Kamon Inn Staff ~徒然新聞 Vol.8~
見出し画像

Kamon Inn Staff ~徒然新聞 Vol.8~

宿泊業にとって商品とは?

コーヒー事業部京都焙煎屋の焙煎修行中、マキです。

11月のKamon Inn 徒然新聞の記事を書きましたので、ご覧いただけたら嬉しいです♬

私は元々”Kamon Inn 宇治”も担当していて、
今は京都焙煎屋と宇治を掛け持ちしながら仕事しています。

今日は旅館業の商品とは?について、自分がこれまで経験した事を踏まえて少しお話したいと思います。

約二年半前、今のKamon Inn 宇治を担当する事になり、右も左も分からない業種でどうやって集客するのか?
そもそも宿泊業の商品って?から考え始め、

販売や接客経験はあるものの、不動産と言う動かせない商品にお金を払って貰うってどうすれば良いのか、ずっと迷っていました。

そして、

最終的に宿泊料を上げるにはどうすれば良いのか?
宿のサービスって?

を色々考えた時、
辿り着くのはやっぱり宿の清掃
当たり前なのだけれど、部屋を綺麗にピカピカにしておくが原点になっていて、ここさえ、きちんと手を抜かずやっておけば、どんな風にもアレンジでき、逆に言えば、基本のキが出来ていなければ何も出来ないよね。
の結論に至りました^^


Kamon Inn宇治には美味しいお料理や温泉があるわけでもなく、
ただお泊まり頂くだけの宿(素泊まり宿)なので
いかに快適に気持ち良く過ごして頂くのか、を自分なりに工夫して来ました。

今となれば、もう当たり前すぎる事なのですが、
当たり前の事が1番大事だと思う今日この頃です。

今回は宿のお話になりましたが、
次回は京都焙煎屋に焙煎機が来るかも!!
のお話が出来ればなと思っています^^


🔻Kamon Inn 公式HPはこちら(お知らせ/予約)

スクリーンショット 2021-02-19 19.03.13

スクリーンショット 2021-02-19 19.03.27


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
iroha Magazine

サポートも嬉しいです、サポートしたいと思ってもらえたらシェアしていただけるともっと嬉しいです;)

今日のカラーは、紺色!
「ひとの初歩を応援するプラットフォームになる。」をミッションに、場の提供を通じて、共創による価値創造を目指す株式会社いろはのマガジンです。私たちの取り組みやお役立ち情報、日々の変化などを、体温が感じられる文章でお届けします。https://iroha-house.com/