たなかひかる/kenohi店主

大阪府吹田市生まれ。神戸大学卒業。六本木のITベンチャー企業への就職を機に上京。3年間働き、退職。現在社会人4年目の27歳男性。kenohiという小さな喫茶食堂を武蔵小山に2019年4月10日OPENしました。 右脳(感性)と左脳(合理性)どちらも大切にして生きていきたいです。
固定された記事

わたしがkenohiをはじめる理由

※Facebookとインスタグラムに投稿した内容と全く同内容になります。 【ご報告】 こんばんは、ひかるです。 久々の投稿です。今後の進路についてのご報告をさせてくださ...

いつか、カフェをはじめたい あなたへ

「自分のカフェをひらきたい」 「老後はカフェをやりたいな」 仕事柄、そんな話を聞くことが多いです。 僕は今、東京の武蔵小山で 小さな喫茶食堂kenohi を一人で営んで...

武蔵小山近辺のカフェの基本情報をまとめてみた

東京の武蔵小山、西小山あたりのカフェの定休日等をまとめてみました。 僕はkenohiという小さな喫茶食堂を営んでいる、ひかるです。 ※kenohiについてはこちら まとめた...

kenohiの「いま」と「これから」(2020年1月)

<小さな喫茶食堂kenohiの収支記録> kenohiの「いま」と「これから」シリーズでは、下記について書いています。 ・毎月(収支確定時期の関係で前月)の収支状況について ・...

ゆるやかな つながりを作りたい

kenohiのお客さんが好きです。 一人でも過ごせるけれども、機会があれば僕やほかのお客さんとお話したりして、また一人に戻る。そんな人が多い。 「今回の写真展すてきで...

仕事の報酬は仕事、その先に光は見えるか。

「僕は、いま、この先の光が見えない」 2018年10月、そう確信した僕は、、、会社を辞めることを決めた。 仕事に対する報酬は仕事だと思う。 今の仕事で結果を出すと、そ...