見出し画像

【Trading Viewインジケーター】異なる時間足のMACDを同時に表示!マルチタイムフレームMACD

kazuma

この記事ではTrading Viewの独自プログラミング言語「Pineスクリプト」を使って作成したオリジナルのインジケーター「マルチタイムフレームMACD」についてご紹介します。

異なる時間足のMACDを最大3つまで表示できる

画像1

マルチタイムフレームとは?
異なる時間足を同時に見ること、分析することを指します。
マルチタイムフレームも目的は取引する時間足よりも上位の時間足を見ることで、今の価格が大きな流れのどの位置にいるのかを把握することです。
つまり、投資の基本である「大きな流れに乗る」を実行しやすくなります。 また、反対に下位時間足を把握することでエントリーのタイミングをつかむことができます。

ご紹介するインジケーターは異なる時間足のMACDを同じ画面に最大3つ表示させることが可能な「マルチタイムフレームMACD」です。

通常、1時間足のチャートを開いている場合、1時間足のMACDしか表示されません。

しかし、マルチタイムフレームMACDは1時間足のチャートを開いた状態で「1時間足」「4時間足」「日足」のように別の時間足のMACDを同じチャートに表示することができます。

つまり、1時間足のチャートを見ながら上位の時間足のMACDが確認できるので、上位足のシグナルに逆らわずに大きな波に乗って取引ができます。


表示・非表示もボタン一つ

画像2

3つのMACDはそれぞれ表示・非表示に変更することができます。

例えば「一時的に1つだけ表示させたい」「MACDを2つだけで比較したい」といったときにボタン一つで変更可能です。

変更方法は、インジケーターの設定ボタンをクリックすると設定画面が開きます。パラメーター上部の「ON/OFF」のチェックボックスで変更します。

デフォルトはすべて表示になっています。


それぞれの時間足も変更できる

時間足

インジケーターの設定画面からMACDに使用する時間足を変更することができます。

時間足は以下から選択できます。

1分/3分/5分/15分/30分/45分/1時間/2時間/3時間/4時間/1日 /1週間/1カ月/表示チャートと同じ


デフォルトは「4時間」「1日」「1週間」の設定です。


MACDのパラメーターも変更可能

パラメーター

MACDの計算方法は?
MACDは「MACD線」「シグナル線」の2つのラインから構成されます。
MACD = 短期の指数移動平均線 ー 長期の指数移動平均線
シグナル = MACDの指数移動平均線
また、インジケーターの種類によってはヒストグラム(MACD-シグナル)を表示する場合もあります。

インジケーターの設定画面からMACDのパラメーターも変更することができます。

デフォルト値は短期の指数移動平均の期間(Fast)が「12」、長期の指数移動平均の期間(Slow)が「26」、MACDの指数移動平均の期間(Signal)が「9」です。

マルチタイムフレームMACDはこんな人にオススメ


・MACDを使ったトレードの精度を高めたい人

・一つのチャート画面で複数のMACDを確認したい人

・マルチタイムフレームのPineスクリプト構造を知りたい人


購入前の注意事項・免責事項

・本インジケーターの利用に伴い、いかなる損失や損害などの被害が発生したとしても責任を負いかねます。投資、投機はいかなる場合においても自己責任です。

・本インジケーターの販売や二次配布等でのご使用は禁止いたします。

・本noteの販売価格の変更や配布の廃止は予告なく行うことがございますので、ご了承ください。

・有料内容にはPineスクリプトのプログラムを公開しています。インジケーターを導入するにはPCでの操作が必要となります。

マルチタイムフレームMACDの導入方法

この続きをみるには

この続き: 1,929文字 / 画像3枚

記事を購入

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!