見出し画像

通勤の愉しみ〜お宅探訪編〜

電車を降りたあと、テクテク歩いて勤務先まで向かう。歩くスピードはゆっくりな方だ。通りすがりのお宅につい目が行く。

勝手にお宅探訪


PH5の家
ある角を曲ると、20メートルほど先にその家は見える。ぐるりと塀に囲まれており、二階の大きな大きな窓しか目に入らない。そこにルイスポールセンのペンダントライトPH5が灯されている。リビングが二階にあるお宅なのだろう。

画像2

私の心は瞬時にその下にあるであろうテーブル席についている。寒い日ほど、その窓、その灯りは暖かく見えて、テーブルの上が想像できるのだ。ゆらゆらと湯気があがるマグから私はコーヒーを飲む。(妄想)


天気予報の家
13勝37敗くらい。
何のこっちゃ。
と思われるかもしれない。

私は辺境から通勤するため朝早くバタバタと家を出る。そこで天気予報を見ることなく洗濯物を「勘で」軒先または室内に干してくる。心中は、干した洗濯物が帰宅までちゃんと無事であるか、穏やかではない。

木造のその家には深い軒先がある。その家では洗濯物が外に干してある日と干してない日があることに気がついた。朝は雲っていてもその後回復する日は、干してある。天気が午後から崩れる日には干してない。あとから検証するに、その正答率が高いのだ。

画像2

いつもチェックしている訳ではないため、サンプル数は冒頭の数となるけど、
自分がに干した日にこの家もに干してあると
自分がに干した日に、この家が部屋干しだと
自分が部屋干しの日に、この家がに干してあると
自分が部屋干しの日に、この家も部屋干しだと
となる。

家の前を通るときに、その家の人が見たであろう天気予報を洗濯物を通じて受け取ってる。

ぐるっと植木鉢の家

その家は、もう何と言うか、表題のとおりの家だ。

敷地内にもDIY感満載の温室、雛壇状の棚などが隙間なく配置され、その中、その上に、本当に沢山の植物たちが生息している。しかしながら、入りきれなかった植木鉢が道に溢れてきてズラリと並ぶ。

ある意味、壮観。

植物を見て愛でるのは勿論だけど、その家から感じる、生活を楽しんでいるオーラを浴びに行く。

ガーデニングプランナーさん的には破天荒な庭かもしれない。蔓植物はムチャクチャ絡まっているし、地面から区画されず自由な場所にボーボーに草花が生えている。

画像3

その自由きままなライブ感や

楽しんでる感が

好きだ。元気でる!

まとめ

どうしてもリモートワークにならないので、毎日通勤している。
自宅の子どもや配偶者と離れて、勤務先の人間達に接触するまでの間、完全に一人っきりの時間を過ごすのが結構楽しかったりする。(たとえ人に囲まれていても)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

押すとびっくり仰天するよ。スキ♡とコメントも大好物です。

感涙で降雨量が増します!
19
私の中と、 私のすぐ周りのことを書きたい。 生活していくなかで、にじみ出してくる何かを、純度高く抽出して文章にするのが目標。 住まいは辺境。

この記事が入っているマガジン

Just let me say ...
Just let me say ...
  • 16本

一言だけ言わせて。伝えたいことがある。

コメント (7)
ビスコさん
今日はまだ仕事継続中ですが、じんわりと心が暖かくなりました🌟
本当にお疲れ様です…🌸
地中海さんのこの文章から、流れて来たのは「夢の外へ」星野源さんの曲です✨✨不思議なんです🙄
連続で書き込み、失礼しました、また🍀🙏
もうね、「PH5の家」から一気に読み直し😌✨
やっばり好き過ぎて、たまりません!
映像化されたら…なんて妄想してしまう😊🍀
ビスコさんたら!ありがとう😊
私もほんとに一気読みしに行こうって思ってたの。萩原君シリーズ。
大好き過ぎるので❤️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。