見出し画像

シリコンバレーへオンライン留学!_Draper University of Heroes【DAY10】

アメリカシリコンバレー、サン・マテオにあるDraper Universityへ2週間オンライン短期留学した経験、失敗、学びを全て赤裸々に綴っています。

アメリカ・フロリダからメッセージが届く

つい先日のこと、同じクラスの起業家の方からダイレクトメッセージが届きました。話しを聞いているとアメリカ・フロリダ出身の方で、既に7つもの事業を展開していると...!(凄い)

画像7

社会課題解決ショッピングマーケットプレースが気に入った、もし助けが必要なら一緒に取り組もう、と。

アイデアを形にするにはまだ程遠い段階ですが、授業で積極的に発言、プレゼンを行っていると何かしら起こります。もっとアウトプットを強化しようと改めて感じました☺︎

Investor Pitch Deck

Fundamentals of Entrepreneurship Programでは、机上の空論だけで終わらず、最終日にVC(Draper Associates)の前でピッチを行うことができます。

アイデアが実現可能と判断されれば、*投資も実際に行われます。

画像2

Seed-stageに特化したベンチャー投資を行うVC
Draper Associates, founded in 1985, is a seed-stage venture capital firm that helps entrepreneurs to drive their businesses to greatness.

今回は最終日のピッチデックに向けた講義。講師はDraper UniversityのCEOでもあり、ベンチャー投資を担当するAsraさん。

画像3

ベンチャーキャピタルとの付き合いは、結婚のように大切なイベントです。特に機関投資家の場合、回収期限が決まっており短期間での成果が求められるため、起業家に対しても同じく短期間の成果を求められます。

投資家の方達は、どの分野に投資するかといった独自のThesis(定説)を決めています。自分のアイデアはどの分野に属するかを予め整理して、相性の良い投資家へピンポイントでアプローチするのがベストとのこと。

画像4

アメリカにおける投資家と起業家とのマッチングサービスには、以下のサービスが主流で使われています。過去の投資実績からどのくらいの頻度で投資を行っているかも、投資を受ける上で大切な判断材料になるとのことです。

アメリカ国内におけるVCマッチングプラットフォーム
・crunchbase(クランチベース)
Angelist(エンジェリスト)
LinkedIn(リンクトイン)
leadIQ(リードアイキュー)

また多くの投資家達はTwitterを通じて情報発信、起業家と直接やりとりを行っているので、気になるVCがいればフォローしておくと有益な情報がキャッチできるので◎かもしれません。

Ryan Hoover
Founder of ProductHunt, WeekendFund investor

Cold E-mail

投資家とのファーストタッチは、Refferel(紹介)かCold Email(メールでのアプローチ)が一般的です。有名な投資家の方達ともなれば、日々数百件ものCold E-mailが届くので開封される確率は極めて低い。

Y CombinatorのMichael Seibelさんは、 Cold E-Mailでは次の3つをシンプルに述べるべきとアドバイスしています。

1. Clearly explain what you do
簡潔に取り組んでいることを述べる
2. Sell on why they should be excited
なぜそのサービス、アイデアが素晴らしいのか
3. Ask for what you want
何が欲しいのか

 Michael Seibel
Y Combinator

メッセージ内容は、極めてシンプルに。
Cold e-mailの参考として、スマートフォンでメールを開封した際、スクロールダウンしない程度の文字数が◎とのこと。

画像5

投資家が起業家に求めていること

投資家が起業家に求める判断材料は多岐に渡ります。アイデア、マーケットサイズ、ファウンダーのキャリア等々。

Founder quality. Do the founders have relevant, outstanding skills & how do they think/learn?
• Large market size & big vision. $Billions!
• Product insight. A differentiated understanding &
approach to the market
• Traction to date. What has been figured out with very little resources
• Founder storytelling ability. This will impact future recruiting, sales, marketing, fundraising
• Reasonable financing expectations

ですが、最終的に最も大事になるのは、起業家自身が当事者意識を持ち、取り組む事業にビジョンを見出せるかとだと思います。

自身も事業に取り組んでは失敗を繰り返した苦い経験があるため、自身の強みは時間をかけて磨きをかけ、アップデートしていきたいと常々考えているところです。

画像6

To be continue! 続きます!

学んだこと、失敗したことなど全て赤裸々に綴り、次の挑戦者の方へ上手くバトンを繋げれれば幸いです!

【著者プロフィール】
180株式会社(ワンエイティー)代表取締役 上仲 昌吾
Twitter「@ShogoUenaka」でも発信しております。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🌞上仲 昌吾🌞|180 𝙄𝙣𝙘.|ソーシャルビジネスで180°価値観を転換する

アメリカ・カリフォルニア州・サンディエゴで4年間過ごし、あらゆる価値観に触れてきました。現在ソーシャルビジネス事業化に向け構想中です。ソーシャルグッド、サーキュラーエコノミー、ベネフィットコーポレーションを実践されている方、是非とも意見交換をさせていただければ幸いです。

嬉しいです! ありがとうございます!
6
180(ワンエイティー)代表、ソーシャルビジネスで180°価値観を転換する|22歳で単身SAN DIEGOへ渡米。アメリカで様々なバックグラウンドを持ちつつも起業に挑戦している人たち感銘し、帰国の際に起業を決意。ソーシャルビジネス、Bコーポレーションをキーワードに再出発中。