見出し画像

「悩まない」プロ


「◯◯さんって、悩みなさそうでいいよね。」


この言葉に漫画のような吹き出しを付けるとしたら、よくある楕円形をベースに、所々鋭利なトゲトゲが生えている厄介な形をしている気がする。

尤もらしく「いいよね」なんて褒めているようで、隠しきれない悪意がこれでもかと溢れ出ている。そんな気がしてならない。


このストレート過ぎる皮肉を耳にする度、私は思わずウッ…と身構えてしまう。


とは言え、私自身はこの言葉を直接言われたことは一度もない。


自分以外の誰かが言われているのを傍観している若しくは、該当者が不在時に話題になり同意を求められる場合が殆どだ。



先日、職場にて、久々に遭遇する場面があった。


スタッフの◯◯さんが、悩みがなさそうで、幸せそうでいいね、と言われていた。

◯◯さんは、穏やかでのんびりとした雰囲気の、朗らかな笑顔の人だ。


言われた時も、腹を立てた様子はなく、

「そうそう。あんまり悩まないんだよね。やなことあっても、美味しいごはん食べてあったかいお風呂入ってぐっすり眠って、次の日起きて朝日を浴びたらもう平気になっちゃう。」


とニコニコしていた。


私は、以前よりもっと◯◯さんが好きになってしまった。


自慢ではないが、私は何かにつけて悩んでしまう。(本当に自慢にならない)


些細なことが気になると、思考が一時停止。そのまま深刻に考え込んでしまい、長々と引きずり、忘れることができない。


悩みなんてヤツは、考えれば考えるほど、いくらでも出てきてしまう。掘り下げても掘り下げてもキリがない。


それなのに私ときたら、放っておいたらいつまででも悩めてしまう。決して悩むのが趣味ではないのに、どうしても私の脳はクヨクヨと悩むのが好きらしい。



しかし数年程前、自律神経を崩してヒーヒー言っていた時期から始めてみたのは「とりあえず1分間だけ悩んでみて、それでも答えが出ない事柄は考えない。」という方法だ。


それでもヤツはふとした瞬間に私の脳内に再訪しては、短い人生の貴重な1分間を奪っていく。


私も含め、悩みというヤツをついつい歓迎してしまう人は多いと思う。


本当は悩みたくなんてないのに。
クヨクヨ悩むことなく、楽しいことを考えていたいのに。
それでも気が付くと、ついアレコレ悩んでしまう。



だから、悩みがなさそうな、幸せそうな、◯◯さんのような人が羨ましいのだ。
それでつい、楕円の吹き出しにトゲが生えてしまうんじゃないかと思う。



けれど、◯◯さんは「悩みがない人」ではないと思うのだ。


◯◯さんは、「悩まない人」。

「悩みがあっても、ダラダラと頓着したりせず、悩まないよう努力している人」だと、私は思う。

そして、悩まないのが上手いからといって、何を言われても傷付かない訳ではないと思う。

「悩みなさそうでいいね」なんて皮肉を言われても、全然へっちゃらなんてことはない。腹が立ったり、苛ついたり、何かしらモヤモヤするものを感じているかもしれない。

それでも、そのモヤモヤに囚われずに、上手に解放して、ニコニコしているのではないか、と私は勝手に想像するのだ。


「悩まない」ことの難しさを痛感している私にとっては、◯◯さんは「悩まない」プロだ。達人だ。師匠と呼びたいくらい尊敬している。

そんな師匠達が「悩みなさそうでいいね」と言われているのを見る度に、そうじゃないのになぁ…と何とも悲しい気持ちになってしまう。

いや私全然部外者なんデスケドネ。師匠達なんとも思ってないかもしれないんデスケドネ。笑



◯◯さんのように「悩みなさそうでいいよね」などと不名誉な扱いをされてしまっている「悩まない」プロの皆さま。

あなたのプロフェッショナルな達人技、いつもお見事です。

自分のモヤモヤを外側に持ち込まないで、ニコニコ穏やかに雰囲気を和らげてくれて、とても助かっています。

いつも本当にありがとうございます。


私もいつかあなたのような「悩まない」プロになれるように、今はまず1分間、丁寧に悩んでいきたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。いただいたサポートは、創作の糧にさせていただきます。

ありがとうございます!励みになります!
1
好きなもの(アニメ/西洋占星術/古典和歌/怪奇譚/ASMR)が多過ぎて生きるのが楽しい一介のオタク。飲食店で働きつつ漫画を描いています。現在、担当さんに付いてもらって連載目指し奮闘中。◾︎Pixiv(id=4786612)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。