか忘れてしまったのですが「朝100g、昼250g、夜150g」という目安があるようで、まずはこれに習って用意してみます。 朝100g 朝は

                            スキ
                            2
                            • ソーヤーミニ(SAWYER Mini)、注射器のかわりに……

                              ロングトレイルや長距離ハイキングに欠かせない「携帯浄水器」。その代名詞的存在といえば「ソーヤーミニ(SAWYER Mini)」ですが、フィルターの清掃には付属の注射器を使うことになっています。 ところが、少しでも荷物を減らしたいハイカーにとって、出番が少なく用途も限られる注射器は、どちらかといえば邪魔な存在です(よね?)。 そこで、ペットボトルのキャップに穴を開け、注射器のかわりとして使うことにしました。 この時、ソーヤーの先端(水の出口)が少しすぼまっているので、径が

                              スキ
                              3
                              • 再生

                                【トレッキングポール】安い・軽い・シンプル【Wild Spirits】ULアイテム

                                / 人柱になりました \ 「Wild Spirits」のトレッキングポールは、安い・軽い・シンプルと、三拍子揃った ULアイテム。amazon レビュー少なく、人柱となって購入してみました。 最軽量クラスのトレッキングポールといえば、ゴッサマーギア(Gossamer Gear)が真っ先に思いつきますが、お値段なんと3万5千円超(動画内では間違えて、2万5千円くらいと言っています)。 対する「Wild Spirits」のカーボン・トレッキングポールは、ゴッサマーギアほど軽くないものの、7980円(税込)と破格のお値段ながら 2本で400g を切ります。しかも、安価な製品では珍しいシンプルなデザイン。 買うなら、値上がりしないうちに!

                                スキ
                                2
                                • 比叡山ハイキング 〜 修学院から延暦寺へ。行者道を歩く

                                  「出張のついで、比叡山に登れるかも!」 と、仕事道具と最低限の登山用品をもって京都へ。 下記サイトから(3)の行者道コースを選んでおきました。 仕事はつつがなく進み、晴れてオフ日が出現! めでたく比叡山登山が叶いました。コンビニで適当な行動食を買い、出発です。 雲母坂と書いて「きらら坂」と読みます比叡電鉄、修学院駅にて下車。無人駅のため、列車先頭のトビラから降りることになります。コースについては上記のサイトにゆずるとして、しばらく歩くと「雲母坂 入口」の道しるべ。これ、

                                  スキ
                                  2
                                  • ワンポイントで録ろうと思っていたけど、取りやめた理由

                                    録音を担当した作品(CD)が、もうすぐ発売となります。 大城みほさん(ソプラノ)と大谷環さん(ギター)による、『SOAR~天に遊ぶ』です。たしかコロナ禍の影響で収録が1年ほど延期になって、当初は「ワンポイントで挑戦しましょう!」と言っていたんです。 ワンポイントで録ろうと思ったけど、取りやめた理由それはですね……アーティスト(おふたり)が、「今すぐ録りたいオーラ」を放っていたから。 近江楽堂は、まともに会話できないくらい響く空間なので、ワンポイントで録るには試行錯誤が必

                                    スキ
                                    3