見出し画像

Free Your Mind - 心を解き放て

4月もあと5日で終わりだ。2017年も1/3が過ぎようとしている。もう少し行動する速度を上げていきたい。

ある程度アイデアを思いついたら、とりあえず少しずつでもいいので行動に移していかないと、あれやこれやと考える余地が生まれてしまう。

行動すれば結果が出る。

行動に対する期待値を下げて、動き始めなくてはならない。

準備が整ってからとか、今やっていることが終わったらとか言うのは、今すぐ動き出したくないために作り上げた幻想だ。

人は本来、怠けようとするもの。

その先にある景色が見たいなら、足を踏み出す方法以外に何があるのだろうか。


意識を外より内へ

最近、意識を外より内に向けることを心がけるようにしている。

日々、我が身に外からなんらかの刺激(特に不快なものや耐え難いもの)が火の粉のように降りかかってくる。

これらをサラリとかわすか、パパッと手で払いのけるようになりたい。

もしくは、かわしもせず、払いのけるでもなく、ただ平然とそこに居続けるようになれたなら何も恐れることはない。

何が来たって恐れることはない。

然して問題ではない。必ず解決できる。


新たな挑戦を始めよう

こんなことを書いているが、毎日少しづつ変化していることを実感している。

そして、新しく始めようと思っていることもある。社会や人の役に立つための企画を練っているところだ。

今は準備中なので、詳しく書けないのがもどかしいのだが、とにかく新たなことにいくつかチャレンジをする。

ひとつ言えることは、ウェブマーケティングやインターネットやサーバーの仕組みについて改めて勉強しなおすということ。

今後、ITやウェブの世界で戦っていこうと思っているのであれば、ここでもう一度基本に立ち返って理解を深める必要がある。

うわべだけの薄っぺらい知識では、デジタルネイティブと呼ばれる世代と会話をすることができなくなってしまうのではないかと危惧している。


マトリックスを観て改めて思う

最近、なんとなく煮詰まっている感じがしたので、映画マトリックスを観た。マトリックスの世界観が好きで、何度も観ている。

マトリックスとは、人間が生み出した人工知能(AI)に支配された仮想現実のこと。

最近、人口知能(AI)についてニュースに取り沙汰されていることで、マトリックスがリリースされた1999年当時よりも、リアルにこの世界観を感じることができる。

実際、「AIがこの世界を作った」とモーフィアスがネオに打ち明けるシーンではゾッとして鳥肌が立ったくらいだ。

主人公のネオは仮想世界では何でもできるはずなのに、心の扉を開けて自分の力を信じることができない間は現実世界と何ら変わらない。

Free Your Mind.

心を解き放った時に、思い込みという心の奴隷から解放される。

ブレーキをかけているのは自分自身。今までの経験や恐怖心が邪魔をしている。我々はどこにだって行けるし、なんでもできるはずなんだ。

登場人物のモーフィアスが発する好きなセリフがある。最後にその言葉を紹介しよう。

「道を知っているということと、実際にその道を歩くことは。別物だ。」


それでは、今日はここまで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。励みになります。
4
2016年にフリーライターとして独立したパラレルワーカー。よいなと思うモノ、いいなと思うコト。→https://417ena.net

この記事が入っているマガジン

あしかのエッセイ
あしかのエッセイ
  • 82本

マガジン名変更しました。くだらないことばかり書いています。気が向いたら読んでみてください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。