マガジンのカバー画像

お役立ちコラム

5
在宅医療・介護の経営に関するお役立ち情報をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

訪問看護ステーションの目指すべき規模感とは? 大規模ステーションへと成長した背景や大規模ならではの強み、経営上のノウハウまで

今回は静岡県を中心に展開する社会福祉法人 聖隷福祉事業団の訪問看護ステーション細江の所長兼静岡エリア訪問サービス統括所長の尾田様(以下敬称略)にインタビューさせていただきました。 聖隷訪問看護ステーションさんは、聖隷福祉事業団の訪問看護ステーション事業として1993年にわずか4名の職員さんで始まりました。利用者さんの要望に誠実に正確に応え続けることで、現在では全国18事業所、約270名の職員さんで構成される一大事業に成長しています。29年かけてどのように成長を遂げたのか、その

複数の居宅サービスを提供する理由とは? 他職種連携により信頼を勝ち取る経営術

今回は千葉県で5つの居宅サービス(訪問看護ステーション、ヘルパーステーション、居宅介護、デイサービス、福祉用具)を展開し、その上で不動産事業まで幅広いサービス提供を行っている「トータルケアステーション和気あいあい」の本部長吉田様(以下敬称略)にインタビューさせていただきました。 複数の居宅サービスをトータルで提供しているからこそのメリットや、利用者様に対する想いをお聞きしました。 私たち株式会社ゼストは、在宅医療のスケジュール調整を自動化するクラウドサービスを展開しています

訪問看護におけるSNSの有効な活用方法とは? SNSが今後の訪問看護に絶対に必要な理由

今回は千葉県の訪問看護ステーション「さくら咲くGroup」の代表である天野様(以下敬称略)へのインタビュー第2弾です。 さくら咲くGroupさんには前回、訪問看護ステーションの経営に関するお話をお聞きいたしました。約2年半で3拠点へ、訪問時間は約1年半で3倍へと急拡大しており、その経営方針は大変学びの多いお話しでした。 そんなさくら咲くGroupさんですが、実はSNS活用にも大変力を入れていらっしゃるとのこと。現在のSNSの運用の目的や背景、今後の訪問看護におけるSNSの在り

看護師が働きやすい環境とは? ステーションの雰囲気づくり、コミュニケーション活性化のコツ

今回は東京都足立区の訪問看護ステーション「ケアプロ訪問看護ステーション東京(足立ステーション)」の所長である高田様と副所長の髙橋様(以下敬称略)にインタビューをさせていただきました。 ケアプロさんでは若いスタッフの方が多く、とてもいきいきと働いている印象のステーション様です。また少しお話を聞くだけでも、とても利用者想いのステーション様だということが良く分かりました。実際に、現在では利用者さんの数も300人以上と急成長をされている中で、本日はステーション運営において大事にしてい

訪問看護ステーションの急拡大の秘訣とは? 医師/ケアマネ/利用者に選ばれるステーションになる為の考え方

今回は千葉県の訪問看護ステーション「さくら咲くGroup」の代表である天野様(以下敬称略)にインタビューさせていただきました。 さくら咲くGroupさんは開業から約2年半で3拠点へと拡大、訪問時間は直近の約1年半で3倍へと急拡大しているステーションさんです。また、SNS活用など新たな仕掛けもどんどん取り入れています。そんなさくら咲くGroupさんが、どのような経営方針で運営をなさっているのかお聞きしました。 2年半で3拠点、1年半で訪問時間3倍へ。 ゼスト まず、さくら咲く