録音家・西沢拓朗|UltraLight Recording

“機械” を減らし “機会” を増やすを信条に「UltraLight Recording」を提唱、バックパックやキャリーケースで、コンサートホールから山岳地帯まで録音に赴きます。お仕事のご相談は→ https://486recordings.com/contact/

録音家・西沢拓朗|UltraLight Recording

“機械” を減らし “機会” を増やすを信条に「UltraLight Recording」を提唱、バックパックやキャリーケースで、コンサートホールから山岳地帯まで録音に赴きます。お仕事のご相談は→ https://486recordings.com/contact/

    マガジン

    山行記録

    すべて見る

    【大菩薩嶺】 介山荘レポ 2022.9.21-22

    超巨大な台風14号が温帯低気圧に変わったタイミングで、大菩薩嶺の介山荘を目指しました。満天の星と日の出を求めていたのですが……まあ、察してください。 初の登山系YouTube動画を撮影したのが2021年の秋。塩山駅に降り立つのは、その時以来となります。 塩山駅からバスで大菩薩峠登山口へ。バス停横の番屋茶屋さんに、美味しそうなシャインマスカットが!!! 食べながら歩こうと一房購入。なんと600円! 昼頃にロッヂ長兵衛着。お昼ごはんをいただきます。 ほろほろのナスに天かす

    スキ
    1

    雲取山テント泊 2022.9.12-13

    編集つづきでアトリエに籠りがちだったので、気分転換に雲取山へ。ふりかえると、昨年も同じ頃に登ってテン泊していたのか…… せっかくならばと、今回は三峯側から。録音機材もないし、ダブルウォールだったテントもシングルウォールになっているし、荷物はだいぶ軽くなっているはず。 0859 西武秩父駅 着 ★バス停に並ぶも、すでに長蛇の列。平日だよ??? 0910 バス出発(途中から何とか座れた) 1025 三峯神社 着 1040 登山開始(登山にしては、やや遅めの出発かな?) 15

    スキ
    5

    信越トレイル・110km スルーハイク 現地で入手した情報等まとめ(2022年・夏)

    出発前は動画にまとめる気持ちもあったのですが、「歩く前に多くを知ってしまうのはもったいない」と思い直し、役立ちそうな最低限の情報を、旅程をたどりながらお伝えします! 併せて、過去記事をかんたんに振り返ってみました。 Day-0(7月12日) 苗場山頂(ヒュッテ)にアプローチ 越後湯沢駅下車。改札内コンビニの営業時間は10時〜20時ですが、改札外のコンビニは10時より前から営業しているのでご安心を。ただ、湯沢の名産品が集まる「がんきどおり・中央いちば」も10時からの営業なので

    スキ
    5

    信越トレイル、持ってきて良かったもの Best 5(テントサイトで暇だから更新)

    夕方着予定が昼過ぎに着いてしまった桂池テントサイト。ボーッとするのにも飽きてきたので、テント内で記事をひとつ。 Best-1ファイントラックのピコシェルター 初日の苗場山では豪雨時にビバークできたし、雨が降ればザック丸ごと覆えるポンチョになるし、路面がぬかるんでいてもこれを敷けば、気兼ねなくザックをおろして休憩できた。とくに、ポンチョは前を開けておけば通気性抜群で、蒸し暑い時期にピッタリ。 Best-2サンデーアフタヌーンのアドベンチャーハット 暑さはもちろんのこと小

    スキ
    2

    ナレーション収録 コンプレッサーの設定

    ナレーションの宅録を始めて、なんとか機材も揃えたとして、 「さて、このプラグインとやらはどう使うのだ?」 という壁があるかと思います。 ナレーションの整音で使う2大プラグインは、コンプレッサーとEQ。 今回は、コンプレッサーのおすすめ設定を、ズバリ書きます。 ※朗読やナレーションを想定しています。歌の場合はちょっと異なります。 アタックタイム→ 10ms リリースタイム→ 100ms レシオ→ 3:1 〜 8:1(目安) スレッショルド→ リダクション値が、-

    スキ
    2
    有料
    280

    「記録録音」を、「より伝わる音」にする。

    記録録音とはYouTube で演奏会やコンサートの動画をみていると、「この音、マスタリングしたらもっと伝わるのにな……」と感じることが度々あります。 特に公共のホールでは「マイクの影が出るから」「見た目に邪魔だから」などといった理由から、理想からかけ離れた(高い)位置にマイクロフォンが設置される傾向にあり、バランスの崩れた録音になってしまいます。 また、口笛のリサイタルから和太鼓の演奏会まで、どんな催し物が来ても “歪まない” よう、録音レベルをかなり控えめにしていたりも

    スキ
    1

    Listening Journey 旅と人がつなぐ、音風景や音楽。

    以下、チャンネルの概要欄より 産声をあげたばかりのYouTubeチャンネルです。将来的には、「旅をしながら、各地で出会った音風景や音楽をお届け」できたらいいなあと思っています。 例えば、長野県に滞在していたら「隣県の新潟に面白い音楽家がいるよ」と教えてもらったり、出演者さんが “次の方” を紹介してくれたり……そんな風に旅を続けながら、「限られた人しか体験できない音楽や音風景を多くの方にお伝えできるチャンネルにしたい」と妄想しています。今は旅を続けられないので、まずは東

    スキ
    2
    再生

    約200g【iPhone + DPA MMA-A】ULレコーディングに最適! MMA-A 専用アプリの使い方もざっくりご紹介します。

    「フィールド・レコーディング機材を軽量化したい」という思いから始まった様々な試み…… 「頭にマイクロフォンをつけてみたけど、夏はツラそう」 https://youtu.be/TcHrX0AspG4 https://youtu.be/nGdZd_pdA-8 「ZOOM F6 は案外重い。なら、 F3 に買いかえる? 軽くはなるけど、機能が似たものを買うのも芸がないかぁ」 「そうか、サコッシュに収まったら楽だろうなぁ……」 というわけで、最新機材ではありませんが、DPA「MMA-A」を組み込んだシステムをご紹介します。 これで、信越トレイルを歩くつもりです! ★製品紹介 ▶オーディオIF:DPA「MMA-A」 https://www.dpamicrophones.com/accessories/mma-a-digital-audio-interface ▶サコッシュ:パーゴワークス「パスファインダー」 https://www.paagoworks.com/product/pathfinder-3/ ▶録音アプリ:南野潤一さん開発の「オーディオ・レコーダー」 https://www.dtmstation.com/archives/25154.html ※動画中で「96kHzまで対応しているアプリ」と喋っていますが、「オーディオ・レコーダー」自体は 192kHz まで対応しています。MMA-A の上限が、96kHz です。

    スキ
    4
    再生

    保温ボトルと「牛乳パック片」を使って、ドリップコーヒーを淹れる方法【牛乳パックMYOG】

    #ドリップコーヒー #山専ボトル #牛乳パック #MYOG #野良コーヒー #山コーヒー #キャンプ #登山 #ロングトレイル #ハイキング

    再生

    Zpacks「Duplex Tent」の張り綱にひと工夫。これでペグが抜けなくなります。

    もちろん、他のテント等にも使えます!

    スキ
    1

    『ほどよい量をつくる』

    頭の中でグルグル考えていることを改めて整理してくれた、甲斐かおりさんの一冊。 「クルミドコーヒー」(系の話)をご存知の方なら目新しい内容ではないかと思いますが、いろんな事例が載っているので、 今の身の回りの状況に当てはめたらどうなるだろう? と刺激をもらいました。 「“ほどよい量” のコンサート配信」ってどんなだろう?私は仕事で、オーケストラや室内楽の収録・配信に携わっています。でも時々考えるんです。 「この配信は、ほどよい量なのだろうか?」 演奏会(ライブ)は、

    スキ
    2

    どんなマスクを使っていますか?

    いま使っているのは、ドラッグストア等で概ね700円前後で売っている50枚入り不織布マスク。「不織布」「安い」を条件に、特にこだわることもなく購入していました。ところが、こんなニュースが飛び込んできたのです。 ううむ……この心意気、買わねばなるまい。 今使っているマスク、とにかく息苦しくメガネが曇るんです。ショウワさんのマスクは高価だけど快適だろうし、微力ながら雇用を支えることに繋がるのなら……そんなことを思って、買ってみることにしました。 そうはいっても、50枚入りでは

    スキ
    3