見出し画像

法務の技法 #31

今日のキーワード:
【5段階のなぜ】
ビジネスの本質にたどり着くために、
5回「なぜ」を問いかけると良い、
と言われることがある。
原因分析を行う場合や、
再発防止策を考える場合、
なぜこうなったのか、
なぜ有効と考えるのか、
を5回問いかけると良い。

【解説】
当然、同じような質問を5回するのではありません。
深度が増す質問の回数です。

ただ、いきなり質問攻めされると、
相手はたまったものではありません。
何を狙っているのか、
文句が言いたいのか、
と疑ってしまいます。
突っ込んだ質問で何をしたいのか、
相手に納得してもらって取り組みましょう。

※ 法務の観点から、ビジネスのヒントをお話しします。
「法務の技法」「国際法務の技法」「法務の技法 OJT編」の中から、
毎回、1つのトピックの「超要約版」をご紹介します。
本日は、「法務の技法」1-16の超要約版です。


この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければ、シェアもお願いします!
15
東洋経済「依頼したい弁護士」25人。司法試験考査委員(労働法)。弁護士法人キャストグローバルのパートナー。日米の弁護士、証券アナリスト。約20年の社内弁護士(日米欧企業)経験。内部統制と労働紛争。 ご相談は、ashihara@cast-law.comまで。

こちらでもピックアップされています

法務の技法
法務の技法
  • 84本

法務の技法(第2版)の内容を、ビジネス向けに超要約版に仕立て直しました。 週末に、原稿をあげる予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。