0才からの足育セミナー《身体の為の靴選び》
見出し画像

0才からの足育セミナー《身体の為の靴選び》

当ページを見て頂きありがとうございます!
少なくてもこのページにたどり着いた方は、お子さんの為に

「ベビー・ファーストシューズはどんな靴を選べばいいか」
「おすすめの子供靴はないか」
「ネットでどんな靴を購入しようか」

と、悩んでいる方だと思います。

どの靴も、作り手が色々な思いを込めて作っている大事な靴です。
どの靴も、おすすめ出来る大事な靴だと思っています。

ただ、ここでは身体の機能や発育を考えた上でおすすめできる
靴を紹介しています。
また、具体的におすすめするブランドも紹介しています。


この記事を読むことで
【ブランドで選ぶのではなく靴を見て身体に良い靴を選べるように】
【お子さんの足のサイズを測らなくても中敷きを見るだけでピッタリのサイズを選べるように】
【ファーストシューズは何を基準に選べばいいかがわかるように】

なります。


文章だけでなく写真や動画を使い、できるだけ分かりやすくお伝えできるように心がけました。
有料記事は皆さんに分かりやすく伝えられるようにどんどんアップグレード予定です。更新する毎にお知らせが届くようになっています。
どんな写真や動画を使っているか一部を公開していますので、是非ご覧ください。また、足の基礎知識の部分までは無料公開しています。

また、【足育セミナー】は当院が東京都調布市・府中市のカフェやイベントスペースで実際に年に数回行っているセミナーです。
「遠方で行けないけど内容が気になる」
「当日予定が合わずに参加できない」
などのお声があり、今回noteでセミナーの内容を再現できるように書きました。

実際のセミナーは少しでも地域貢献できるように、参加費無料で行っています。こちらのnoteの記事は有料です。
今後のセミナー活動費として充てさせていただきます


少しでも当院やセミナーの内容に興味がございましたら、
ご協力のほどお願い致します。


皆様のお身体が少しでも健康でいられますように、お役に立てれば幸いです。


どのような人が記事を書いているか興味がある方はこちらをご覧ください。
私の自己紹介です。

その他、インスタ(院内の様子)、Twitter(当院SNSの更新情報)やってます。リンクツリーで当院のすべてのSNSに飛べるようになっています。



さて、本題です・・・
当院には身体の痛みや不具合で来院される方が多くいらっしゃいます。
そのほとんどの方が靴選び・フィッティングが合っていません。

人の身体は常に重力という力を受けて生活しています。
この時に人のからだと地面との間に挟まれている物(靴・椅子・寝具)に
安定性がないと身体に余計な負担がかかってしまいます。

今回は靴からみた足の発育に対するアプローチについてですが……
私は、足の発育に対して裸足で過ごすことが一番良いと考えています。
それはそもそも人間の身体は靴など履き物を履く想定で進化したものではないからです。
だからこそ靴の機能、そしてフィッティングが上手く行えていなければ身体への負担が大きくなってしまいます。

靴の機能を充分に発揮させるには
靴そのものの機能が充実していること
靴と足のフィッティングが上手く行えていること
の二つが大事だと考えています。

画像1

ー子供の足の基礎知識ー


ここでは簡単に足の構造・成長について触れたいと思いますが
書籍・ネットで調べて頂ければ私より詳しく書いてあるサイトは
山ほどあると思いますので、
より詳しく知りたい!興味がある方はそちらを調べてみてください。
今回の内容に必要なことだけを書いていきます。

赤ちゃんの足は約70%が軟骨であると言われており、
足全体が柔らかくできています。
4歳頃から硬い骨ができ、17歳~18歳までに完全な骨へと成長していきます。

画像2


3歳までは3カ月で約0.5cm伸び、
18歳ごろまでは半年で約0.5cm伸びると言われています。

(ここで0.5cm基準で考えているのは靴のサイズが0.5cm刻みで販売しているものが大半を占めているため、3歳までは3カ月・18歳までは半年で靴の買い替えを考えてもらいたいためです。)
(また身長と足長は比例するため、成長期で急に背が伸びた場合も買い替えをお忘れなく)


ポイント!
\・赤ちゃん・子供の足は骨が出来上がっていないため柔らかい/
\・3歳までは3カ月で0.5cm・18歳頃までは半年で0.5cm/


その為、履き物のサイズが合っていない・機能面が良くない
(スリッポン・長靴)物を長期間履き続けると
子供でも足部の変形は起こりやすくなります。
こちらは当院に来院された小学校5年生の女の子の写真です。

画像3


画像4


膝の成長痛(オスグット)と整形外科で診断されましたが、なかなか治らないとのことで来院されました。練習をする際にバレエシューズを履くことが膝に影響していると考えられました。膝の痛みでの来院でしたが、足の変形もあったので写真を撮らせてもらいました、その時の足の写真がこちら。母趾球付近の骨が出っぱっているのが分かると思いますが、子供でも骨の変形は起こりえます。


この続きをみるには

この続き: 4,467文字 / 画像20枚

0才からの足育セミナー《身体の為の靴選び》

むさしの接骨院【靴と歩行から診る動作分析】

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
◎《急性・慢性的な身体の痛み》《スポーツパフォーマンスアップ》など幅広い悩みを動作分析の視点から施術 ◎シューセレクター・柔道整復師 ◎noteでは『靴の機能面』のお役立ち情報を更新予定 ◎興味がある方は詳細プロフィールをご覧下さい