kenohi店主ひかる/一人時間に寄り添う喫茶食堂

吹田市生まれ。神戸大卒業。ITベンチャーへの就職を機に上京。3年間働き退職。92年生。…

kenohi店主ひかる/一人時間に寄り添う喫茶食堂

吹田市生まれ。神戸大卒業。ITベンチャーへの就職を機に上京。3年間働き退職。92年生。 「日常を整える空間と食事」を提供し、あなたの一人時間に寄り添う喫茶食堂kenohiを2019年4月OPEN。 私が自分のためにやることが、何かの奇跡で誰かのためになったとき、心がふるえます。

メンバーシップに加入する

一人時間に寄り添う喫茶食堂kenohi や店主の私を ・純粋に応援したい、支援したい ・もっと知りたい、聞きたい と思ってくださる方向けのメンバーシップです。 メンバー限定にて、週に一度エッセイを投稿しています。

  • お仲間プラン

    ¥555 / 月
    初月無料
  • サポートプラン

    ¥1,110 / 月
  • ご好意プラン

    ¥3,300 / 月

マガジン

  • メンバー特典エッセイ

    メンバーシップの方に公開している直近の日記、エッセイ集です。 毎週1本投稿しています。

  • 2020~2022年の日記集

    2020年4月。noteのサークル(現メンバーシップ)を始めました。 初めての緊急事態宣言が出て、とにかく店内飲食以外に売上を作る方法を増やさないと…。そう考えて始めた施策の一つでした。 当時は記事投稿機能がなくて、掲示板に毎日日記を書いていました。 それが遡りにくくて読みづらい(恐らく振り返って読んでくださっている方はいない)のと、 「また誰でも読めるものも投稿してほしい」という声に嬉しくなって、2020年の日記を投稿することに決めました。 コロナ下になったばかりで、焦燥した自分。 「周りの困っている人のために何かできないか」と、ちょっぴり恥ずかしいような使命感を抱いている自分も垣間見れます。

  • kenohi営業に関するお知らせ

ストア

  • 商品の画像

    4周年記念ZINE(kenohiブレンド ドリップバッグ1個付き)

    4周年記念に、お客さんからご応募いただいた作品を掲載したZINE。 総勢21名の方の作品...小説・エッセイ・短歌・写真・イラスト等々、全52ページ。 ドリップバッグを1つお付けします。ぜひお楽しみください。 ・味わい:コーヒーの甘みと苦みがしっかり感じられるブレンド。酸味が少なく、後味がすっきりとしていて、どなたでも飲みやすい味わいです。中深煎り。 ・店主ひかるからのコメント ご自宅の一人時間が少しでも豊かになりましたら嬉しいです。外出先やご自宅で、手軽に珈琲を楽しんでいただけますように。 ・お召し上がり方 <温かいコーヒー> 1.タイマー2分半開始。お湯を粉全体が湿るようにゆっくりと、少しだけ注ぐ 2.30秒待ち、蒸らします。 3.4回に分けて、およそ2分かけて150mlのコーヒーを抽出して完成です。 <冷たいコーヒー> 1.タイマー2分半開始。お湯を粉全体が湿るようにゆっくりと、少しだけ注ぐ 2.60秒待ち、蒸らします。 3.残りの1分半で3回に分けて100mlのコーヒーを抽出する 4.氷の入ったグラスに注いでよく混ぜる 5.追加で氷を入れて完成 簡易ですが、神経質にならずに、これくらいゆるりと淹れていただいたほうが日常に溶け込めると思います。詳しい方はもちろん、アレンジしてくださいね。 <kenohiブレンド ドリップバッグ> 名称:レギュラーコーヒー 原材料:コーヒー豆(生豆生産国:ブラジル・グアテマラ) 内容量:12g(約150ml抽出可) 保存方法:直射日光、高温多湿を避け常温で保存してください。 使用上の注意:開封後はなるべく早めにお召し上がりください。 製造者:kenohi 東京都目黒区目黒本町4-2-6 宝録堂ビル103
    2,000円
    kenohi
  • 商品の画像

    kenohiブレンド ドリップバッグ5個セット

    ・味わい:コーヒーの甘みと苦みがしっかり感じられるブレンド。酸味が少なく、後味がすっきりとしていて、どなたでも飲みやすい味わいです。中深煎り。 ・店主ひかるからのコメント ご自宅の一人時間が少しでも豊かになりましたら嬉しいです。外出先やご自宅で、手軽に珈琲を楽しんでいただけますように。 ・お召し上がり方 <温かいコーヒー> 1.タイマー2分半開始。お湯を粉全体が湿るようにゆっくりと、少しだけ注ぐ 2.30秒待ち、蒸らします。 3.4回に分けて、およそ2分かけて150mlのコーヒーを抽出して完成です。 <冷たいコーヒー> 1.タイマー2分半開始。お湯を粉全体が湿るようにゆっくりと、少しだけ注ぐ 2.60秒待ち、蒸らします。 3.残りの1分半で3回に分けて100mlのコーヒーを抽出する 4.氷の入ったグラスに注いでよく混ぜる 5.追加で氷を入れて完成 簡易ですが、神経質にならずに、これくらいゆるりと淹れていただいたほうが日常に溶け込めると思います。詳しい方はもちろん、アレンジしてくださいね。 名称:レギュラーコーヒー 原材料:コーヒー豆(生豆生産国:ブラジル・グアテマラ) 内容量:12g(約150ml抽出可)×5袋 保存方法:直射日光、高温多湿を避け常温で保存してください。 使用上の注意:開封後はなるべく早めにお召し上がりください。 製造者:kenohi 東京都目黒区目黒本町4-2-6 宝録堂ビル103
    1,500円
    kenohi
  • 商品の画像

    4周年記念ZINE(kenohiブレンド ドリップバッグ1個付き)

    4周年記念に、お客さんからご応募いただいた作品を掲載したZINE。 総勢21名の方の作品...小説・エッセイ・短歌・写真・イラスト等々、全52ページ。 ドリップバッグを1つお付けします。ぜひお楽しみください。 ・味わい:コーヒーの甘みと苦みがしっかり感じられるブレンド。酸味が少なく、後味がすっきりとしていて、どなたでも飲みやすい味わいです。中深煎り。 ・店主ひかるからのコメント ご自宅の一人時間が少しでも豊かになりましたら嬉しいです。外出先やご自宅で、手軽に珈琲を楽しんでいただけますように。 ・お召し上がり方 <温かいコーヒー> 1.タイマー2分半開始。お湯を粉全体が湿るようにゆっくりと、少しだけ注ぐ 2.30秒待ち、蒸らします。 3.4回に分けて、およそ2分かけて150mlのコーヒーを抽出して完成です。 <冷たいコーヒー> 1.タイマー2分半開始。お湯を粉全体が湿るようにゆっくりと、少しだけ注ぐ 2.60秒待ち、蒸らします。 3.残りの1分半で3回に分けて100mlのコーヒーを抽出する 4.氷の入ったグラスに注いでよく混ぜる 5.追加で氷を入れて完成 簡易ですが、神経質にならずに、これくらいゆるりと淹れていただいたほうが日常に溶け込めると思います。詳しい方はもちろん、アレンジしてくださいね。 <kenohiブレンド ドリップバッグ> 名称:レギュラーコーヒー 原材料:コーヒー豆(生豆生産国:ブラジル・グアテマラ) 内容量:12g(約150ml抽出可) 保存方法:直射日光、高温多湿を避け常温で保存してください。 使用上の注意:開封後はなるべく早めにお召し上がりください。 製造者:kenohi 東京都目黒区目黒本町4-2-6 宝録堂ビル103
    2,000円
    kenohi
  • 商品の画像

    kenohiブレンド ドリップバッグ5個セット

    ・味わい:コーヒーの甘みと苦みがしっかり感じられるブレンド。酸味が少なく、後味がすっきりとしていて、どなたでも飲みやすい味わいです。中深煎り。 ・店主ひかるからのコメント ご自宅の一人時間が少しでも豊かになりましたら嬉しいです。外出先やご自宅で、手軽に珈琲を楽しんでいただけますように。 ・お召し上がり方 <温かいコーヒー> 1.タイマー2分半開始。お湯を粉全体が湿るようにゆっくりと、少しだけ注ぐ 2.30秒待ち、蒸らします。 3.4回に分けて、およそ2分かけて150mlのコーヒーを抽出して完成です。 <冷たいコーヒー> 1.タイマー2分半開始。お湯を粉全体が湿るようにゆっくりと、少しだけ注ぐ 2.60秒待ち、蒸らします。 3.残りの1分半で3回に分けて100mlのコーヒーを抽出する 4.氷の入ったグラスに注いでよく混ぜる 5.追加で氷を入れて完成 簡易ですが、神経質にならずに、これくらいゆるりと淹れていただいたほうが日常に溶け込めると思います。詳しい方はもちろん、アレンジしてくださいね。 名称:レギュラーコーヒー 原材料:コーヒー豆(生豆生産国:ブラジル・グアテマラ) 内容量:12g(約150ml抽出可)×5袋 保存方法:直射日光、高温多湿を避け常温で保存してください。 使用上の注意:開封後はなるべく早めにお召し上がりください。 製造者:kenohi 東京都目黒区目黒本町4-2-6 宝録堂ビル103
    1,500円
    kenohi
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

いつか、カフェをはじめたい あなたへ

「自分のカフェをひらきたい」 「老後はカフェをやりたいな」 仕事柄、そんな話を聞くことが多いです。 私は2019年4月から、東京の武蔵小山にて 一人時間に寄り添う喫茶食堂kenohi を一人で営んでいる ひかるです。 ※席数やコンセプトは開店当初から少し変更されています。 私も、冒頭のような思いを数年間 胸に抱き、 今に至っています。 「カフェをはじめたい!」 そんなあなたに ぜひ考えてほしいこと、やってみてほしいことを書きます。 ※オーナーを目指している方ではな

    • 2/28:3月からどうなるか

      明日で2月も終わり、それとともに出前館のキャンペーンも終了する。 …

      • 2022年の日記集:布と人と。

        【3月16日】「ああ、スれてない頃のひかるね」 前職の先輩と連絡を取ったときのこと。 純粋無垢(それは言い過ぎで、結構計算高い)で、素直過ぎた新卒一年目。 そのころの自分のことを こう表現されたのだ。 スれた。精神が。 確かにそうだと思う。 でも、私はそれを否定的に捉えてはいない。 すり切れなかったし、修復した。 パッチワークみたいだな、と思う。 自分がボロボロなぶん、色んな人の考え方を吸収したり模倣したりして、色んな立場や環境を想像する(あくまで想像止まりであ

        • 2/21:どうしようもなくなる前に

          最近、なんだか相談を受けることが多い。 …

        • 固定された記事

        いつか、カフェをはじめたい あなたへ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • メンバー特典エッセイ
          kenohi店主ひかる/一人時間に寄り添う喫茶食堂
        • 2020~2022年の日記集
          kenohi店主ひかる/一人時間に寄り添う喫茶食堂
        • kenohi営業に関するお知らせ
          kenohi店主ひかる/一人時間に寄り添う喫茶食堂
        • kenohiの「いま」と「これから」
          kenohi店主ひかる/一人時間に寄り添う喫茶食堂
        • kenohiについて
          kenohi店主ひかる/一人時間に寄り添う喫茶食堂
        • 店主ひかるのこと
          kenohi店主ひかる/一人時間に寄り添う喫茶食堂

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 【もくじ】主な投稿一覧

        • 「ゆるい」自己紹介の場

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • はじめに<このサークルについて&ルール>

        • 小さな嬉しいこと、良かったことをお話する場

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【もくじ】主な投稿一覧

        • 「ゆるい」自己紹介の場

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • はじめに<このサークルについて&ルール>

        • 小さな嬉しいこと、良かったことをお話する場

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2022年の日記集:忘れてもいいように。

          【3月9日】2月末の帰省。 ヘアメイクリハーサル、レストランと当日メニューについての打ち合わせ、ドレス探し、お花屋さんとの打ち合わせ。 式場での式・披露宴ではなく、自分たちで場所を借り、フリーランスのプランナーさんとの二人三脚で手作りすることにした私たち夫婦はドタバタとしていた。 ゆっくりする暇もなく、朝から晩までバタバタとした1泊2日。それぞれ実家へ帰り、合間を縫って自分の小さい頃の写真探し。 「出しておくの忘れてた、取ってくる」 深夜、そう言った母がトランクルー

          2022年の日記集:忘れてもいいように。

          2/14:考えてもわからないなら

          先日、お店を臨時休業にして同窓会に行った。 …

          2022年の日記集:もし、自分みたいな子供がいたら

          【2月16日】流行りの感染病の影響によっては実施できるかわからない、結婚式が約2か月後に控えている。 家族のことが、よく頭に浮かんでくる。 ... 実家にいたころ、家族が苦手だった。 わざわざ罵倒したり、面と向かって何かを言ったりはしなかったけれど、冷めた目で見るように「分かり合えない人たち」というまなざしをもって、諦めていた。 ... 何をするにも「大丈夫なの?」と心配性な母。よく周りとも比較された。 干渉されないように、自立心が芽生えたとも言える。 父は単身

          2022年の日記集:もし、自分みたいな子供がいたら

          2/7:壊れども、壊れども。

          完全体、といえる状態からは ほど遠い。 …

          2022年の日記集:「続ける」のは正しいのか

          【2月6日】「必要なくなること」が最終地点だな、と思っている。 この資本主義時代に、馬鹿なことを言っていると自覚はしているのだけれど。 でも、"無理に"生き残ったり、続いていくことって本当に良いことなんだろうか? 極端な例だけれど、コンプレックスを刺激してまで購買意欲を促進するようなことが、あまり好きではない。いや、嫌悪していると断言したい。 そこまでいかなくとも「来てください」とはお店でもSNSでも言わないようにしている。来たい人が、来たい時にだけ来てくれたらいい。

          2022年の日記集:「続ける」のは正しいのか

          1/31:話してくれて、ありがとう。

          この言葉ほど、心強いものはないんじゃないか。 …

          2022年の日記集:このままじゃダメなんだ...?

          【2月2日】先週のお休みは、友人たちに会った。 彼らと話をすると、その仕事や趣味・価値観に刺激を受ける。 それ自体はとても良いことで、相対的に自分の考えが明確になる。 ただ、会いすぎることが怖くもなった。 思い返すと大学生の頃も、会社員の頃も、常に周りに誰かがいた。 積極的に会いに行ってすらいた。 そうして勝手に周りと比べて、自信を無くす。 それが常態化していたのかなあと、思う。 刺激中毒というか「凄い(と自分が思っている)人たち」といると、 努力をしていない自分

          2022年の日記集:このままじゃダメなんだ...?

          1/24:年末年始の振り返り(3)

          1月3日。朝起きて少しのんびりと準備をし、新幹線に乗る。 …

          2022年の日記集:なんでもない生活の中に

          【1月26日】毎週、このメンバーシップ上で何かを書こうとnoteを開くたびに「あかるい話はないものか」とまず考える。 どうせ読むなら、楽しかったことや嬉しかったこと、希望を感じられる何かが良いのでは。 そんな風に思うのだけれど、すぐには浮かんでこない。 それは簡単なことで、経験したことや感じたことしか書けないからだ。 あくまで日々のエッセイなわけで、フィクションではないから。 ... 文章、絵、写真、ビデオ、お店。 どれも表現手段の一つとも言える。 表現の内容

          2022年の日記集:なんでもない生活の中に

          1/17:年末年始の振り返り(2)

          大晦日。 昼頃、妻の実家兼おばあちゃんの家に向かう。 …

          2022年の日記集:免罪符の悪用

          【1月12日】例えば、部活の試合中。 自分がミスをしたとき、誰かがミスをしたとき。 「誰かなんとかしてくれ…」 自分が、なんとかするといった気持ちは欠片もなかったように思う。 早く私をベンチに戻してくれ。上手な人を出してくれ。 私を罵って、叱ってくれ。 「ああ、よかった」 それで事態はどうなろうとも。 ... 「ひかるは、がんばってるよ」 レギュラーメンバーからのそんな言葉を、免罪符にしていたように思う。 声出し、朝練、掃除、レギュラーのサポート。 出来る

          1/10:年末年始の振り返り(1)

          久しぶりに、のんびりとした年末年始だった。 …