見出し画像

シリコンバレーへオンライン留学!_Draper University of Heroes【DAY11】

アメリカシリコンバレー、サン・マテオにあるDraper Universityへ2週間オンライン短期留学した経験、失敗、学びを全て赤裸々に綴っています。

Silicon Valley

2013年から2017年までアメリカ・サンディエゴに留学をしていました。

2014年、右も左もわからないままシリコンバレーへ足を踏み入れた時の感動を写真を見ながら振り返り、今ここで改めて機会を得れたことが不思議だなと思ってnoteを書いています。

画像10

画像7

画像8

画像9

画像11

失敗談5
因みにこの時、唐突に長距離列車「Amtrak」に乗り込みノープランでシリコンバレーへ行きました。財布の中身が寂しいこともあって、ホテルにも止まれず、初めてアメリカ・シリコンバレーで野宿しました☺︎

AirbnbやCouchsurfingの存在を知っていれば、確実に使っていただろうなと今では笑い話しにしています。

Leadership

今回はリーダシップの授業。

突然ですが授業が始まるや否や、皆んなでダンスを踊ることから講義がスタートしました。笑(日本時間は夜中0時)

画像5

画像6

講師は起業家やチームのモチベーションを上げるコーチングを生業とする、GINA KLOESさん。またカリフォルニア州弁護士の顔も持っており、University of California Berkeley校で法務博士も取得されていた、士業の先生でもありました。

シングルマザーとして過去に苦労された経験を活かし、苦難を乗り越えるためのメソッドを教えています。余談ですが友人の御母さんに似ていて、終始笑いが止まりませんでした(笑)

画像5

(Image:GINA KLOES)

世界から起業家が集まるシリコンバレーには、メンターやコーチング、アドバイザーを職業とする方が多いです。常に襲ってくる恐怖、競合の存在、お金の問題など、スタートアップ経営者にはHARD THINGSの波が常に押しかけてきます。

最近ベストセラーとなり注目されている「1兆ドルコーチ」のビル・キャンベル氏は、シリコンバレーで最も偉大なリーダーかもしれません。

「心理的安全性」が潜在能力を引き出す、チームを最適化すれば問題は解決する。Appleのスティーブ・ジョブズ、Googleのエリック・シュミット氏なども、彼のアドバイスからヒントを多く得ていたそうです。

Yon don't choose to be a leader, people choose you

GINA先生の座右の目です。
リーダーは自分自身でなるのではなく、他人が決めるものだと。

80% State, 20% Strategy

人生やプロジェクトを成功に導くための8割は、マインドセット、心理的要素、そして取り組んでいることに対する情熱、そして残りの2割は戦略が占めるとのこと。

画像4

ヴァージン・エアラインの創業者Richard Branson (リチャード・ブランソン)氏も、彼女と親交があったそうです。

画像3


Aristotle
We are what we repeatedly do. Excellence, then is not an act, but a habit.
人間とは物事を繰り返す存在である。したがって、優秀さとは行動そのものによって得られるものではなく、習慣の賜物である。

日々習慣として考えているいること、夢しか実現しない。
常にポジティブ、オプティミスティックであることは、リーダーにとって一番大事なことかもしれません。

To be continue! 続きます!

3割ぐらい何故かダンスしていましたが、GINAさんからは画面越しから多くのエネルギーを得ることができました、ブログ上から感謝申し上げます!

学んだこと、失敗したことなど全て赤裸々に綴り、次の挑戦者の方へ上手くバトンを繋げれれば幸いです!

【著者プロフィール】
180株式会社(ワンエイティー)代表取締役 上仲 昌吾

Twitter @ShogoUenakaでも発信しております。

画像1



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🌞上仲 昌吾🌞|180 𝙄𝙣𝙘.|ソーシャルビジネスで180°価値観を転換する

アメリカ・カリフォルニア州・サンディエゴで4年間過ごし、あらゆる価値観に触れてきました。現在ソーシャルビジネス事業化に向け構想中です。ソーシャルグッド、サーキュラーエコノミー、ベネフィットコーポレーションを実践されている方、是非とも意見交換をさせていただければ幸いです。

嬉しいです! ありがとうございます!
5
180(ワンエイティー)代表、ソーシャルビジネスで180°価値観を転換する|22歳で単身SAN DIEGOへ渡米。アメリカで様々なバックグラウンドを持ちつつも起業に挑戦している人たち感銘し、帰国の際に起業を決意。ソーシャルビジネス、Bコーポレーションをキーワードに再出発中。