見出し画像

自宅のピアノにペン置きをDIYしてみました

妻が「ピアノの練習中にペンを置くところが欲しい」と言うので作ってみました。譜面台の上に置くと邪魔だったり、床に置くものを増やしたくないので台なども置きたくないようです。

簡単でなかなか使いやすくできたと思うのでご紹介します。

用意するもの

【材料】

材料費は100円ショップのセリアとネットで揃えて合計1,000円くらいでした。

・フェイクレザーケース(セリア)

・磁石6個(セリア)

・両面テープ(セリアのものは弱かったので500円くらいの強力なものを買い直しました)

・マスキングテープ(300円くらい)

【道具】

・はさみ

・瞬間接着剤

画像11

マスキングテープで土台をつくります

ここにつけたいと思います。汚れていたらピアノ用ワックスなどできれいにしておくと安心。

画像2

まずはケースをつける場所にマスキングテープを貼ります。マステを土台にすることでピアノに傷がつきづらく、いらなくなったときにも簡単にはがせます。黒いピアノだったら黒いマスキングテープが目立たなくておすすめですが、あえて柄物にするのもおしゃれで良いかも。

画像3

ケースに磁石を接着します

磁石を2つずつ重ねて、片側をケースに瞬間接着剤で接着します。

画像4

画像5

カットした両面テープを磁石に貼り付けて...

画像6

テープのいらない部分をはさみでカット。

画像7

ピアノに貼り付けます

両面テープの剥離紙を剥がしてマスキングテープの上にしっかり押し付けて接着します。

画像8

画像9

しっかり接着できたことが確認できたら完成です!

画像10

磁石なので邪魔なときは外すことができます。(見た目はちょっと気になる...)

画像11

今回は適当な大きさのものを用意するのがめんどうだったので磁石を使用しましたが、ピアノ側は金属製のプレートを貼り付けるのでも良いかもしれません。

使い勝手は上々なようなので、耐久性などは今後つかいながら見ていきたいと思います。

念のための注意点

・古いピアノや木目のピアノなどは、マスキングテープの弱い粘着力でも剥がすときに塗装を痛めることもあります。

・長期間マスキングテープを貼ったままにしておくと塗装が変質することがあります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
ピアノの調律師をやっています。同じく調律師の妻とピアノが好きな文鳥と3人暮らし。 ピアノや仕事について考えたことを書いています。