見出し画像

楽しくないのに笑顔を見せてはいないかい

喜怒哀楽は誰しもが持ち合わせている「感情」。

感情のコントロールができずに、表面にすぐ出してしまうのは「素敵なオトナ」とは言えないかもしれない。

ただ、心の中の感情に素直に従うことができないことも「素敵なオトナ」とは言えないかもしれない。

自身を取り繕って立ち振る舞った結果が、自分にとって良いものでない時に、いかんともしがたい喪失感や絶望感に苛まされる。

これって、多分「自分にウソをついている」からじゃないかな。

ありのままの自分で他人や物事と対峙していないから、「頑張って良い人を演じたのにどうしてこうなる」という気持ちになっていることに気付いた。

そして、そのことは人や物事の対象にとって失礼な対応であることも知った。

自分をよく見せよう。
好きになってもらおう。

こんな浅はかなことを考えて、取り繕って自身を保つことが出来ずに嫌われる。人が離れていく。もしくは、自身がいたたまれなくなって立ち去ることを選んできた。

楽しくないのに笑ってなんかいられない。ヘラヘラしているのは、薄っぺらい自分を隠したいから。本当の自分を見てほしくないから。

自分に自信が持てない

総じて考えてみると、結局は「自己肯定の低さ」や「自分に自信が持てない」ところが問題であるのかもしれない。

成功体験が乏しいので、魅力的なコンテンツを生み出すことができないとうつむきがちになっていたが、自分には何があるんだろうと考えてみた時に、失敗や挫折の体験はたくさんあるなと思った。

なんだ、「たくさんあるんじゃん」。

失敗や挫折をおもしろおかしく笑ってもらえるようなコンテンツを発信すること。そして、同じような境遇にいて悩んだり落ち込んだりしている人に「自分もできるかも」って、勇気を与えることができたら嬉しい。

こっ恥ずかしくて、自分の心の奥底にしまっていた失敗や挫折の数々。本当に、だっせー人生。

ダサくても必死にもがいてここまで生きてきた。生かされてきたのかもしれないね。

バカにされても、笑ってくれたらそれでいいんじゃない。小さな頃からバカなことやって人の笑顔を見るのが好きだった。

大人になって「バカ」と言われることに、なんだか屈辱や劣等感を持つようになってしまって賢いフリしてニコニコしてた。

そっちの方が「だっせー人生」だわ。

「バカ」って最高のエンターテイメントであり、いま求められているコンテンツなのかもしれないね。

バカやるのにいろいろな肩書きって邪魔になっちゃうよなあ。身の振り方、考えなくちゃ。


それでは、今回はここまで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。励みになります。
20
2016年にフリーライターとして独立したパラレルワーカー。よいなと思うモノ、いいなと思うコト。→https://417ena.net

こちらでもピックアップされています

あしかのエッセイ
あしかのエッセイ
  • 87本

くだらないことばかり書いています。気が向いたら読んでみてください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。