見出し画像

好きなものは制作者に近いところで触れたほうが良いと思った

ピアノ調律師の書斎

六本木で開催されている「冨樫義博展」
一回目はひとりでゆっくり、友人を誘ってもう一回行ってきました。

幽遊白書、レベルE、HUNTER×HUNTER…
もともと原画展や展覧会が好きで色々と行くのですが、今回は子供の頃から何十回と読んで、台詞まで覚えている漫画たちの原画。

そんな見慣れたページばかりなはずでしたが...原画は、全くの別物でした。

原画を見てはじめて気がつく、重ねて描かれている髪の毛の流れ。手書きで塗りつぶされた暗い背景の濃淡。繊細なシーンの筆の細さ。迫力のシーンのタッチの力強さ。気の遠くなるような書き込みの緻密さ...

印刷された漫画ではわからなかった、描いているときのペンの動きが想像できて「ああ、紙の上に人の手がインクで書いているんだ...」というあたりまえのことを感じました。

グッズの複製原稿

「話おもしろい!」「絵がかっこいい!」とかそんなレベルではなくて、もう全てのページが芸術品でした。何もない白紙の原稿用紙の上に世界を生み出す、この熱量で1枚1枚描いているのかと…見開きだったり大ゴマの「決め」のシーンはもちろんですが、何気ないコマもすごいんです。

もし全部を原画で読んだらどれだけすごいんだろう。作者の表現したいものの一部に触れただけでこの衝撃だったら、パワーに耐えられなくてまともに読めないかもしれません。

原画を見て思うのは、スキャンされて、印刷されることで削られてしまっている情報が相当あるんだなと。

もちろん図録も購入。カタログとしては良いのですが、生の原稿のパワーまでは感じるのは難しい。

生のコンサートと配信、生ピアノと電子ピアノ、現地で見るスポーツの試合とテレビ中継…やはり発信元に実際に近づくほどに感じるパワーは凄まじいものがあります。

この記事が参加している募集

好きな漫画家

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!